teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3/172 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ぽぽの界面活性剤

 投稿者:mai  投稿日:2015年 8月 1日(土)21時15分40秒
  通報 返信・引用
  こんにちは。
『ぽぽ』の配合成分は、前と変わったのでしょうか?

それとも、元々入っていて全成分表示に変わったのでしょうか?

購入してから、肌の負担が大きいラウリン酸(界面活性剤)が
入っていることに気付き、使うのが不安です。


【現在】
カリ含有石鹸素地、水、ミリスチン酸、ラウリン酸、イタドリエキス、黒砂糖、グルコン酸Na、パーム脂肪酸、塩化Na、グリセリン

【以前】
カリ含有石鹸素地、水、パーム脂肪酸、パーム核脂肪酸、グリセリン、塩化ナトリウム、イタドリエキス、黒砂糖


ご回答、どうぞよろしくお願いいたします。
 
    (管理人) 以前の成分表示というものは何でしょうか?
ぽぽは製造以来、成分は変更していません。
また、界面活性剤に対しても誤解があるようです。
本来、混ざり合わない油と水を混ぜ合わせ、汚れを落とす働きのあるものを界面活性剤というのですが、石鹸自身も、界面活性剤の一種です。
一般的には、皮膚障害があるといわれるものは、微量の天然成分を核として化学合成した合成界面活性剤です。
例えば、表示的には、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリルスルホン酸ナトリウムのように、「~スルホン酸」「~硫酸」「Na(水酸化ナトリウム)」「~アンモニウム」などの名称があった場合は、石油系合成界面活性剤と考えて良いと思います。
元来、ラウリン酸は、微生物学者達が新生児を細菌感染から保護する抗菌物質を求めて母乳の研究をした際に発見されたもので、母乳の成分の一つです。ラウリン酸は、優れた抗菌作用と抗炎症作用を持ち、お肌を健康な状態に保ち、ニキビやアトピーなどの炎症トラブルから肌を守ってくれ、更に、肌のバリア機能を保持・強化してくれると言う効果も期待できます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/172 《前のページ | 次のページ》
/172