teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


迎春

 投稿者:しんのじ  投稿日:2018年 1月 1日(月)21時54分39秒
返信・引用
  まつをさん、皆様、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくご交誼のほど、お願い申しあげます。

しんのじは大晦日から、一泊で上五島のとあるオーベルジュに行ってきました。
すこぶる気分の良いもてなしをしてくれる宿で、食事共々満足して参りました。

その際、今朝の最初のお膳を囲むためにこっそり持ち込んだ物は、下記のスパ
イスを溶かしこんだものでした。

・丁子(クローブ)3粒 ・八角1個 ・陳皮(蜜柑の皮を干したもの)1個分
・花山椒小さじ1/2 ・肉桂(シナモン)小さじ1/2 ・カルダモン小さじ1/4
・黒胡椒小さじ1/8

日本酒200mlの中に上記スパイスを漬け込み、これに大さじ1ほどの砂糖を加
えて1-2日置いて引き上げると、出来上がるのは、そう!お屠蘇です。

実際に自分で調合し、漬け込んでみると、お屠蘇がある種の漢方酒であること
を痛感します。カレーのスパイスともかなり共通する(だから、手作りした
陳皮以外は全部自家薬籠にありました(笑))のが興味深い所で、これからもず
っと自家製お屠蘇を楽しんでみようと思いました。

しんのじ's スパイシーカフェの、ささやかな始動でございました(笑)。
 
 

大晦日

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月31日(日)18時03分25秒
返信・引用
  みなさま、今年もおかげさまでおもしろおかしく暮らせました。
ありがとうございました。
来年も、変わらぬご交友を頂ければ幸いです。

生まれて初めて、長崎市で大晦日を迎えております。
 

大晦日

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月31日(日)12時44分8秒
返信・引用
  大晦日 定めなき世の さだめかな   井原西鶴

さだめ難き世の中だが大晦日だけは決まったとおりにやりますの意。

みなさん一年間散人の放言戯言にお付き合い頂きありがとうございました。
いい大晦日をお過ごし下さい。 島原より
 

Re: 卵送って

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月31日(日)08時51分42秒
返信・引用
  > No.21011[元記事へ]

田屋敷酒散人さん
アップさせていただきました。
 

卵送って

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月30日(土)21時41分41秒
返信・引用
  昨日畏友 筒井ともみから電話があった。彼女は同じ年で映画の脚本家である。
知らない人でも作品を云うと直ぐ分る。映画「失楽園」の脚本を手がけた人だ。
当代一流だと散人は思っている。

「食べる女のクランクインが来年一月の中旬に決まったのよ。あなたがくれた
 卵を200個送ってくれないかしら」と云う。

半年前に「食べる女」の台本が送られてきて読むと、主人公の女たちの日常に色んな
出来事が起きるが、彼女たちはそれが良しにつけ悪しきにつけよく食べる。でラスト
シーンで期せずして「卵かけごはん」を三人がそれぞれの家でシャカシャカと食べる
のであった。

散人は島原の知り合いの養鶏場の卵を筒井に送った。その卵は色味も味もすこぶる
いいのだ。使ってもらえればと思って送った。

「あなたこれないの?」
「真冬と真夏は旅はしない」
と筒井に云った。年明けに養鶏場のオヤジと交渉に入る。主演は小泉今日子。
 

『学校の授業は大人になった今や最高のレジャー』

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月29日(金)16時01分12秒
返信・引用 編集済
  『学校の授業は大人になった今や最高のレジャー』

そんなタイトルのサイトがありました。
http://portal.nifty.com/kiji/171226201577_1.htm

おもしろい。
当サイトの関係者の方々が授業をすれば、
モノすごく面白いものができること請け合いであります。

たとえば
・散人先生の『教えましょう! 日本芸能界の裏事情』
・機械屋先生の『酒類製造免許の難点』
・龍一郎先生の『余は何故にして指を失ないしか』
・岩永先生の『実はバッカじゃないのと思ってる画家、ゴッホ』
・鰻家小にょろ先生の『名人落語家の傾向と対策』
などなど。

