teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


39条

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月26日(水)15時25分6秒
返信・引用
  あの痛ましい「相模原事件」から今日は一年目に当たります。

現状は裁判所における公判の見通しが立ってない情況です。
何故なら検察側精神鑑定が異例の五ヶ月かかりました。
裁判では弁護側の鑑定が行われるのは必至でありまたどれぐらい月日が
かかるのか分からない状態であります。

皆さんご承知のように刑法39条に、1、心神喪失者の行為は罰しない、2、・・・
はその罪を軽減する。
とあり弁護側は頑張るだろうということです。

39条は日本は明治になってドイツ法を倣って条文化しましたが、ドイツ法は
ローマ法に倣っています。意外と古くから「心神喪失者免責」は存在しました。
 
 

Re: なにを考えるの?

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月26日(水)02時38分42秒
返信・引用
  > No.20711[元記事へ]

うへっ、難し。訳しちゃお。

アリストテレス「命題論」4章

言葉ってなね、論理的にいつも使うってわけじゃなくてね。
たとえば、詩とか論理的じゃないし、聴衆の心を動かすための技術である弁論なんてのも、実は論理じゃないんだよね。
だ~か~ら~、そんなのは、ここでは考えないでおこう。
論理的な言葉の使い方について、ここでは考えていこうね。
 

おそるべしクッキングチーム

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月25日(火)19時12分32秒
返信・引用
  その対応の早いこと。  

そうです。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月25日(火)18時37分7秒
返信・引用
  当然ニーチエも引き継いでいるから当然そうでしょう。
社会科学というのでしょう。
 

アリストテレス

 投稿者:夕凪  投稿日:2017年 7月25日(火)17時40分41秒
返信・引用
  的外れな意見だとはおもうのですが…

祈りの言葉などは考察対象から除外するという部分は、ニーチェの「神は死んだ」に通ずる印象を受けます。

真か偽か、答えを導きだせる言葉というものが哲学的という解釈になるのでしょうか。
 

なにを考えるの?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月25日(火)12時57分44秒
返信・引用
  「まつを」さんの「阪大学部長式辞」でかって学習したことを思い出した。

アリストテレス「命題論」4章

 言表はすべて対象を表示するものだが、道具のようにではなく、すでに述べられた
 ように、取り決めによって表示するものである。また全ての言表が命題的である
 わけでもなく、真または偽である言表が命題的である。例えば祈りの言葉は言表
 ではあるが、真でも偽でもないように、すべての言表が真であったり偽であったり
 する訳でではない。しかしこういった他の種類の言表は考察対象から除外すること
 にしよう。そうした言表の考察は現在の研究よりも弁論や詩作の研究で行われる
 ものだから。そして命題的言表が現在の考察対象である。

 哲学的文とは命題的文のことである、と明確にアリストテレスは云っている。
 

Re: 生ハム完成

 投稿者:機械屋  投稿日:2017年 7月25日(火)08時59分42秒
返信・引用
  > No.20709[元記事へ]

しんのじさん、あめこんこさん

同様に参加でお願いします。

> しんのじさん、例の生ハムがとうとうですか!
> ぜひとも、生ハム完成記念パーティに同行させてください。
>
> 10月の上旬は出張予定が入っているで、その日程でないことを祈ります!
> この暑い夏を無事に越して欲しいですね。←主語は生ハム
 

生ハム完成

 投稿者:あめこんこ  投稿日:2017年 7月25日(火)08時19分30秒
返信・引用 編集済
  しんのじさん、例の生ハムがとうとうですか!
ぜひとも、生ハム完成記念パーティに同行させてください。

10月の上旬は出張予定が入っているで、その日程でないことを祈ります!
この暑い夏を無事に越して欲しいですね。←主語は生ハム
 

夏は来ぬ ほか

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年 7月25日(火)00時49分38秒
返信・引用
  国や地方の林業行政の拙さが元凶となったような各地の豪雨被害を経て、
どうやら日本列島にも本格的な夏が到来したようです。4、5年前から、
自宅ではほぼ一切冷房を使わなくなった(音楽室だけは別(笑))のです
が、居間である2階の部屋は、早くも32度オーバー。扇風機でどうにか
外気を回し、今から約ひと月半、家で発汗しながら過ごす生活を楽しむ
こととしましょう。

