teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


おしまい

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 7月 1日(金)22時36分47秒
  この掲示板を見る人もなく、機能は終わったようです。
以降はこちらをご覧ください。

「エコたん2nd お米自給し隊」
http://9314.teacup.com/okome/bbs

エコたんと同様に水田で生きものが育ち、生きものが稲を育てる環境で、普段食べるお米を作るステップアップ講座です。
冬は裏作で小麦も作ろうと考えています。
 
 

田植え体験者募集!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 6月 2日(木)22時50分24秒
  第2圃場(刈谷)で田植え体験を募集します。
こちらはヨシ原を開墾して不耕起農法で稲作していましたが、地面が凸凹なので今年は代かきしました(写真)。
そのため、不耕起農法の田んぼのように普通の長靴では沈んでしまうかも、です。
6/18の9:00~16:00に自給隊が作業しています。
参加希望者は連絡してくださいね!
 

5/7 種まき

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 5月18日(水)13時31分39秒
  自給し隊の種まきを終えました。
6/18に田植えの予定で、体験者募集します。
今年は田んぼを均す目的で、代かきをしたのでエコ田んぼのように長靴では作業しにくいかも。
希望者は連絡くださいね!
 

5/5 子どもたちはその後……

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 5月 6日(金)22時05分13秒
  ガタレンジャーJr.に参加している子どもたちには会う機会があります。
藤前干潟の「生きものまつり」ではスタッフとして、ヨシ編み講座やメダカ講座をしていました。
彼らは大人以上の働きですよ。
「こうやって、ヨシを糸で交互に織っていくとヨシズができます……」(ヨシ編み講座 ダイチ)
「メダカは水田や水路に暮らす淡水魚で……」(めだか講座 ユータ&タスク)

他のみんなはどうしているかなぁ?
ダイチママは名古屋市緑区の小学校で英語のアシスタントティーチャーをするそうだから、
小学生のメンバーと学校で会えるかもしれませんよ!
 

チリモンは抽選に!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 5月 3日(火)18時26分34秒
  アサヒビールのチリモン探しは、募集は4月26日をもって終了しました。
予告通り、応募者多数のため抽選となってしまいました。
当選者には5/6頃、メールで連絡してくれるそうです。
さて、田んぼの学校のみんなに何人会えるかな?
http://www.asahibeer.co.jp/factory/brewery/nagoya/jako/index.html

抽選で漏れた人には、豊田市eco-Tでも夏休みに同様のプログラムをしますので、
そちらにご参加ください(会場は「豊田市自然観察の森」の予定)。
応募はホームページを注意して見ていてください。
http://www.eco-toyota.com/
 

チリモン探し

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 4月18日(月)20時24分20秒
  修了式の時に案内した講座を、4月19日よりアサヒビールHPにて参加者を募集することになりました。
関心のある方は、親子でお申込みください。

また、5/22午後に名古屋市港区のビオトープ水田でも「田植え体験」を募集するかもしれません。
案内できるようでしたら、連休明けにまた掲載しますね。
 

4/13 届けてきましたよ! 

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 4月14日(木)09時12分51秒
  心配してくださったみなさま、物資を届けて無事に帰宅しました。
公共交通機関で持てるだけ持っていくつもりだったのですが、持てないほど集まり車で行ってきました。
4/11に学用品物資の拠点となる東北大学に、ランドセル20個、文具、手提げ袋、体操着など大型ダンボールにして7箱相当を届けました。
翌日に東北大学から気仙沼に行く便が出るということで、かなり速いスピードで現地の子どもたちに行き渡りそうです。
私の帰宅より早いかもしれません。
NPOならではですね。
 

東北の子どもたちに支援物資を!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 4月 7日(木)00時34分39秒
  新入学の5人は、今日あたり入学式だったのかな?
これから楽しい小学校生活を送ってください。
エコたんでみんな友だちになったみたいに、新しい友だちを増やしてね!

被災地のひとつ宮城県では、今月末頃から新学期を迎えられそうなんだって。
でも、文房具などが不足しているそうです。
そこで、4/11に届けにいってきます。
みなさんの家ですぐに使わないもの、余っているものなどあったら、送ってみませんか?
私が仙台まで届けてきますよ! 連絡ください。

東北大学→教育委員会→学校と届ける仕組みができました。
【支援を希望する代表的な物品】
(基本的に児童・生徒さんが学校で活動するのに必要な品物全部が含まれます)
*文房具(鉛筆,定規,消しゴム,筆入れ,下敷き,ノート,絵の具,クレヨン等)
*楽器(ピアニカ,リコーダ等)
*体操着関係(体操着,帽子,靴等)
*習字セット
*ランドセル,手提げ袋
*歯ブラシ,コップ,弁当箱,箸箱,スプーン,フォーク等
*傘,長靴
 

朝ご飯、ちゃんと食べてる?

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 4月 2日(土)07時13分55秒
  刈谷市が平成22年度の食育推進計画をまとめた。
朝食を抜く人の割合は、小学5年生で3.5%。
中学2年生になると7.3%に。
20歳代男性ではさらに30.9%にもなる。
ヒョエ~! この数字どう思います?
食べるより寝ていたいのかな。
ちなみに、くいしんぼの私の場合、ほぼ0%だ。
学生時代でも遅刻より朝食を選んだものだが……(ほめられないか!?)。
さて、あなたの街では? 家庭では?
 

