teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


声に出して読みたい日本語

 投稿者:田中征爾  投稿日:2008年 2月28日(木)00時00分34秒
  声に出して読んでみましょう。1・2・3、ハイ。

「日本人警備隊員が基地外で拳銃携行、沖縄米軍が指示 2月27日22時44分配信 読売新聞」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000063-yom-soci

不謹慎とは存じながらも、「基地外米兵」とか「基地外家族」とかいうことばを
スピーカーから漏れうかがう度に、ドキドキしてしまうのは、何か精神が病んで
いるからでしょうか。


非革命的自由主義者さま

どうもお久しぶりでございます。

政治的敗者が怨霊になって雷を落として建造物を焼いたことはあっても(天神さまとか)、

> 建造物が焼けたことに腹を立てて建立者が怨霊になったという話は
> 聞いたことがありませんね、そういえば。

まぁ、平清盛なんかは、東大寺を焼いた仏罰で熱病に冒されて死んでしまったりしてますが、
人間には出来ないことなのかも知れません。>出来る出来ないの問題ではない

> 文化財保護という観念は相当に新しい、近代の産物なんでしょう。

「共有財産」とか「公共の福祉」とかそういうあたりの思想なのかも知れません。
私有財産の観念が成立して初めて「公共」観念が成立するあたり奇妙な感じです。
孝の観念から来る共有観念ならそういうモノではないのでしょうがね。
 
 

どんど焼きからダイオキシン

 投稿者:非革命的自由主義者  投稿日:2008年 2月27日(水)01時17分32秒
  政治的敗者が怨霊になって雷を落として建造物を焼いたことはあっても(天神さまとか)、
建造物が焼けたことに腹を立てて建立者が怨霊になったという話は
聞いたことがありませんね、そういえば。
文化財保護という観念は相当に新しい、近代の産物なんでしょう。
御霊信仰とすれ違いで入ってきたというべきか。
旧正月を祝わないのと通底するものがあるように思います。

ロングテールでやっていきましょう。
これからも末永く、よろしく。
 

謹賀新年のお焚上げ

 投稿者:田中征爾  投稿日:2008年 2月14日(木)11時53分56秒
編集済
  日本のみなさま今日は。アジアの中で旧正月を祝わぬ脱亜之邦の弥栄を
お祈り申し上げます。

どうにもなかなか更新するだけの暇ともうしますか、モチベーションが
わきませんで、何でそんなことになっているのかなぁと思い返しますと
講義とか論文とかで好きなことを言っていたりするために、そこで燃え
尽きてしまったりしてるのではないかと。

で、燃え尽きる、と申しますと、南大門(崇礼門)ですが、いやぁ、燃
えましたね。キレイさっぱりと。燃やした理由はどうもキレイではない
ともうしますか、実に情けないと申しますか、少なくともあそこからは、
「金閣寺」は生れないだろうなぁと思う次第。

で、今般の韓国国民の反応が、「祖先と子孫に申し訳ない」というもの
でありまして、たとえばこんな発言になります。


○キム・ヘス 崇礼門火災で「子孫に面目ない」-韓国俳優、韓国女優
 キム・ヘスは11日、自分のホームページに「先祖に申し訳なく、子孫
 には面目ない」というメッセージを載せ、崇礼門が全焼した写真も紹
 介した。
 http://www.wowkorea.jp/news/enter/2008/0213/10040568.html

○韓国新聞・社会/文化-崇礼門焼失に茫然自失の市民 /wowkorea.jp
 崇礼門が焼失した11日、南大門市場の商人チャン・ギスさん(68)は
 「いまだに信じられない。崇礼門を建てた太祖(テソ)が生きていれ
 ば、情けない子孫だと叱り飛ばされそうだ」とし「どんなに大切な遺
 産だったか…」と言葉を詰まらせた。
 http://www.wowkorea.jp/news/Korea/2008/0213/10040577.html


やぁ、さすが東方礼義之邦は違いますな。何とも孝の観念が徹底されて
おります。

ひるがえって、東方君子国たる我国はどうであるかともうしますと、金
閣が焼けたときの朝日の社説には、こんな感じになっております。

 精神的なものにせよ、物的なものにせよ、祖先からうけついだよき遺産は、
 決して現代人の専有物ではない。それは過去現在未来にわたる日本民族の
 共有物である。現代人はたゞそれを保管し管理しているに過ぎないのであ
 って、やがては次の時代に来るべき子孫に遺さなければならないものであ
 る。そのことはでれにでもわかっているはずであるのに、このような〔法
 隆寺金堂・鹿苑寺金閣焼失〕遺憾事がひんぴんとして起るのは、善良なる
 管理者としての注意において、現代人に何か欠けるところがあるためにほ
 かなるまい。それを反省しなければならないのである。
       社説「国宝を焼く」、『朝日新聞』1950年7月3日、朝刊、1面