業務レンラク:機械屋さん、あめこんこさん、例の生ハムの完成パーテ
ィー(たぶん配布前の)が、仕込みと同じ場所で10月にあるようです。
有償となりそうですが、ご参加希望の有無をお知らせ下さい。

 

Re: なんでも屋

 投稿者:いわ  投稿日:2017年 7月24日(月)19時57分12秒
返信・引用
  私が学生の頃(今もかも)、私の母校では畜産の学生の実習最大のイニシェーションイベントは、豚の去勢でした。
専用の器具が、あるのでクリーンに一瞬でたいした出血もなく終わるのですが、どうしてもできない学生もいます。それで単位を失うことはないのですが、成績は下がります。

牡牛の去勢もあるのですが、こっちは大きなヘアクリップみたいので、袋の根元を挟むだけで、何かを切り落とすというショッキングな光景にはならないので、豚ほどの大事ではなかったですね。

田屋敷酒散人さん

> しんのじさんの話で思い出しました。
>
> 昭和30年代、私の父は当時では島原市内唯一の精神科医でした。市内の郊外の
> 杉谷村に病院はありました。医師は父ともう一人居たがその人は超高齢でした。
> 父には村中からいろんなことが舞込んできました。精神科以外に、
>
> ・人のお産
> ・牛馬のお産
> ・怪我の治療
> ・往診
> ・今で云う最期の看取り
> ・ブタの去勢
> ・小学校の校医(当時はやたらと予防接種が多かった)
> ・骨折の治療
> ・馬の種付けの指導
>
> 特に思い出すのはブタの去勢です。病院の庭に数人の男たちがブタを押さえつけ
> 父がメスでもってブタの睾丸を切り落とすのです。ブタの断末魔の声が悲しみ
> に満ちた大音声があたりに響き渡る、血が大量に流れ出る、のを見てまだ小学生
> だった私はその場で立ちすくみ震えておりました。
>
 

文学部って何の役に立つの? 阪大学部長の式辞

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月24日(月)18時40分16秒
返信・引用
  以下引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-00000001-withnews-sci


 「みなさま、本日はご卒業・修了まことにおめでとうございます」と始まり、ここ数年間の文学部・文学研究科をめぐる社会の動向について、「人文学への風当たりが一段と厳しさを増した時期であったとみることが出来るでしょう」とふり返ります。

 「税金を投入する国立大学では、イノベーションにつながる理系に重点を置き、文系は私学に任せるべき」といった意見が出たことなどを挙げながら、「文学部で学ぶ哲学・史学・文学・芸術学等の学問を学ぶことの意義は、どのように答えたらよいのでしょうか」と問いかけます。

 「医学部」「工学部」「法学部」「経済学部」などの実例を挙げた上で、「先に挙げた学部よりはるかに少なそうです。つまり、文学部で学んだ事柄は、職業訓練ではなく、また生命や生活の利便性、社会の維持・管理と直接結びつく物ではない、ということです」とした上で、こう述べます。

 ◇ ◇ ◇

 「しかし、文学部の学問が本領を発揮するのは、人生の岐路に立ったときではないか、と私は考えます」

 「今のこのおめでたい席ではふさわしくない話題かもしれませんが、人生には様々な苦難が必ずやってきます」

 「恋人にふられたとき、仕事に行き詰まったとき、親と意見が合わなかったとき、配偶者と不和になったとき、自分の子供が言うことを聞かなかったとき、親しい人々と死別したとき、長く単調な老後を迎えたとき、自らの死に直面したとき、等々です」