エコたんは次のステップへ!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 4月 2日(土)07時06分5秒
  田んぼの学校を始めた当初、愛知県では珍しかった「田んぼの学校」。
今では「なごや環境大学」だけでも、いくつもの田んぼプログラムができた。
エコたん修了生が始めてくれた田んぼの学校もある。
そこで、当初の目的は達成できたという気持ちだ。
エコたんとしては次のステップに進むことにした。
プログラムで食べるだけでなく、「実生活でも安全安心で生きものと協働で作ったお米を食べる」プログラムだ。
田んぼの面積は倍増するが、自給したい少人数メンバーでどっぷりと田んぼに浸かることにした。

それは「耕さない田んぼの学校 エコたん2nd お米自給し隊」だ。
実は、今年で既に3年目になり、ヨシ原になった休耕田を開墾して米作りを始めたものだ。
http://9314.teacup.com/okome/bbs

毎月2回もの活動は無理!という方もいることだろう。
田植えや稲刈りなど、楽しい部分だけの参加でも受け付けることを考えている。
 

3/26 争奪戦

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)23時28分1秒
  子どもも大人も真剣な顔。
実は、ちょっと余ってしまった食材や料理の配分をじゃんけんで決めたのです。
食べ物をムダにしちゃいけない。
もっと伝えたいことがあったけれど、これにて閉会。
 

3/26 かくし芸

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)23時13分58秒
  最後にナナちゃんとユイカちゃんがあやとりを使った手品を見せてくれました。
ナナちゃんがユイカちゃんの手にあやとりのひもを巻きつけ、あやとりをしながら更に巻きつけます。
「あ~、絡まっちゃった」と思ったら、スポッとひもが抜けました。
みんな、あっけにとられてしまった瞬間に終わってしまい、拍手喝采。
まあ、こんな芸ができるなんて。
楽しい小学校生活が待っていそうだね!
 

3/26 発表会

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)23時07分31秒
  完成した修了証を見ながら、1年間を振り返りました。
活動が「楽しかった」と言ってもらえ、うれしかったです。
みなさんのおかげです。
 

3/26 完成!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)22時59分12秒
  角印を押して修了証の完成!  

3/26 修了証を描く!?

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)22時53分55秒
  食事後の午後は、エコたん2010年度の修了証作り。
この1年間の感想を川柳などに書いてもらいました。
文字の書けない子どもは絵を描いてもOK。
 

3/26 差し入れ

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)22時38分35秒
  調理過程はなかったですが、アサリのお吸い物つきでーす。
さらに、中村ファミリーからおばあさんの焼きたてパンの差し入れです。
大工の加藤さんから(原料の大豆から)手作りのゲンコツ飴の差し入れも。
服部さんからは子どもたちの好きそうなお菓子の差し入れ。
チアキちゃんが上手に分けてくれました。
 

3/26 おいしいです~!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)22時27分0秒
  「もう、お腹ペコペコ」
お替わりあります!
食べれるって幸せ、感謝です。
 

3/26 いただきます!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)22時20分54秒
  お待たせしました。
新1年生5人がみんなの前に出て、「いただきます」のごあいさつ。
先月より上手に言えるようになったみたい。
真っ直ぐに立ってちゃんと言えました。
「おいしい~です!」
 

3/26 感謝状

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)22時12分7秒
  ゲストが揃ったところで、食事会……の前に感謝状授与。  

3/26 はっちゃ~ん!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)22時09分6秒
  休んでいた服部さんが久しぶりに来てくれました。
子どもたちに人気だったので、みんな大喜びで「はっちゃ~ん!」。
用務員の大雑把なところをカバーしてくれる有能なスタッフです。
 

3/26 間もなく完成

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)21時57分8秒
  1月に作った花餅を油で揚げて、あられを作りました。
押し寿司は体重をギュウギュウかけて、量産体制。
並ぶお皿に「まだぁ?」 もう少しだよ!
 

3/26 感謝状班

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)21時44分17秒
  午後から修了証を作るけれど、その前にサポーターへの感謝状も作りました。
こちらは料理を作りながら、昼食時間前に完成させなければいけません。
チビッコたちが頑張ってくれました。
 

3/26 ライスプリン班

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)21時40分45秒
  米粉で作るプリン。
本当は巨大プリンを作る夢があったのだが、形を保てなくて挫折。
気分一新、かわいらしいピンクのイチゴプリンにしたのです。
ミキサーなどを使って、子どもでもできるクリーミーなプリン。
 

3/26 箱寿司班

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)21時32分8秒
  こちらは「箱寿司班」。
お寿司に載せる具材の用意……玉子、シイタケ、でんぶ、ツナフレーク、さやえんどう。
そして、炊きあがったご飯に合わせ酢をかけて、冷まします。
うちわでパタパタ。
 