やってほしい先生と授業テーマを指定。
せっかくならこれを山本さんが作品化しネット発信。

おもしろいと思いますが、いかがでしょう。
 

 

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月28日(木)18時16分0秒
返信・引用 編集済
  今日、殺人事件のあった富岡八幡宮でお祓いがあったらしい。
その前に、あの一族をお払い箱にすべき。
神様も御怒りになっているはずです。
 

今年の暮れと正月

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月28日(木)11時56分3秒
返信・引用 編集済
  今回はいささか例年と違った日程になりそうです。

現在息子がインフルエンザ。
そのこともあって、マスクつけっぱなし。
今週いっぱいは人に会うことを控えています。

制作を進めている冊子が立て込み
12月30日まで勤務。
12月31日 大掃除
1月1日 島原で入所先から母を実家に迎え一族正月。
    その夜は母の一泊したいという希望に沿って酒を控えて私も一泊(薬管理あり)。
1月2日 夕食後に母を送り届ける。
1月3日から日程は空くのですが、インフルの保菌を考えるとどうしたものかと思っています。
息子も受験ですし、神社詣も。

 

わかるなぁ

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月28日(木)11時10分2秒
返信・引用
  捨兄、お久し振りであります。兄仰る「暮れ正月に家にガヤガヤと集合してほしくない」の
気持ち散人も激しく同意するものであります。

この歳になると子どもの動きはうっとおしい限りであります。ここ数年盆暮正月は一人で
過ごしております。あの正月の脂もの三昧は逃げ出したいくらい嫌で、大村湾で採れた
ナマコをお酢と醤油をかけて日本酒を頂いています。そうそうウニ、これは加津佐産のが
届きます。

後はうたた寝をします。外の往来も静かでいいのです。31日は馴染みのスナックを夜10時
に無理やり開けさせ、三不良老人が縁の女性を集め旨酒を飲みながら年を越します。
60代から20才までの女性が10人ばかり集合します。みな亭主という野暮な存在はありませ
ん。大晦日でも家事はしない人ばかりです。

三人の男とは散人、多比良ガネさん、と商工会長の三人です。
 

お!

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月27日(水)21時06分22秒
返信・引用
  こんにちは捨老さん
お久しぶりです。
よかった。
入院でもしてらっしゃるかとちょっと心配していました。
まずはよかったよかった。
 

おひさしぶりで~す

 投稿者:捨老  投稿日:2017年12月27日(水)18時45分48秒
返信・引用
  メールありがとう まつをさん
皆さまお元気なご様子で何より(^_^)V
暮れ正月に家にガヤガヤと集合して欲しくない一心で
先手を打って孫ども相手にサンタ代理の行脚は大変でした(笑)
久しぶりに戻った我が家ではありますが
我が部屋も本や資料や雑稿の崩れ山状態が続いています
所詮はデスクワークに向かない体質で
日々加老(~過労)との戦いであります(汗)
SEVEN CAFÉにはまだお目にかかったことがありませんが
そろそろ巷で一杯ひっかけて
来春まで逃げ・・・・の体勢に入ります(笑)

どうか皆様も
穏やかな暮れ正月をお迎えください 来年もヨロシク(^_^)V
 

佐藤可士和は英文オンリーでしばしば失敗している

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月27日(水)12時14分36秒
返信・引用
  こぼれ話でありますが、セブンイレブンのコーヒーメーカーのデザイナー
佐藤可士和はわが国有数の腕を持つことは疑いようもないことです。

ただ、英文に流れすぎるきらいがあると指摘されています。
例のコーヒーメーカーも日本語でこんな感じ(ページの下のほう)。
https://matome.naver.jp/odai/2140475782029730001

実は彼がデザインした英文だらけのウイダーインジェリーは売り上げが落ち、
すぐに没になったこともあります。
http://netgeek.biz/archives/91288

 

Re: 構造

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月27日(水)12時12分31秒
返信・引用 編集済
  散人さん、さすがです。
散人さんの文章の行間から、「アフォーダンスって本当はそんな概念じゃないだろ」って
十分伝わってきます。その通りですよね。