 「その時、文学部で学んだ事柄が、その問題に考える手がかりをきっと与えてくれます。しかも簡単な答えは与えてくれません。ただ、これらの問題を考えている間は、その問題を対象化し、客観的に捉えることができる。それは、その問題から自由でいられる、ということでもあるのです。これは、人間に与えられた究極の自由である、という言い方もできるでしょう」

 「人間が人間として自由であるためには、直面した問題について考え抜くしかない。その考える手がかりを与えてくれるのが、文学部で学ぶさまざまな学問であったというわけです」
 

尊敬と背離

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月22日(土)09時31分28秒
返信・引用
  そんな、村中から「先生、先生」と慕われている父を私は尊敬してました。
母は「お金もらえばいいのに」と愚痴を言ってましたが。それでも時折
家の玄関先にドサッという感じで野菜や牛ブタの肉などが置いてありました。

父を尊敬はしていたけど自分にはとうていあの仕事は出来ないと、母の
厳しい勉強強要に「面従腹背」して母があきらめるまで成績を落としました。
 

なんでも屋

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月22日(土)09時19分57秒
返信・引用
  しんのじさんの話で思い出しました。

昭和30年代、私の父は当時では島原市内唯一の精神科医でした。市内の郊外の
杉谷村に病院はありました。医師は父ともう一人居たがその人は超高齢でした。
父には村中からいろんなことが舞込んできました。精神科以外に、

・人のお産
・牛馬のお産
・怪我の治療
・往診
・今で云う最期の看取り
・ブタの去勢
・小学校の校医(当時はやたらと予防接種が多かった)
・骨折の治療
・馬の種付けの指導

特に思い出すのはブタの去勢です。病院の庭に数人の男たちがブタを押さえつけ
父がメスでもってブタの睾丸を切り落とすのです。ブタの断末魔の声が悲しみ
に満ちた大音声があたりに響き渡る、血が大量に流れ出る、のを見てまだ小学生
だった私はその場で立ちすくみ震えておりました。
 

Re: 夏が来ると思い出す

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月22日(土)01時52分41秒
返信・引用 編集済
  > No.20700[元記事へ]

田屋敷酒散人さん

>  十字軍が「正戦」と認定され編成された。

賛成。正義から戦争は起こる。
歴史を学ぶのは、このことを学ぶためでもあります。
「私は正義だ」 そう思うことによって戦争は起こってきました。
特に近代以降そうです。大義名分がなければ民は動きません。


>  現代の「正戦」を唱えるのは米国で自国の戦争は全て「正戦」と言う。

これが恐れていることです。

北朝鮮の核ミサイルは使えません。
1. 核ミサイルは使えない兵器である。使った途端、北朝の体制は崩壊する事態に追い込まれる。
2. 北朝の現体制崩壊を望んでいる周辺国はいない。
_韓国……南北統一すると、かつての東西ドイツ統一時のように国力が低下する。東ドイツ難民が西ドイツに押し寄せ、低賃金労働者が国内に充満し、経済が崩壊する。韓国はIMF管理国となるほど国力が落ち、南北統一できる力は現在ない。
_中国……外交交渉の切り札としての北朝を失いたくない。
_ロシア……中国、そして米国軍のいる韓国との緩衝地帯である北朝があってくれたがいい。
_日本……南北統一によって生じるパワーバランスの混乱を避けたい。
3. アメリカはしばしば政権弱体化の際、国外にスケープゴートとしての敵をつくり、国内をまとめてきた歴史がある。これが北朝にからむ最大のリスク。



>  「対米従属」を通じての対米自立が憲法改正を唱える一派の考え方だろうが、どうも頓挫しそうである。

同感です。
テロ対策特別措置法の成立後、潮目が変わったと思っています。
 

しんのじさん

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月22日(土)01時34分49秒
返信・引用
  ありがとうございます。
コメントを表にアップさせていただきました。
 

そういう事なんです

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年 7月21日(金)23時07分20秒
返信・引用
  2025年問題、まつをさんの秀逸なまとめの通りだと思います。