3/26 カレーちまき班

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)21時24分40秒
  今日はメニューが多いので、3班に別れて作業しました。
ここは「ちまき班」。
ちまきの具になる食材(豚肉、シイタケ、ニンジン、タケノコ)を刻んでいきます。
高い作業台だけれど、エミちゃんも左手を猫の手にして上手に刻んでいます。
ジュンペー君とタスク君はお母さんについて、カレー味の調合です。
モチ米と具を炒めながら味付けしたらアルミホイルで蒸します。
 

3/26 修了式と謝恩会

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)21時16分35秒
  エコたんの今年度の修了式と謝恩食事会です。
田んぼオーナー近藤さん、知恵袋の大工加藤さん、病欠中のスタッフ服部さんを迎えてにぎやかに食事をしました。
定員オーバーの料理室で調理・食事を楽しみました。
エコたん設立5周年でもあります。
みなさんのおかげです!
 

3/23 出席

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月29日(火)21時14分23秒
  今日までに招待状が返信され、4名全員が出席してくださるということです。
いや~頑張らねば。
今、メニューとにらめっこしています。
 

招待状

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月22日(火)17時51分53秒
  次回3/26は最終回、食事会と修了式をしますよね。
そこでいつもは口頭でお誘いしてるだけだったのですが、招待状を送ってみました。
田んぼのオーナーの近藤さん、知恵袋の加藤さん、今年は体調を崩して休まれていた頼もしいスタッフの服部さん。
料理にも力が入りますよね!
 

3/7 水田オーナー募集がありますよ

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 7日(月)13時30分32秒
  エコたんは、来年度はステップアップ講座「自給し隊」に完全移行し、参加回数が多くなるので参加を戸惑っている方も多いと思います。

そんな中、水田オーナーを募集している団体があります。
「え~、もっとハードになるんじゃない!?」と思われるかもしれませんが、“年間数回参加すればよい”というものもあるんですよ。
関心がある方のために料金、連絡先も書いておきますね。

豊根村では、100平方メートル20区画を貸出(3万円)。
日常管理は地元住民が代行。
「茶臼の里組合」豊根村観光協会 0536-87-2525
http://www.toyonemura-kanko.jp/
http://www.toyonemura-kanko.jp/main/files/tanboona.pdf

NPO坂折棚田保存会では、100平方メートル50組を貸出(3万円)。
日本の棚田百選の棚田で田植え、稲刈り、収穫祭などに参加。
NPO坂折棚田保存会 0573-23-2032
http://sakaori-tanada.com/
http://sakaori-tanada.com/public/_upload/type017_23_1/file/file_12977364148.pdf

「エコたん お米自給し隊」でも「田植え」「稲刈り」「脱穀」などの楽しいところだけの参加も募集しようと思います。
生きもの観察は希望があれば、余裕のある範囲で対応できるかもしれません。
 

3/6 エコたん米を藤前干潟でいただきましたよ!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 7日(月)13時03分2秒
  12/18の餅つきと2/19のいがまんじゅうで今年度のモチ米を使い切ったのですが、
6kgをあらかじめ藤前干潟の方で使えるようにお分けしていました。
実は藤前干潟のガタレンジャーJr.というジュニアレンジャーにもエコたんのメンバー4名が参加しているのですが、
彼らの修了式の餅つきイベントで使わさせていただいたものです。
修了者は4名ですが、交流会には林・中村・八木・豊永ファミリーから親子11名が参加してくださいました。
きな粉餅、あんこ餅、大根おろし餅、おはぎなどを芝生広場で食べ、お餅ピクニックといった感じです。
干潟のバードウォッチング、ゲーム、修了式、表彰式などがありました。
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20110307/CK2011030702000115.html

こちらでは干潟で活動するレンジャーになりたい新規メンバーを募集中です(3/12まで)。
ただし、小4~中3までの子どものみの募集です(電話080-5157-2002へ)。
http://www.fujimae.org/

 

3/3 風物詩いがまんじゅう

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 4日(金)01時36分15秒
  ひな祭りの時期になるとこんな風に新聞の三河版にはいがまんじゅうが登場するのです。
尾張におこしもんが欠かせないように、三河にはいがまんじゅうが欠かせないのですよ!

名古屋市緑区のスーパーを覗いてみました。
やはり、名古屋にいがまんじゅうは置いてなかったです。
おこしもんはありました。5個パックで¥298でした。
5cmくらいの小さな物で、しかも色は合成着色料のケバケバ(ん~)。
 

2/19 お土産

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 4日(金)01時25分9秒
  お家で待っている家族へお土産です。
「これがいい!」
やっぱり、自分で作ったのが一番です。
 

2/19 実食2

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 4日(金)01時23分14秒
  おいし~です!  

2/19 実食!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 4日(金)01時21分49秒
  お皿に盛って、食べてみました。
「おいし~!」
おこしもんは砂糖醤油、いがまんじゅうはあんこの味。
最近の子どもにはちょっとクラシカルな味付けだけど、
自分で作ったものはおいしいのです、決まってます!
でも、エミちゃん、お皿まで食べないように。。。
 

2/19 おこしもんはどう?