心理学的見地からは、間違いなんです。
このことは発案者ノーマンが著書『誰のためのデザイン』で述べた当初から、
アフォーダンス概念が誤解された例としてしばしば指摘されていたことを
憶えています。そうなんです。

一方、ノーマンの主張の核である「ラベルがなくてもユーザが迷わないですむ
デザインをしよう」という旗印は、多くのデザイナーに支持され、
私もあえて「デザインにおけるアフォーダンス」と表現していたわけです。

無粋な説明書きがなくても、当然使い方が分かる、
つまり人間の行動を誘導するデザインこそ粋でありまして、
そんな阿吽の呼吸を引き出すデザインこそ素晴らしいと。
 

構造

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月27日(水)11時34分23秒
返信・引用
  アフォーダンスとは認知心理学のこと。訳が分からなくなるのを認知症という。過つては
痴呆症と云っていたが人権派を標榜する一部医学学会が名称を弄(いじく)る。統合失調症
も昔は分裂症と云っていた。話がそれた。

評論家を自称している散人としてはデザインの専門家たる「まつを」さんに立ち向かうのは
非常に辛い、が歯を食いしばって己の過去の勉強の引き出しから出して立ち向かっている。
この評論家には皆さんならないほうが宜しい。殆どが専門家には勝てません。しかし立ち向かう
のであります。

でアフォーダンスに関してですが、画像の下段が完全なる失敗、残念なデザイナーの仕業。
ソシュールというスイスの近代言語学の父と言われる人が、己の意を伝える道具である
「言語」には二つの基本がある、と言いました。

ラング  文法など、社会的にみんなが共通の約束事として決められている言葉。

パロール ラングにしたがって実際に話される言葉など、個人的な意を伝える。

で下の画像はソシュールの基本を踏み外しているのです。
 

(無題)

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月26日(火)20時10分10秒
返信・引用
  息子、インフルエンザ。寒いパソコン室に入れず触れず。アップもとどこうっています。  

意匠の敗北

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月26日(火)15時15分17秒
返信・引用
  酷いですな表の画像は。野暮です。まあ野暮の反対は粋(いき)でしょう。デザインは
この「粋」を追及するもであります。じゃ粋とは何か?この「・・・・とは何か?」を
追及するのが「哲学」であるとどう見ても野暮な教授が云っていた。

粋とは散人思うに「隠す」ことだと。晴れと卦(け)の微妙な境界を表現するのが「粋」
であり、九鬼周蔵も云っている。には相当なインテリジェンスが必要であります。
歌舞伎では江戸紫。お上を憚(はば)かり地味派手いや派手地味な色彩を使う。

殆どの人が労働者の昨今、「現場主義」が大手を振るう。現場じゃ分かり辛いから変えろ
という圧力が存在する。野暮の極みに転落した様子が表の画像。

独りぽっちの野良の中お寺の鐘がなる ヤボーツとただ一つ。
 

次郎氏はウォーバーグ家の血を引く(こっちもユダヤ大財閥)?

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年12月25日(月)17時36分38秒
返信・引用
  こんな話もありました。大変興味深く読みました。

http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/1ed1a90a7eed19075ee9fdde16116c47

 

エージェント

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月24日(日)13時32分57秒
返信・引用
  白洲次郎はロスチャイルドのエージェントです。  

大変革。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月22日(金)13時29分45秒
返信・引用
  農業の話である。日本の主食は「コメ」であるとは誰でも知っている。しかしアメリカ
による日本弱体化方針の一つであった「農地開放」いらい小地主が世の中に排出され
彼らが寄って農協なる組織を作り日本の農政を歪め且つ国際競争力を喪失させて来た。

政党は票欲しさに国民の血税を「生産調整補助金」、易しく云うと「減反褒美金」を出してきた。
そんな政治家の中で小泉進次郎議員が二年前から農協の総本山JA全中と敢然と戦ってきて
遂に2018年から生産調整廃止となった。