祖先・子孫についても言及しておりますが、彼らへの面目というよりは、
文化財というものの歴史的な価値に重点があると申せます。ないしは、
国民的財産という感覚でしょうか。なにしろ、「文化国家」を目指して
ましたから、この時期の日本は。

もちろん、一般の方の感想と社説(しかも朝日の)とではインテリぶりも随
分と違いますでしょうから、一緒には出来ませんが、文化財の保護というの
は、何に(誰に)対しての責任なのかという違いは、歴史に対する観念の相
違を表出しているのではないかと思ったりします。

少なくとも、法隆寺や金閣を焼いて、聖徳太子や足利義満が化けて出たとい
うお話しを、当方は聞いたことがございません。

ちなみに、この日の朝日の一面トップは、
「米国はこう見ている 短時日に完勝を ソ連、戦争を回避か」
「大田北方で決戦か 米軍、迎撃の体勢準備」(地名は新聞記載通り・以下同じ)

となっております。大田で決戦というのですから、当然、京城は陥ちてます。
しかしそれでも焼け落ちなかった南大門の冥福を、切に祈ります。
 

謹賀新年

 投稿者:ねこ娘  投稿日:2008年 1月 8日(火)15時56分25秒
  あけましておめでとうございます。
本年も変わらぬご活躍をお祈りしております。
 

瀬島龍三死去とは関係なく

 投稿者:非革命的自由主義者  投稿日:2007年 9月 5日(水)23時59分12秒
  ちょっと面白い韓国マスコミの記事
http://www.chosunonline.com/article/20070903000036
「アフガン拉致:「あの人は韓国のスパイのトップか」
目立ちすぎ(?)の国情院院長」
(中略)
「国情院関係者は機内インタビューの最中に国情院側があらかじめ用意した
A4用紙3ページの報道資料まで配布した。報道資料には
「交渉の最前線に立ってきた国情院の対テロ要員たちは、金院長の指示に従い
終盤の交渉を実質的に主導し」「金院長は(中略)人質解放交渉の突破口の
きっかけを作り」「金院長の34年間にわたる情報要員としての手腕と現場感覚
が発揮された」「金院長はアフガニスタンでの活動中、防弾チョッキの着用を
要するほどの危険を冒したとのことだ」という自画自賛の言葉が続いた。
国情院側が出した金院長の動静・活躍を伝える資料に「-とのことだ」
「-とみられる」「-と伝えられている」などのメディアが使う表現が
入っているのは「ギャグ」に近いといえよう。」(以下略)

これって、宮内庁の作成したメディア向け資料に「漏れ受け賜るところによれば」
と書かれているようなものですかね。
 

復活おめでとうございます。

 投稿者:非革命的自由主義者  投稿日:2007年 8月16日(木)23時28分51秒
  憲法改正を目指していたアベ政権が一時頓挫ですよ。
鉄壁の守りを、どのように攻撃されるかを、
重視すべきではないでしょうか?
 

小田実まで逝っちゃって

 投稿者:田中征爾  投稿日:2007年 8月 9日(木)21時18分53秒
  もはやご覧になっているかどうか分かりませんが、非革命的自由主義者さま
申し訳ございません。まったくこの数ヶ月わけのわからん殊に忙殺されて
おりました。

とはいえ、状況が変わったわけでもなく、宮沢が逝き、宮本が逝き、さらに
小田実まで逝ってしまっては、一体だれが「世直し」してくれるのでしょうか。

と、いうわけで、こんな頭の悪いことを思いつきました。



タイトル : 大統領記者会見 7年ぶり南北首脳会談

記 者:今回の首脳会談は4ヶ月後の大統領選を控えての点数稼ぎではないか
といわれてますが?

大統領:そんなことはありません。南北融和こそわが政権の一貫して主張して
きたところです。

記 者:会談の実現は、わが方からの多額の経済援助の見返りであるという
批判もありますが?

大統領:わが国の国民にカネをバラ巻けば公職選挙法違反ですが、北側に
バラ巻く分には遺法ではないですから何ら問題ありません。(サイゴン発共同)



「サイゴン発共同」と書いてありますように、これは南ベトナムのお話しです。
ええ、それはもう絶対にそうなのです。それ以外にはあり得ないのであって、
こんな政府だからこそ、小田実はベ平連なんか作ってみたりするわけなのであり
ます。はい。

http://www.geocities.jp/kokuminbunka_3776/

 

小田実まで逝っちゃって

 投稿者:田中征爾  投稿日:2007年 8月 9日(木)21時10分47秒
  もはやご覧になっているかどうか分かりませんが、非革命的自由主義者さま
申し訳ございません。まったくこの数ヶ月わけのわからん殊に忙殺されて
おりました。

とはいえ、状況が変わったわけでもなく、宮沢が逝き、宮本が逝き、さらに
小田実まで逝ってしまっては、一体だれが「世直し」してくれるのでしょうか。

と、いうわけで、こんな頭の悪いことを思いつきました。


タイトル : 大統領記者会見 7年ぶり南北首脳会談

記 者:今回の首脳会談は4ヶ月後の大統領選を控えての
点数稼ぎではないかといわれてますが?