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 4日(金)01時17分46秒
  同時進行でおこしもんも作っていました。
ベテランのそう君がみんなに手ほどきしながら、こちらもいい物ができました。
「完成~!」
 

2/19 できた!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 4日(金)01時13分59秒
  5分ほど蒸して、チネリに透明感ができたら本当の完成!
おいしそう!
 

2/19 チネリをのせて蒸す!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 4日(金)01時11分35秒
  できたおまんじゅうにチネリのモチ米をのせて、完成!
(本当は本物のモチ米をのせるのですよ)
後は蒸し上がるのを待つだけ。
 

2/19 あんこを包む

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 3日(木)15時15分11秒
  これはちょっとむずかしい!
餅つきのときにもやったけど、あんこをお餅で包むのって難しい。
さすが、お母さん、手つきがいい!
 

2/19 問題発生!チネリ解決!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 3日(木)15時09分50秒
  しまった!
いがまんじゅうの特徴は餅の上にのった色つきの米粒なのです。
ところがその準備を忘れてしまいました。
いまから水に浸しても間に合いません。
思いついたのが、米粒も米粉で作ること。
「チネリだぁ~!」。
テレビ番組で小麦粉生活するタレントがお米を食べたくなって、小麦粉で米粒を再現したことを言うようです。
じゃあ、チネリで米粒を作ろう!
細かい作業だど、子どもたちの方が得意みたい。
 

2/19 あんこも均等に

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 3日(木)15時00分58秒
  あんこも均等割して大きさを揃えます。
これで大きさの揃ったいがまんじゅうができます(はずです)。
途中で口に入っちゃうので、なかなか数が揃わなかったりして……。
 

2/19 生地を均等に

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 3日(木)14時56分50秒
  モチ米から作った米粉にウルチ米粉、小麦粉を同量ずつ混ぜました。
モチ米粉だけでできそうですが、一番作りやすい配合にしました。
これを蒸してお餅を作ります。
その生地を均等に分けると同じ大きさのいがまんじゅうができます。
ちょっとしたことですが、コツです。
 

2/19 午後はいがまんじゅう作り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 3日(木)14時48分4秒
  来月に迎えるひな祭りの準備です。
愛知県の代表的なひな菓子「おこしもん」と「いがまんじゅう」を作ります。
今回も米粉が大活躍!
毎年、おこしもんを作ってきたので、希望者はいがまんじゅうを作りました。
いがまんじゅうは愛知県でも三河地方のお菓子です。
名古屋のメンバーが多いので新鮮かも!?
 

2/19 さあできあがり

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 3日(木)14時33分48秒
  水からそーっと上げ、型枠からそっとはずすます。
次にタオルで水気をなるべく吸い取ります。
さあ、乾かしてできあがり!なんだけど、窓に貼って乾かせます。
その方が反らずに平らに仕上がりますし、省エネな乾かし方ですよね!
今年は稲葉のパルプが少なめだけど、かえってよく目立ちます。
漉きこんだ稲穂もきれいです!
 

2/19 さあできあがり

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 3日(木)14時27分40秒
  水からそーっと上げ、型枠からそっとはずすます。
次にタオルで水気をなるべく吸い取ります。
さあ、乾かしてできあがり!なんだけど、窓に貼って乾かせます。
その方が反らずに平らに仕上がりますし、省エネな乾かし方ですよね!
 

2/19 型枠に流し込む

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 3日(木)14時16分34秒
  ふたりひと組で共同作業。
押さえてもらった型枠に混ぜ合わせたパルプを流し込みます。
まずは半分、そこに稲穂などをバランスよく配置して、もう半分のパルプを流すと透かしができます。
稲穂がずれないようにそ~っとね。
 

2/19 パルプを混ぜる

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 3日(木)14時11分2秒
  稲葉パルプをひとつまみ、牛乳パックからとったパルプをプリンのカップに8分目。
それをミキサーに入れ、糊を加えて少量の水と混ぜます。
「糊はこれくらいでいい?」
そうだね、適当量じゃわからないですよね。
 

2/19 牛乳パックからもパルプ

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 3日(木)14時03分50秒
  稲葉だけでなく、パルプも混ぜて紙をすきます。
昨年は半々くらいでしたが、今年はパルプを多めにします。
それで、持参した牛乳パックからフィルムをはがす作業です。
印刷されているのはビニルフィルムの上で、それをきれいにはがすと真っ白なパルプが入手できます。
 

2/19 稲ワラかたい!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 3日(木)13時59分32秒
  午前は稲葉の紙すきをしましたよね。
事前に用意したワラから作ったパルプですが、今年は柔らかくならずに苦労したんです。
アルカリで煮ると柔らかくなるのですが、今年は重曹も使っています。圧力釜も使いました。
その後、ミキサーで繊維をほぐそうとシテもしても、絡んで止まってしまいます。
それで量をひとつまみずつミキサーにかけてなんとか稲葉のパルプを作ったのです。
実は、みんなが公民館に来る当日までやっていた作業です。
 

2/19「 紙すき」と「ひな菓子」作り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 3月 2日(水)23時42分53秒
  2月は来月の準備です!
修了証書になる紙を稲の葉ですき、ひな祭りのお菓子を作りました!
みんなが手にしているのが、名古屋のひな菓子「おこしもん」と三河のひな菓子「いがまんじゅう」。
そして背後の窓ガラスにペタペタ貼って乾かしているのが、稲葉紙です!
おやつに食べるのを我慢して記念撮影パシャッ!
 