しかし小地主の兼業農家主体の悪しき農協はここに来て農業族議員を使い反撃めいた
ことを仕掛けてきている。が大勢は決まっている。

TPP11の前には為す術がないのだ。悪を蔓延らせてはならない。
 

男子の本懐

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月21日(木)18時16分14秒
返信・引用
  本日のニュースから

「宮崎市で自宅の囲炉裏を囲み炭火で焼き鳥をしていた男性3人が倒れ、
 このうち2人が死亡しました。警察は一酸化炭素中毒とみて調べています。」

家人に私はこのニュースをきいて言いました。
「私に同じことが起きたら
 おとうさんは男子の本懐で逝っちゃったね。
 よかったねと思ってくれ」
 

Re: 見た目重視?

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月21日(木)18時08分47秒
返信・引用
  > No.20993[元記事へ]

田屋敷酒散人さん
アップさせていただきました。名言です。
 

見た目重視?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月21日(木)13時04分13秒
返信・引用
   アルバート・バーミヤンという人が実験をした。人が人に対する好意や嫌悪
 の条件を絞り込んだのだ。

 「バーミヤン法則」という。判断の三要素は、言語情報(VERBAL)、聴覚情報(VOCAL)、
 視覚情報(VISUAL)である。結果はそれぞれ7% 38% 55%だった。
 7-38-55ルールという。

 「見た目が一番」は明確である。が大人ぶって「見た目だけじゃない」と諭す人が多い
 のはどうしてか?私はこれは人を惑わす言だと思う。唯若い人に言いたいのは「美」は
 老いると消滅するものと。しかしだからせめて若いときにイケメンであって欲しい、と
 言われれば諾とするしかない。

 ハゲデブチビが嫌われいや好かれないいや遠ざけたい、どれでもいいが、三要素だと
 言われる。その内努力で改善できるのがデブだそうだ。
 私を怒らないでいただきたい、ただバーミヤン先生の法則に乗って云ってるだけです
 から。 
 

カネと宗教

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月21日(木)10時45分20秒
返信・引用
  しんのじさん、私の勝手な意見に応答して頂き、誠にありがとうございました。
確かに貴親方は「龍神総宮社」という神道系を信じてるようですね。神道は
氏子、お寺さんは檀家という信者さんを抱えているのですが、近年その数は
激減しているみたいです。

深川富岡八幡宮は別格で年間10億円稼いでいたみたいであの凄惨な殺人事件も
カネ絡みの単純な動機です。しかし殆どの神社仏閣は手元不如意だそうです。
ですから広告塔としての貴親方を必要としたのでしょう。

近代人の変化、それは唯心から唯物に変わったときから宗教の凋落は始まって
いて貨幣経済のミンスター化、おカネで解決出来ないものはない、と言う思想?
の前には宗教であろうと倫理であろうと「無力化」してしまいました。現に宮司
という司祭達が骨肉相食む殺し合いまでしてしまった。おカネに完全に負けた
のです。

あっ!貴親方の話が「宗教とカネ」になってしまいました。地獄の沙汰も金次第、
ゴオーン(鐘の音)。
 

ねえ、散人さん・・・

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年12月20日(水)18時25分30秒
返信・引用 編集済
  モンゴル同盟の星の回し合い、譲り合いが目に余るのは確かだけれど、
貴さんだって、かつて兄貴との優勝決定戦であからさまな無気力相撲
をとったことがありますからね。一度だけとはいえ、事実は事実。師
匠であった父親からの命令だったとの説もありますが。

心情的には貴さんを支持していましたが、さすがにここまでゴネるに
至っては、協会との折り合いは難しくなるしかありません。彼にも間
違いなく泥沼化の責任の一端はあるでしょう。神道系の新興宗教に心
酔しているなんてネタで突つかれたり、各勢力からの総攻撃(宴会で
の女装写真まではよしとして(笑))に晒される貴乃花も見たくありま
せん。彼、純粋だけど幼いのでしょう。痛々しい。
 