大統領:そんなことはありません。南北融和こそわが政権の一貫して主張してきたところです。

記 者:会談の実現は、わが方からの多額の経済援助の見返りであるという批判もありますが?

大統領:わが国の国民にカネをバラ巻けば公職選挙法違反ですが、北側にバラ巻く分には遺法ではないですから何ら問題ありません。(サイゴン発共同)

「サイゴン発共同」と書いてありますように、これは南ベトナムのお話しです。
ええ、それはもう絶対にそうなのです。それ以外にはあり得ないのであって、
こんな政府だからこそ、小田実はベ平連なんか作ってみたりするわけなのであり
ます。はい。

http://www.geocities.jp/kokuminbunka_3776/

 

全体のバランスを考えると…

 投稿者:非革命的自由主義者  投稿日:2007年 3月 8日(木)02時18分13秒
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070307-00000515-yom-int
「仏の哲学・社会学者、ジャン・ボードリヤール氏が死去」
「【パリ=島崎雅夫】独自の視点で消費社会などを批評したフランスの哲学者で
社会学者のジャン・ボードリヤール氏が6日、パリの自宅で死去した。
77歳。死因は未公表だが、長期間にわたり闘病生活を送っていた。」(以下略)

レヴィ・ストロースってまだ生きてるんですよね。今、97歳ですか。
まもなく死ぬでしょうから(暴言)、彼はボードリヤールを先供にして、
えーと、誰を後供にするんだろう?
 

温故知新

 投稿者:非革命的自由主義者  投稿日:2007年 1月13日(土)23時55分50秒
  藤原弘逹といえば、子供のころの私にとってはテレビの「時事放談」で
政治に関する難しい話をしている偉いおじいさん、というイメージしか
なかったのですが、大学に入ってから後、古本屋で『弘逹エッセンス』という
書籍をパラパラめくっていたら、「丸山眞男」とか「超国家主義の論理と心理」
とかいう単語が見えて意外に思って購入したことがあります。著者は終戦直後
荒廃した状態で上掲論文を読み、精神的に蘇生して、丸山眞男教室に入った
のですが、先生が忙しすぎて、学問指導どころではなかったそうです。

60年安保紛争の際に、丸山教授の属している民主陣営は、個人が良き思想を
持てば、良き社会ができ、良き社会ができれば良き国家が成立することを前提と
しているが、これは「修身済家治国平天下」の朱子学と同型で、むしろ岸首相の
方が徂徠学を体現していると弘逹は述べています。
(たしか『丸山眞男の時代』中公新書にあった話。)
師匠・弟子関係にもエディプスコンプレックスって成立するんでしょうか?
なにも徂徠学をもってこなくても、という感じはいたします。

で、『丸山眞男の時代』で著者・竹内洋は、丸山の対極に、蓑田胸喜を位置
付けるのですが、竹内は後に「蓑田胸喜全集」を監修します。
この蓑田胸喜全集に関する以下の柏書房に記事に、蓑田の短歌が引用されて
おります。『原理日本』第六号(1926年4月号)「短歌欄」の蓑田作
「採点と編輯」だそうです。
http://www.kashiwashobo.co.jp/new_web/column/rensai/r01-31.html
「かゝなべて七日余りは夜も昼も 答案をしらべたり二千近くの
機械的作業に近くはさけがたし かくも多くを一度に見れば
及落のまた一生のわかれめとなることあらんと思へばかしこし
さまざまの事情あらもあらはれし結果につきて定むるほかなし
訴へくるものもあれど訴ふるに由なくもだへくるしめるもあらん
それら一々顧る由なければあらはれし結果につきて定むる外なし
いまの世の大量生産といふことをつくづく感じぬ採点しつゝ
現在の学校教育試験制度の欠陥を痛感す されどすべなし
こゝに新聞雑誌の任あり また協会結社の任あり そを補ふべき
あゝされど学校は増し知識は広まりゆけど思想はみだるゝ
われらこゝにもだ<ママ> ありがたく社を結びこのすりぶみによりて叫ぶ
ひろき世にかくれひそみてもだへつゝ国をうれふるはらからよたて
採点ををはりもあへず編輯にとりかゝりたり息つくまもなく
学校の勤務と雑誌の経営に原稿をかくひまもなかりき
日一日おくるゝ編輯をまへにしてあはただしくも原稿をかきたり
ひたむきにつとめんとすれどはかどらず もどかしきかな時はすぎゆく
ありがたきみたよりいたゞけどわが思ひかへすひまなしおしはかりたまへ
辛じて編輯を終へ頁をばかぞへて心やゝおちつきぬ
編輯はをはりたれども校正にまたひまどりて 発行おくれむ」

とくに「大量生産」の語が出てくるのには率直に驚きました。
「マスプロ教育の弊害」は戦前から言われていたのですね。
 

レンタル掲示板
/12