1/16 雪

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月18日(火)00時19分25秒
  久しぶりの大雪。
エコ田んぼもはなれも道路も真っ白になり、楽しくなっちゃう。
 

1/15 七草粥作り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月18日(火)00時11分32秒
  おいしいです!  

1/15 七草粥作り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月17日(月)23時30分14秒
  調べてみると、七種の雑穀のことも七種(ななくさ)と言うようだ。
というわけで、お粥に七種のトッピング。
お粥は100%国内産だが、この雑穀は韓国でお土産に買ったもの。
みんなにもお粥に合いそうなトッピングを持参して、紹介してもらった。
手作りの梅干し、明太子、塩昆布……。
どれも合う合う、おいしい!
「お替わり!」って、子どもも大人も。
私は5杯も食べちゃった。
あれ~、胃にやさしい食事じゃなくなっちゃった。。。
 

1/15 七草粥作り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月17日(月)23時10分8秒
  「できたぁ! お腹空いた~」
じゃあ、食べよう!
ここでも、新1年生候補に「いただきます」を言ってもらいました。
あれれ、こんなに照れていて、春から大丈夫かな?
 

1/15 七草粥作り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月17日(月)23時03分27秒
  まずは宿題の七草を一同に集めてみました。
ん~、惜しい! 五草だ。
ゴギョウとホトケノザが見つからなかった!
「では、小さく刻むよ!」
 
 

1/15 花餅作り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月17日(月)22時54分28秒
  来春に新1年生になる3人にお内裏様とおひな様になってもらった。
あれ、おひな様が寝てる。。。

では、みんなで記念写真。
ひな壇みたいだ!
花餅はひな祭りに「ひなあられ」にしてね。
 

1/15 花餅作り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月17日(月)22時39分51秒
  昨年はコケやシダで飾りつけましたが、今年は粘土やお餅で飾りました。
子どもたちの自由な発想に感心しますね!
 

1/15 花餅作り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月17日(月)22時29分52秒
  次に食紅で染めたお餅の花を咲かせます。
いい感じになってきたでしょ?
 

1/15 花餅作り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月17日(月)21時49分25秒
  搗きたてのお餅を枝に巻いて、花を咲かせます。
まずは白花から。
ん~、白梅のようで、おいしそうで……。
「食べちゃダメ~?」
 

1/15 花餅作り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月17日(月)21時41分42秒
  11月にみんなで伐った竹で、花餅の台を作ります。
自給です!
30cmくらいの枝を数本竹筒に刺して、粘土で安定させました。
 

1/15 花餅作りと七草粥

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月17日(月)21時25分17秒
  雨が降るという予報だが、エコたんの日に本当に降るんだろうか?
どちらにしても、今日は室内プログラムだから大丈夫。
その代わり、七草探しはあきらめました。
花餅作りと七草粥を作って昼食です。
 

1/14 七草探し

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月17日(月)21時11分36秒
  明日のプログラムでみんなで田畑で七草探ししようと思っていましたが、天気が心配。
とても七種類も揃いそうもないけれど、一足お先に畑と田んぼに七草探しに出かけました。
みんなにも「近所で探してみて!」と宿題を出しましたが、どれほど集まるでしょう?

「春の七草」は「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」。
これらは旧名ですから、注意。
ここで言うホトケノザは、4枚目の写真の草(食用でない)ではありません。
キク科のコオニタビラコというタンポポに似た草ですので、注意!
もっともなかなか目にすることはできません。

田畑で見つかるのは3~4種類というところでした。
そこでプランターで栽培している蕪と大根(ハツカダイコン)も持参します。
これが七草で言うスズナとスズシロです。
 

1/11 鏡開き

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2011年 1月12日(水)00時06分58秒
  聞き飽きたかもしれませんが、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願します。

今日は鏡開きでした。
年神様にお供えしたお餅をいただくのですから、ご縁を切らないように
金槌などでたたき割るのが正しいとされています。
大きなヒビがあれば、手で割ることもできます。

小さく割ったお餅を、お汁粉に入れるのがおいしい。
お粥に入れてもおいしいですよ。
意外かもしれませんが、炊いたご飯の蒸らし時間に炊飯器に入れると、
柔らかくなるのできな粉餅にするのもおいしいです。
油で揚げるとあられになるのは料理室でやりましたよね、これも美味!
 