二つだけ。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月20日(水)14時40分27秒
返信・引用
  いまだに日本相撲協会の内紛をメディアは報道し続けている。いい加減にせい、と言いたい。

・横綱日馬富士が平幕貴ノ岩に暴行した。
・日馬富士が引責引退した。

でもう既に終わっているのだが。横審のじいさん方が「日馬富士は引退勧告に相当」なんて
今更に云う寝ぼけ発言。
週刊誌やタブロイド紙は「ガチンコ対八百長」の図式まで持っていこうする魂胆だが、
協会寄りのNHKや全国紙はそれをウヤムヤにしたい気持ち。
私思うに相撲は興行であり芝居までとは言わないが「やや真剣味のあるプロレス」ぐらい
に思ってていい、大人なら。

でまだ長引くんだろうなきっと。
 

やっと見つけた。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月20日(水)10時29分10秒
返信・引用
   現代文学は「村上春樹」以降殆ど読んでいなかった。それは私にとって幼すぎて
 読む気になれなかったのだ。特にここ10年は出版不況でお笑い系やミュージ
 シャンに直木賞なんかくれたりして、大衆の本離れを食い止めようと見え見えで
 噴飯ものであった。

 しかし多和田葉子という作家に出会った。ドイツ在住で日本語とドイツ語で書く。
 次々と実験的、この際の実験とは両国の言語の差異をいかにして埋めるかなのだが、
 ガキ共の嘘くさいまた幼稚な「私」を徹底的に排して言葉そのものに語らせるのだ。
 ウエットなナルシズムとは無縁な作品である。

 ここ十年は多和田葉子を追いかけるつもりだ。
 今回は「言葉と歩く日記」。
 

Re: 今日も長崎

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月18日(月)16時36分16秒
返信・引用
  > No.20987[元記事へ]

なんと。
 

今日も長崎

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月18日(月)14時57分10秒
返信・引用
  土曜日矢太楼で銀行の宴会に参加し夜半島原に舞い戻り昨日は食事以外は
横たわって身体をいたわった。
今日もまた四時から長崎に向かう。H・ニュー長で大村室内楽のクリスマス
デイナー演奏会に参加するため。今日も夜中の帰り。
苦行僧のように粛々と難行をこなしていく散人であります。
 

おめでとうございます

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年12月15日(金)18時03分3秒
返信・引用
  散人さん、お誕生日おめでとうございます。
叶うならば参上しとうございました。ますますのご活躍、ご乱行(失礼!)
を期待申し上げますと共に、ご厚誼のほど宜しくお願いいたします。
 

酒と妙齢に溺れる

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月15日(金)14時54分12秒
返信・引用
  昨夜 散人誕生日とて市内居酒屋「一休」に友人たちが集合。一二の十一名男子四名、余命
があまりないのは散人で女性が7名。下は21才上は61才の間40年の開きあり、飲み且つ
食べており。多比良ガネ氏より「グラッパ」なるイタリアの酒を頂く。これぶどうの絞りかす
を蒸留したものらしい。島原は本当にいいとこで料理が止めどなくでて、まるで相撲
の新弟子に無理くりに口に食べ物をツッコムさまなり。が女子というか女性というか彼女らは
よく食べるのであった。

スナックのママが都合四人もいたのでそのあと夜の島原酒場巡礼が始まった。賽銭なら千円
程度で済むが彼女らの生活を考えるとそうはいかない。お遍路は果てしなく続いたので
ありました。そろそろ所沢の奥さんに送金をおねだりしないと年を越せないかもしれないなぁ、
ブルブル寒い。
 

Re: 年末佳境

 投稿者:いわ  投稿日:2017年12月13日(水)11時06分47秒
返信・引用
  年賀状、父の三回忌を済ました翌年から止めました。
メイル、SNS でつながる人べき方とはつながっているのが主な理由です。
ただ、高齢者には出してます。
その数は、二十位かな。
家内は相変わらず、300ほど出すようです。
干渉はしません(^_^;)