解決策としては、一番有望なのは「真の地域包括ケア」を造り上げる
事だろうと思います。つまり、地域自体が緩やかな義家族を再結成し、
自宅自体がホスピスであり病院(在宅ケアの充実)となる形を造る。

つまり、昭和40年代以前の日本にタイムスリップするしかない訳です。
若いけれど往診をバリバリやる医師を沢山作らねばなりません。患者
に寄り添い一喜一憂する楽しさと生き甲斐が、ある程度日常生活を縛
られるデメリットを上回るよう、何らかの救済・相補・インセンティ
ブ的なシステムを日本全体で考えていく事が急務であります。

長崎市の「在宅ドクターネット」は、まさにその嚆矢として全国に先
駆けて「街に出る」若き開業医のスタイルを確立してきております。
後は、30代、40代の中堅医師にどう繋いでいくか、しばらくもがいて
いかねばならないようです。
 

夏が来ると思い出す

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月21日(金)14時36分18秒
返信・引用
   ローマ帝国の時代、正しい戦争と正しくない戦争を区別する「正戦論」が
 確立された。ローマ帝国とカトリック教団が主体となって論議された。
 「聖戦」とは異なる。
 で十字軍が「正戦」と認定され編成された。

 話は飛ぶが、このほど核兵器禁止条約が締結されたが肝心の世界唯一の被爆国
 である日本政府は参加しなかった。

 現代の「正戦」を唱えるのは米国で自国の戦争は全て「正戦」と言う。
 日本は原爆を落とした米国に追従することで戦後独立した。この皮肉なねじれ、
 あたかもストックホルム症候群的追従で今までやってきた。だから被爆者が
 どう叫ぼうが「米国追従国家」なのである。

 「対米従属」を通じての対米自立が憲法改正を唱える一派の考え方だろうが、
 どうも頓挫しそうである。
 

台湾近親感

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月21日(金)11時53分55秒
返信・引用
   蓮舫民進党代表の「二重国籍」に関しての会見があったが、どうも付焼刃感
 が否めない。
 しかし散人としては「まぁいいじゃないか」と思う。

 理由は敗戦後1952年 いち早く日華(台湾)平和条約を締結し、台湾は日本に
 対する損害賠償請求を放棄した。時の総統蒋介石を「以徳報怨」の一つとして
 多くの日本人に受け止められた。お隣の韓国とは大きな違いである。

 私は1948年生まれだけども「日台友好」は両親も口にしてたように憶えてる。

 だから恩義ある台湾とのハーフはまあいいじゃないかと私は思うのであります。
 多数の人が賛同しないと分かりながら述べさせて頂きます。
 

沁みます

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月20日(木)17時07分46秒
返信・引用
  沁み入るお話、2編です。
合掌
 

大都市の危機

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月20日(木)15時18分36秒
返信・引用
  大量に高齢者が出現する2025年。東京圏は、

高度成長期に地方から移り住んだ「かっての若者たち」が、年齢を重ねて急速に高齢化
が進みつつあり医療機関や福祉施設の不足がより一層深刻になる。

(この件に関して国や自治体は、10年を切ったいまでも対策をたてられない)

大都市はビジネス中心の街づくりをしてきたため、とりわけ介護の基盤整備が遅れている。
(施設の土地取得に関して補助金が出ないのが大きな要因)

東京医療・介護地獄とは
2011年に比較して、2025年の東京都の
脳血管疾患の入院患者は53%増、糖尿病は39%、虚血性心疾患は37%、
総数で入院患者は34%増、外来は11%増。(日医総合政策研究機構)