12/18 焼きイモとアンちゃん

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年12月27日(月)00時02分55秒
  お餅の合間に、かまどで焼けたおイモが食べごろに。
「イモ食って、プ~」のエミちゃん。
1日中同じ作業で退屈しそうなのを楽しくしてくれたのは、ネコのアンちゃん。
「子ども相手は疲れた~」という顔しています。
1日おいしかったね、楽しかったね!
来月はお餅で花餅という飾りを作りますよ。
 

12/18 お餅のフルコースだ!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年12月26日(日)23時51分34秒
  ついたお餅で丸餅を作ります。
この地域で丸餅は鏡餅になります。
あんこを巻き込めば、あんこ餅。
大根おろしのからみ餅。
出汁に入れて、雑煮。
名古屋の雑煮は最もシンプルで、菜っ葉が主。
名(菜)を上げるの意味があるんだよ!
あ~、お腹いっぱい。
 

12/18 慣れてきたよ、ペッタン!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年12月26日(日)23時44分57秒
  慣れてきたら、手返しにも挑戦してもらいました。
つき手に合わせないと、手をつかれちゃうよ!
子どもだけでもつけるようになって、頼もしいね。
伝えていってね、お餅つき。
 

12/18 ペッタンペッタン

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年12月26日(日)23時39分13秒
  臼のもち米に粘りが出てきたら、本格的に餅つきです。
お餅に近づいて仕上げの段階で、子どもたちの活躍の場が来ます。
お母さんと一緒にペッタン!
 

12/18 小つき

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年12月26日(日)23時28分40秒
  餅つきといっても、いきなりペッタンペッタンとはつけません。
まず、蒸したもち米を杵でつぶしていきます。
粘りが出て初めて、杵でつくのですよ!
これは大人の仕事ですから、みんなもうちょっと待っててね!
 

12/18 藁ない

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年12月26日(日)23時21分36秒
  餅つき準備の時間を使って、縄をないました。
みんな初めて、でも大丈夫なない方です。
手のひらを使わずに、両手首のスナップを使ってないます。
縄で輪を作って、ドライフラワーやマツボックリ、リボンで飾りつけます。
ナナミちゃんの作品は、お花を飾りつけたナチュラルなリース。
 

12/18 餅つき&藁ない

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年12月26日(日)23時08分20秒
  先月のうるち米の収穫祭に続いて、今月はもち米の収穫祭です。
そう、餅つき!
エコたんの餅つきも今年で5回目、5周年。
来年はもち米を作る予定がないので、最後かも。。。
合間にワラで縄をない、クリスマスリースやしめ縄の土台を作りました。
 

12/10 縄ない講座

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年12月13日(月)16時01分6秒
  名古屋で、幼稚園の先生を対象に縄ない講座をしました。
縄がなえると、リースやしめ縄が作れるようになります。
12/18の餅つきでは、合間にワラで縄のない方をお教えします。
体験したい人は、田んぼで持ち帰ったり、バケツ田んぼで穫れたワラを持参してくださいね。
 

12/3 はなれでは

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年12月13日(月)15時55分33秒
  畑では小麦が目を出し始めました。
レタスや春菊は無事育っていますが、水菜や大根などの菜花の仲間は虫がつきやすいです。
冬の間は大豆が育たないので、肥料としてボカシを作ってみました。
 

11/20 本格竹伐り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)20時34分41秒
  午後はご奉公!
里山再生プロジェクトです。
木を救い出すために、茂った竹を伐るのです。
3歳児でも大きな竹を伐り倒せます。
道具の使い方と安全管理をすれば大丈夫。

上を見てみて!
「空が広がってる~」。
そう、この差し込む光が、救い出した木々を育てるんだよ!
そして、田んぼの水源であるため池を潤すんだね。
 

11/20 竹ご飯とイナゴ佃煮

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)20時18分36秒
  「竹筒ご飯も炊けたよ~」(すぐに空っぽ)
今日の炊飯量2升8合ほとんど食べちゃいました。
豚汁大鍋2杯完食!
みんな外の食事、自分米はおいしいよね。

では、前回の成果物の登場!
みんなで捕まえたイナゴ124匹の佃煮~!
「ひえ~」と言いつつ、ポリポリ。
「エビの味だ!」とちょっと人気。
これも田んぼの産物ですよ。
 

11/20 おいし~

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)20時06分36秒
  全員で「いただきま~す!」「おいし~!!!」。
全部、自分たちで作りました。
お米、食器、燃料……。
「おかわり~」(あるよ~)。
 

11/20 実食!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)19時20分7秒
  炊けました~!
豚汁もできました~!(これも手前味噌ね!)

できた竹の食器に盛りつけます!
ジュンペー君のお茶碗は口が細くて深くない?
食べるときのことを考えて作るんだったね。
 

11/20 五平餅

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)18時23分45秒
  炊飯も竹が燃料。
かまどで乾燥した竹を燃して、ご飯を炊いています。

いい匂いがしてきましたが、食器作りが終わらずにお腹が空きました。
では、子どもたちには五平餅!
これも自分で作るプログラムだよ。
新米をあらかじめ炊いたものを、つぶしながら餅状にします。
伐り出した竹で竹串を作り、ご飯をつけて焚き火で焼きました。

みんなより早く新米を味わいました。
このたれに使った味噌も手作りだよ~!
「おいし~!」
大人たちはちょっとうらやましそう。
 

11/20 竹食器作り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)18時08分5秒
  竹から作りだすのは、箸、茶碗、お椀、湯のみ、炊飯器、しゃもじ。
器は竹の節を残してノコギリで切り出すだけだから、簡単!?
箸はナイフを使うから、ちょっとむずかしい。
でも安全なナイフの使い方を覚えたら、楽しく作れるよ!
しかも、食器を作らないとご飯が食べられないよ!
 