田屋敷酒散人さん

> 何を忘れたいのか理解できないが巷には忘年会が溢れ出す季節。ご多分に漏れず
> 散人にも「出てくれ」の誘いはあるが、「一応誘いましたが何ぶんにもあなたは
> 私どもと年が離れすぎていますので部下を出して下さい」という本音がひししと
> 理解出来るので殆どの場合仕事上の忘年会には部下を出している。
>
> もうそろそろ止めてもいいと思っていることは、お歳暮と年賀状。このSNS時代に
> 「お元気ですか?」なんて無意味とだと思うが如何?
>
> という訳で年の瀬は忙しいのだ。
 

 

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月13日(水)08時27分38秒
返信・引用
  賛同です。
年賀状は徐々に減らしていっております。
毎年賀状だけで名を見る関係はいかがかと考えております。
 

年末佳境

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月12日(火)12時33分17秒
返信・引用
  何を忘れたいのか理解できないが巷には忘年会が溢れ出す季節。ご多分に漏れず
散人にも「出てくれ」の誘いはあるが、「一応誘いましたが何ぶんにもあなたは
私どもと年が離れすぎていますので部下を出して下さい」という本音がひししと
理解出来るので殆どの場合仕事上の忘年会には部下を出している。

もうそろそろ止めてもいいと思っていることは、お歳暮と年賀状。このSNS時代に
「お元気ですか?」なんて無意味とだと思うが如何?

という訳で年の瀬は忙しいのだ。
 

空なる神道

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月11日(月)11時28分12秒
返信・引用
  「神道はなぜ教えがないのか」島田裕巳

開祖も宗祖も教義も救済もない神道。
 

お籠りじじい。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月 9日(土)11時36分4秒
返信・引用
  しんのじさん、江田島行ですか。私の亡くなった父方の叔父も江田島の海軍兵学校
出身でした。感慨深いです。

引き換えわが身は毎週末夜の巷に埋没しております。知盛卿の「見るべきものは見つ」と
壇ノ浦に身を投じた心境にはまだ遠いのですが、やや近いものはあります。この14日親しい
人十人ばかりで我が69才の誕生日を祝ってくれるそうで、「一期は夢ぞ、ただ狂え」的な
挨拶をしようと考えております。いよいよ来年には前期高齢者に突入します。

昨夜もN新聞社の記者と隣り合わせになり彼が聞くので「障害者と社会」という話を
しました。時々若者が意見を聞いたりるののでこのじいも必要とされているのかな、
と思います。

今日もまた書を読み、昼寝して夜の巷に出てネーチャンの手を握り「エロじじい」なんて
罵倒を浴びながら悦にいる散人がいるのであります。もし島原にどなたかいらっしゃる
なら声をかけて下さい。
 

Re: 愚かなオジサンの週末

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月 9日(土)09時21分10秒
返信・引用
  > No.20975[元記事へ]

しんのじさん
アクティブなご様子をきいて、
これは私もしっかりせんといかんと気合が入りました。
ご一緒しましょう。
 

Re: どもども

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月 9日(土)09時19分44秒
返信・引用
  > No.20977[元記事へ]

くにひろさん
先般はお世話になりました。
その際の記録はこちらにアップしています。
http://nagasaki-netradi.sakura.ne.jp/archives/2017_12/index.html
楽しかったですね。
また機会をとらえて一緒に歩いてください。
ご一緒される方がいらっしゃったら、カメラ片手にぶらりとしませんか。
いつでもお気軽にどうぞ。カメラはスマホでも何でも構いません。
 

Re: どもども

 投稿者:くにひろ  投稿日:2017年12月 9日(土)07時17分49秒
返信・引用
  写真アップ  

Re: どもども

 投稿者:くにひろ  投稿日:2017年12月 9日(土)07時14分48秒
返信・引用
  まつをさん
先週はありがとうございました。
遅ればせながら雲海の写真。
小島中学校の上から長崎市街はこう見えてました。

> 今朝、起きると霧。
> 一面の濃霧。
> じゃあ、行ってくるねと家を出て
> 5分坂道を下ると晴天。
> え?!
> 雲海の中にいたのでした。
> 家人によると、9時ぐらいまで晴れなかったとのこと。
 