老後も東京圏に住み続けるのは、介護難民に陥る覚悟をしなければならない。

未来の年表より。
 

悲しみは影法師。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月20日(木)12時53分36秒
返信・引用
  昨日高校時代の同期生たちと雲仙でゴルフをした。曇り日だったので時期の割には
快適にできた。
帰りは山田君の車に乗せてもった。車中山田君が、
「あれ以来雲仙は初めて来たよ」
(八年前山田君の長男は雲仙の公共駐車場で車内に排気ガスを引き込み自殺したのだ)
「女房が、もうそろそろふんぎりつけるため行って来たほうがいいよて云ったので」
(当初は奥さんのほうがショックの度合いが大きくうつに陥っていたが)
「今小学生にバスケ教えてる、なにもしなより気が紛れる」
(山田君は高校の体育教師だった)
「もう泣かなくなったよ。以前はカラオケの歌詞でも泣いていた」
(自分を責めたのだ。もっと息子にああしてとばよかったのに、と自責の念に苛まされた)

 といいながらそれでも運転しながら鼻をすすり上げていた。
 私は「そう」「うんうん」「やはり」とか簡単な相槌をうつしかできなかった。

 対岸の熊本の山々が薄雲の中に見えていた。

 生きていく君をただじっと見つめているだけ♪
 岡林信康 君に捧げるラブソング
 

夕凪さん

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月19日(水)18時54分11秒
返信・引用
  よくぞ、当サイトのバグを見つけてくださいました。
ありがとうございます。
道理で最近メールがめっきり来ないなと思っていました。

私もやってみましたが、同じようなことになり、メールが送れませんでした。
早速応急措置をサイト全般に施しました。

こちら↓から送付ください。新しいメールフォームです。送信できることも確認済みです。
http://nagasaki-netradi.sakura.ne.jp/mailform/wwwmail.htm
 

(無題)

 投稿者:夕凪  投稿日:2017年 7月19日(水)12時45分46秒
返信・引用
  まつを先生、遅くなり申し訳ありません!

お声掛け恐縮ですが、ありがとうございます!

メールを送信させて頂いたのですが、「name値に不正な文字が含まれています」との画面に移り
送信が困難な状況です。

お手数おかけして申し訳ありません!再度、ご教示いただけますでしょうか。
 

とわの夢 Ⅰ

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月18日(火)01時11分28秒
返信・引用
   三月に中二の少年の勉強を看るようになった。週一金曜日に一時間だけである。
 一時間しか集中力が持たないと思ったからだ。
 切っ掛けは行きつけのスナックの女性が「長男は中二だけどこの前の数学の
 点数は6点だった」と情けない顔して云った。僕はつい笑ってしまった。
 話しているうちつい面倒みていいと云った。「金はいらん、その代り成績が上がったら
 本人に何か買ってやれ」と云った。

 次の日母親から電話があった「あの子が習うといった」とやや興奮気味だった。
 あの6点の「とわ(本人の名)」が、死火山が鳴動した感ありのびっくりだった
 のだろう。

 今まで面倒みたのは二人だった。一人は娘。これは我が子だから楽だった。殴っても
 誰からも苦情が出ない。鼻血がでるくらい数回殴った。小学五年から始めた。
 中学に入るともう何もしないでいいくらい成績が上がった。勉強クセが付いたのだ。
 次は島原に帰ってから行きつけのすし屋の長男だった。中一だった。試験で30点
 くらいだった。この子も一年間でクラス上位までになった。

 とわが来た。
 「とわ君、将来何になりたかと?」「うう・・・ん、美容師」
 「それは中学だけで成れると?」「いや、高校出てから専門学校」
 「そうか、じゃ高校行かんとダメたい」「・・・・うん」
 それからもう何もいうことなく勉強し始めた。とわにはお父さんがいない。
 自分のお父さんが一時間だけ側について分からないとこがあれば指摘する
 雰囲気にとわ君は安心を感じたのだろう。6点の子にあれこれ言ってもしかた
 ないのである。こっちは我慢強く見ててあげるのが肝心である。

 二か月後に試験があった。とわ君は中三になっていた。
 母から電話があった。「とわが数学で42点取ったとよ」と興奮気味に云った。
 すすり泣いているようにも感じた。「うん、今後このままで行けばどっかの高校は
 行ける」と僕は云った。