11/20 竹の運び出し

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)18時00分18秒
  会場の雑木林「北っこの森」には、かまどがあります。
ご飯を炊きながら、ここで竹細工をするために雑木林から竹を運び出しました。
背丈が20mを越す竹ですが、運びやすい3mくらいにして運びました。
楽ちんしているの誰だ?
この冬空にカエルを見つけたの誰だ?
 

11/20 竹伐り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)17時53分4秒
  今日は待ちに待った新米の収穫祭。
それに先立って、竹を伐ります。
この里山はため池の水源ですが、孟宗竹が繁茂しています。
埋もれた木々を救い出すために、竹を利用しながら駆除して5年前になります。

まずは里山ハイキングしながら、雑木林の状況を見学しました。
タスク君が雑木林で迷子にならないように、先頭で旗をもって案内してくれています。
そして、食器になりそうな竹を伐り出しました。
 

11/7 生きもの

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)17時40分13秒
  耕していたら、冬眠中のカエルが出てきてしまいました(ごめんよ~)。
野菜を植えた畑にはセグロセキレイがやってきました。
この季節でも、意外と生きものの姿が見られるんですよ。
 

11/7 不耕起の畑を耕す

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)17時29分7秒
  午後は畑を耕しました。
今まで不耕起で野菜を育ててきましたが、土が堅すぎるのが難点です。
モミ殻をすき込んで土を軟らかくして、畝を立て直しました。
今度こそ、耕さない畑として続けたらいいんですが。

耕耘機を使いましたが、土が堅すぎて機械が飛び跳ねます。
それを抑えるのが大変なほど堅いんです。
道具で耕すのなら鍬ではだめで、ツルハシですよ!

早速、冬野菜を植えました。
小麦、春菊、水菜、サンチュ、タマネギなど。
修了式の料理の食材に間に合うかな?
 

11/7 収穫物

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)17時05分5秒
  今日の収穫物はサツマイモ、ジャガイモ、ピーナッツ、小豆。
さて、どんな鍋になるのかな?
ちょっと畑仲間に食材提供をお願いしなくっちゃ。
 

11/7 試食

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)16時58分24秒
  掘り出したサツマイモを試食してみました。
本当は掘ってから数日してからの方がおいしいそうですが。
アルミホイルで包んで焚き火で焼きます。
断面の真黄色なおいしいおイモでした。
収穫祭では鍋に入れて煮ようかな!?
 

11/7 ピーナッツ掘り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)16時52分40秒
  ピーナッツ(地豆、南京豆とも言いますね)掘りもしました。
ソウ君が考え出したのがホッピング式スコップ。

出た~!
ピーナッツの根には、根粒菌がビッシリ。
これが無肥料農法に活躍しているんですが、
こんなに働いているいうことはまだ窒素分が足らない畑なんですね。
 

11/7 イモ掘り

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月29日(月)16時38分55秒
  予告通り、急遽芋掘り隊の募集をしましたところ、ソウ君ファミリーが手伝いにきてくれました。
今日の収穫物が収穫祭の食材になります!

先日の試し堀りでは、細いイモしか出てきませんでしたが、まあまあのサイズではないでしょうか!?
あとでちょっと試食もしましょうか!?

すっかり冬だと思いましたが、まだ活動しているイモムシもいました。
スズメガの仲間の幼虫ですね。
 

10/30 はなれ(畑)では

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月 1日(月)15時15分5秒
  サツマイモもツルを伸ばしています。
でも夏の日照り、水不足で芋は太っていません。
南京豆も豆が出来はじめています。
お茶も花が咲き、アケビが実りました。

水引きを考えて、この秋に畝を立て直そうと思います。
その前に芋と豆を収穫したいと思います。
急に収穫隊員を募集するかもしれませんよ!
 

あらら

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年11月 1日(月)14時55分22秒
  あたらめて籾すりに出し、帰ってきた玄米(ウルチ米)は50kg(クズ米含む)ほど。
収量が少ないのは分かっていましたら、それほどショックではない。
なんと玄米は、ウルチ米とモチ米が混じっていました。
タネ蒔きで混じったのか、田植えで間違って混植してしまったのか、脱穀の時に混ぜてしまったのか?
モチ米にウルチ米が混ざるほどの問題はありませんが、もち米はどうなっているのでしょう?
モチ米が玄米になってくるのは11月。
 

10/12 モミの再乾燥

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年10月25日(月)12時40分18秒
  脱穀後、モミすり加工場に出しましたが、モミの水分量判定は×!
15.3%でした。
1日余分に天日干ししましたが、日の当らない部分はちょっと湿っぽかったですものね。
水分量が15%を切らないと、保存性が落ちます。
つまりカビたりしやすくなりますので、出直しました。
翌日、庭にブルーシートに広げて天日にさらした後、もう一度加工場にいれました。
もちろん、今度は受け入れてもらえました。
 

10/11 ワラ刻み

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年10月25日(月)12時34分38秒
  昨年からワラを堆肥にするのではなく、細かく刻んで田面に散らしています。
冬の日差しに照らされながら風化して、翌春には早く分解するようになります。
ですから大事な作業なのです。
実は今日から来年の田んぼの土作りが始まっているのですから。
 

10/11 井戸端会議

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年10月25日(月)12時30分41秒
  脱穀機周りでモミからワラクズを取り除く作業に女性が集まりました。
おしゃべりしながら作業できて楽しそうです。
 

10/11 子どもは飽きちゃう!?