愚かなオジサンの週末

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年12月 8日(金)22時28分28秒
返信・引用 編集済
  愚かなオジサンの、笑える近況報告。

3週前は、飯香の浦のビーチで、気温5度の中、ボートから2回飛び
込んでました。職場で上映する映画の撮影で、タンクトップのランボ
ースタイルはなかなか寒かったですが、脂肪が少々あるので大丈夫。

2週前は、職場関係の緩和ケアの研修会主催で週末を過ごしました。
ちょっと真面目モードだけど、2日間缶詰で、ヘトヘト。やる気のあ
る若い研修医くん達を目の当りにし、ちょっと安心。

1週前は、念願のベビーメタル、スーメタル生誕祭にて、広島へ参戦。
生憎、しんのじ押しのユイメタルは病欠でしたが、二人っきりのベビ
メタちゃん、鬼気迫るパフォーマンスで魅せてくれました。

広島は、伯父が原爆で亡くなった地にして、祖父が長年、海軍兵学校
で教官として過ごした地なのです。ドーム前の慰霊碑と、江田島詣で
をしてきました。旧・海軍兵学校跡は、今も海上自衛隊の士官候補生
育成学校として有為な人材を輩出しているそうです。

今宵の一曲は。スーメタルの歌うバラードで、僕が一番好きな曲の一
つ、「No Rain,No Rainbow(雨が降らなきゃ、虹は出ない)」。

https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=no+rain+no+rainbow&tid=c6ff14cfbf73856b87c6a19bf6af74ff&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1

 

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月 7日(木)12時55分37秒
返信・引用
  「百年の散歩」 多和田葉子

ベルリンの街歩きの書。このジャンルを日本で築きあげたのが永井荷風。東京市中の
様々な場所を散歩し先人の文人達を思い浮かべる。称して「散歩文学」という。
「まつを」氏もその要素あり。車で通り抜けては決して発見できない。

「百年」というタイトルは百年前のベルリンに暮らしていたヴァルター・ベンヤミン
をはじめとするさまざまな作家芸術家達へのオマージョも含まれている。

カント通り、カール・マルクス通り、マルティン・ルター通り、プーシキン通り、
ワーグナー通り、など。
 

開戦予兆

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月 6日(水)13時59分26秒
返信・引用
   11月29日 北朝鮮 新型の大陸間弾道ミサイル発射

 12月 1日 中国当局は有事の際北朝鮮の中国留学生の緊急撤退に備えてる。
     香港の英字新聞 モーニング・ポスト

 12月 3日 在韓国米軍兵士家族の退避要請。
     米共和党上院議員 グラム氏が要請

 12月 4日 史上最大規模の米韓合同軍事訓練「ビジランド・エース」
     が行われた。

 他に日本では報道されなかったが中国が北京平壌間の航空便を無期限停止。
     大紀元の報道  
 

Re: テレビバカ

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月 5日(火)20時20分28秒
返信・引用
  > No.20971[元記事へ]

アップいたしました。
 

テレビバカ

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月 3日(日)14時08分44秒
返信・引用
  今回の日馬富士殴打事件は世間よくあるもので取り立てて大騒ぎするようなことで
はないと思っている。しかるにスナックでのおじさんおばさん方は、世間に情報源は
テレビしかないのでバカ意見を云う。日馬富士も悪いが貴乃花親方も悪いなど
大岡裁きでもするかのように云う。

刑事事件と相撲協会内規抵触を同列に扱う無定見な意見を云うのだ。私は日本や日本人
は好きだが最近の巷の人々、特に中年以降の者の頭の劣化が甚だしい。
で書家の井上が拙宅にいたので「戦後民主主義のなれの果てだな」と散人が云うと井上も
同意した。

戦後農地解放で小作人が小地主になった。なったはいいがそれまでの地主責任、納税、
種の温存、土地整備、後継者育成などはどこ吹く風で行政にみな押し付け農協に
泣きつき国民の税を食い尽くしてきた。