 母親は子供二人かかえて昼も夜も働いている。必死なのだ。
 しかし子供の勉強までは手が回らないのが実情。塾にやる余裕もない。
 でも高校は出て欲しい。

 六月初めの金曜日とわ君にうれしいことがあった。
 

Re: ソクラテス先生

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月17日(月)22時12分13秒
返信・引用 編集済
  > No.20688[元記事へ]

夕凪さん

よかったら解説しましょうか(笑)。
島原にしばしば行ってますので(来週はいけません)、
のみながら解説いたしますよ。
奥様のご懐妊ゆえに、夜の時間もとれましょう。
携帯の電話教えてください。ここ
http://nagasaki-netradi.sakura.ne.jp/mailform2/postmail.html
 

おっ! また皆様の読書ブーム

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月17日(月)21時27分20秒
返信・引用
  私もいっちょ噛みします。
表に読書の話題をアップ。
 

未来の年表。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月17日(月)15時21分37秒
返信・引用
   上記の本が届く。

 ・2020年 女性の半数が50才超え
 ・2024年 全国民の3人に1人が65才超え
 ・2027年 輸血用血液が不足

 と人口減少日本でこれから起きること 河合雅司著
 

そんなに正しいのか?!

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月17日(月)15時04分29秒
返信・引用
   俳優の渡辺某がマスコミの連中に引きずり出され、己の不倫(以前は粋に浮気と
 いっていたが今は無粋に不倫という)を「すみません」と謝っていた。
 個別的な男女問題を満天下に披瀝してどうするのか!
 突っ込む記者連中はスネに一片の傷もないといいきれるのか!
 日本を代表するハリウッドスターと持ち上げて一気に落とすのか。

 人様の寝間覗くような下品な「不倫追求」に正直吐き気がした。
 「テレビの視聴者は皆市中引き回しの見物人よ」と低俗な事柄を次々と映し出す
 スタッフたち。

 ルサンチマン花盛り。

  
 

ソクラテス先生

 投稿者:夕凪  投稿日:2017年 7月17日(月)14時06分42秒
返信・引用
  散人さんから「超入門編だからね。」と、お借りしている『闘うための哲学書』を読み進めております。
読み始めてから、ほんの数秒で純然たる“無知の知?を体験。
哲学の関連書籍は初めてなもので、辞書で調べる時間のほうが多ございます。

「皆は、勉強しなくて怖くないのかなあ?」との散人さんの呟きが、日々、頭の中で増幅しております。
 

(無題)

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月15日(土)18時55分10秒
返信・引用
  島原の実家に着いております。(代筆)  

(無題)

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月15日(土)16時35分53秒
返信・引用
  今から島原へ向かいます。  

狂騒のジャズエイジ

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月15日(土)13時25分35秒
返信・引用
  フィツジュラルドの「狂騒のジャズエイジ」は1922年。

東京は遅れること45年。昭和40年代(1965年~1974年)が狂騒の時代だった
ように思える。その中核は新宿。
散人は昭和43年の春に上京した。もう半世紀も前の話だ。学生は新宿に集まった。
夜通ししゃべりまくりの飲みまくりだった。いつも夢遊病者のように朝方東口駅に向かって
いた。

興行会社に入ったのが昭和47年、配属は新宿の劇場を選んだ。仕事が終わると同僚
と二丁目のピットインにジャズを聞きに行き、終わるとゴールデン街の安いバーで
飲んだ。劇場は11時までに入るとよかったので毎晩遅くまで飲んだ。もっと新宿で
遊びたいので御苑近くの安アパートを借りた。歩いて帰れるからだ。
ピットインではナベサダ、山下洋輔トリオ、日野皓正、佐藤充彦(ピアノ)坂田明など
今では伝説のジャズマンの全盛時代だったしまだみな若かった。