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年10月25日(月)12時27分40秒
  最初は面白がった脱穀作業も長いと子どもには飽きますね。
ワラのベッドを作って遊びます。
まだ生きものもたくさん見つかります。
稲刈り後のエコたんぼは、走り回りやすくなりました。
そしてまた手伝います。
 

10/11 パフゥ~パフぅ~

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年10月25日(月)12時23分2秒
  唐箕のハンドルをを手で回すと、中の送風機が回ります。
音で表すとパフゥ~パフゥ~といった感じでしょうか。
風とともにモミに混じったワラクズやシイナが飛んできます。
エイショウ君も1歳にして2年目の作業です。
 

10/11 バラバラバラ~

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年10月25日(月)12時18分53秒
  脱穀機のペダルを踏みながら、稲穂をドラムに押し付けます。
足にいい運動です。
バラバラバラ~というとともにモミがはずれます。
下の箱にモミが山のように盛り上がって来るとなんだかうれしい。
 

10/11 いよいよ脱穀

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年10月25日(月)12時16分8秒
  今日も快晴。
しかし、順延の影響で参加者は20人ほどと半数。
昨日のお天気でモミも乾いてきました。
足踏脱穀機(赤色)と手回し唐箕(濃茶色)で脱穀作業です。
 

10/10 稲穂はこんな感じ

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年10月25日(月)12時12分28秒
  晴れましたが、稲穂がこんな感じで中の方が濡れていたのです。
これでは脱穀できません。
電話での問合せがなかったので理解していただけていると安心しました。
一応、メールと現地に貼り出した手紙で順延の案内をしましたが、来られた方もいたようですみません。
 

シュンがスクリーンにデカデカ!

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年10月14日(木)00時12分49秒
  だいちママさんへ
エコたんの活動も生物多様性に関わりがあるので、その会議で子どもたちが活躍できたのは素晴らしい!
わが家の新聞にも個人名はなかったものの、会議参加者のサインプレートを作品作りしたことが記事になっていましたよ。
さらに入場許可証はほとんど入手不可能なほどセキュリティが高いので、お宝ものです!
脱穀より価値あったかもね。
当日エミちゃんの方は運動会だったでしょ、ママは体を分身の術で増やして両方に行ったの?
 

cop10開会式!

 投稿者:だいちママ  投稿日:2010年10月12日(火)21時17分24秒
  昨日、行ってきました。

期待していた、テレビ放送は移してもらえなかったけど地元の新聞には、

でっかく写真入りで載ってました[m:41]親ばかですいません・・・。

家から自転車で10分の会場に藤原 紀香がきていてびっくり[m:60]

母もとっても貴重な体験をさせてもらえました。

でも、国際会議なのに開始時間15分遅れ[m:60]


こんなものかな?
 

10/10 雨上がるが……

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年10月10日(日)09時48分55秒
  予報を裏切って、朝から快晴。
しかし、9時現在の稲架に掛けた稲(特に籾)はまだ濡れています。
今日はしっかり乾燥させて、明日(10/11)の10時から脱穀をすることにします。
異常気象と天気で振り回されましたが、お休みでない方、申しわけありません。
 

脱穀予定日は雨の予報

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年10月 7日(木)23時42分25秒
  今週末は50%で雨の予報。
直前で予報が変わらないかな?と思いつつも変わりませんねぇ。

10/10朝に降っていない場合、降るまで作業したいと思います。
10/10が朝より雨の場合、脱穀は翌日10時からに変更。
天候は自然のいたずらですから、残念ですが11日に参加できる方でしましょう。
当日に天候で迷った場合、携帯に連絡ください。
 

東海地方の米粉製品店

 投稿者:たんぼの学校用務員  投稿日:2010年10月 5日(火)17時37分9秒
  東海農政局が米粉製品のお店を紹介するHPが整ってきましたので、紹介します。
http://www.maff.go.jp/tokai/shokuryo/shohi/komeko2/komeko2_top.html#aichi

これらの店主に会って話を聞いてみると、
「自らが小麦アレルギーで食べられるものを作りたいから」という意見がありました。
米粉を混ぜている(小麦主体)の米粉製品では発病するため、
米粉フェアーなどに出店するときは隣の小麦混入製品からの小麦の影響が怖いのだそうです。
私のように好きで楽しんで米粉料理をするのとは違った理由に驚いたことがあります。

米粉利用が熱心なのは依然として、中国四国農政局です。
私はもっぱらこちらを閲覧しています。
http://www.maff.go.jp/chushi/
 

レンタル掲示板
/11