でテレビという政府や企業のプロパガンダに骨の髄まで浸食されてしまい、今国会
での「森掛問題」ではかなり重要な質疑が行われているのもかかわらず、巷の
小地主の輩は話題にもしない。世も末とはこのことだ。
 

Re: スコッチ

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月 3日(日)07時35分46秒
返信・引用
  > No.20969[元記事へ]

> スコッチでは、ディンプルが好きです。

あ、呑んだことないなぁ。
私にはちょっと高いけど、機会あったら呑んでみます。
 

スコッチ

 投稿者:いわ  投稿日:2017年12月 2日(土)22時41分30秒
返信・引用
  スコッチでは、ディンプルが好きです。
味がとか言うのではなく、喉越しが少しヒリつく感じがなんだか気持ち良いというのが理由です。
格好つけて言ったら、スパイシーな感じが、とでも言うのでしょうか(^_^;)
 

Re: 蕎麦仲正

 投稿者:まつを  投稿日:2017年12月 2日(土)18時00分9秒
返信・引用 編集済
  > No.20966[元記事へ]

> 岩川町の狭いアパートを見つけて晩御飯の契約を近くにあった「仲正」に頼んでしてもらった。

なんと。
これはまた奇遇な。表にアップさせてもらいました。
今度機会を見つけて仲正に呑みに行ってみませんか?
センチメンタルジャーニーというやつです。
簡単な蕎麦屋のアテで呑む。
営業は夜8時までのようです。
 

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月 2日(土)14時21分26秒
返信・引用
  「お金 2.0」佐藤航陽著 幻冬社

新しい経済をどう生きるか?
「時間」を売買する経済システム。「タイムバンク」を発明したメタップス創業者が
明かす、資本主義の先の世界。
 

蕎麦仲正

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年12月 2日(土)13時24分42秒
返信・引用
  長崎の岩川町の蕎麦屋さん「仲正」と「まつを」さんが表に書いた。私は一瞬目頭が
滲んで来た。

それは・・・私の人生を決めた一年が「仲正」と深い関わりがあったからだ。私は昭和42年に
島原の高校を卒業した。担任教師は「君が合格する大学はひとつもない」と断言した。「医者
の子は医者になる」が暗黙知のようにあったが兄が医大に合格すると母はもううるさく勉強の
成績に関して言わなくなった。それを良いことに私は受験勉強を放擲した。ラグビーと女に
のめり込んだ。結果浪人。長崎の予備校に入った。岩川町の狭いアパートを見つけて晩御飯の
契約を近くにあった「仲正」に頼んでしてもらった。

日曜日の昼に皿洗いをするという約束で格安の月極料金で晩御飯を出してもらった。
しかし亦しても「女」にのめり込んだ。その女性の父は長崎市役所勤務だったので「経済学部」
を受験しますと心にもないことをその娘の父親に云って付き合いを許して貰った。甘言をいって信頼を勝ち取るということだけは長けていた。こう言えば大人は喜ぶということを分かっていた。
ある種の「極道精神」をすでに身に付けていた。

が夏休みに東京の私立K大に入っていた友人Mが「おい散人よ、こんな田舎はダメだ、東京だ、
きれいなねえちゃんがわんさかおるぞ」と云った一言で気持ちが変わった。それから少しは
勉強した。翌年無事東京の私立H大に合格した。

亦しても母を捨て彼女を棄て長崎を棄てた。同世代の「ペコロス」さんと似ているのだ。
行った東京は学生運動で騒乱状態であった。投獄されアル中になり女と佐渡まで逃避行
などなど「極道生活」に拍車がかっかっていった。それは後の話であります。
 

どもども

 投稿者:まつを  投稿日:2017年11月27日(月)19時17分55秒
返信・引用
  今朝、起きると霧。
一面の濃霧。
じゃあ、行ってくるねと家を出て
5分坂道を下ると晴天。
え?!
雲海の中にいたのでした。
家人によると、9時ぐらいまで晴れなかったとのこと。
 

レンタル掲示板
/322