ゴールデン街では作家がたむろしていた。死んだ同世代の中上健二にはよく絡まれた。
「興行屋が!」と罵られた。佐木隆三、赤塚不二夫、野坂昭如、大島渚、田中小実昌
などと話が出来るようになったが野坂さんの酒癖の悪さには閉口した。「おまえらなぁ、
文士などはやくざ稼業なんだよ、給料貰って芝居作るなんてヤクザ以下だ!」と
からまれた。赤塚さんは優しい人で「いいよ」と云って「少女もの」の上演権を下さった。
一番恐ろしかったのは大島渚であの大音声で怒鳴られて閉口した。

本気で勉強しないとあの人達に太刀打ちはできないと思い、昭和50年に結婚しやや
新宿から遠ざかった。青春の終わりだった。結婚して本格的に本を読むようになった。
身の回りのことは妻が全てしてくれるので打ち込まれた。
 

デザインまつを そろそろ始動

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月15日(土)11時14分34秒
返信・引用 編集済
  謹んで発注受けたまわります。

〇 チラシA4版片面 1万円。

〇 印刷代 100枚700円~ 1000枚2000円(ラクスルに出しますので印刷代は直接お客様がお支払いください)

つまり、町の印刷屋さんに発注するよりずいぶん安い価格で、美しいチラシができるということです。

価格破壊的デザイン価格です。
友人のデザイナーに迷惑をかけられませんので、受注数を絞りたいと思います。
しばらくはぼちぼちでしょうから、ご発注をお待ち申し上げます。

各種サイズ、ポスター、パンフレットなど各種承ります。
これまでの私の仕事の一端をこちらにアップしています。ご覧頂けば幸いです。

http://nagasaki-netradi.sakura.ne.jp/mydezain.html

ご発注の依頼、またはご相談はこちらのメールから。
http://nagasaki-netradi.sakura.ne.jp/mailform2/postmail.html



 

3連休中、携帯電話がありません

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月15日(土)11時04分25秒
返信・引用
  事務連絡です。
今日から始まる3連休中、私には携帯電話がありません。
職場に置き忘れ、今取りに行ったのですが誰もおらず、新参者故入室方法も分からずで(笑)。
お手数ですが必要な場合は私の自宅、もしくは実家にご連絡ください。
お問合せのメールはこちらから。
http://nagasaki-netradi.sakura.ne.jp/mailform2/postmail.html
なお、島原に移動する場合などは掲示板に書いていきます。
 

Re: 建国の理念に戻った。

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月14日(金)06時21分26秒
返信・引用
  > No.20680[元記事へ]

田屋敷酒散人さん

>国際紛争などにはできるだけ関わりをもたない

アメリカはその姿勢で第二次世界大戦に臨み、
戦争末期になって参戦を決め、
巨万の漁夫の利を得て、戦後の繁栄を得たわけであります。
 

建国の理念に戻った。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月13日(木)13時19分33秒
返信・引用
  米大統領トランプを「孤立主義」と云う人たちが多いが、

「米国は英国の封建制度から逃れて独立を果たした国であり、基本的には中産階級
 の集合体であった。その基本的な国際経済に対する考え方は保守的で、国際紛争
 などにはできるだけ関わりをもたない、いわゆる孤立主義が社会感の底辺にあった
 ことは容易に想像できる。

 そしてそれは19世紀初頭の有名なモンロー主義に繋がっていく。」

 倉都康之「金融史がわかれば世界がわかる」68p

 トランプは建国の理念に戻っただけとも云える。
 

感謝。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月13日(木)12時57分30秒
返信・引用
  拙文を表に出して頂き感謝します。

相変わらず四時に職場を引き上げ、六時(家まで十分)まで本読み、六時から
ウイスキーと軽い食事を済ませ、十時まで仮眠、そののち街に繰り出す。
昨日は朝?四時帰宅八時まで睡眠。ここ十年くらいの日々の暮らし方。

本  発注  ハイペリオン アメリカSF作家 ダンシモンズ作

   今後  ファーブル昆虫記  仏文学者 奥本大三郎が30年掛けて完訳
       失われたパリの復元 バルザツク時代のパリを歩く
                 仏文学者 鹿島茂著
 

Re: 入試問題

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月12日(水)17時53分12秒
返信・引用
  > No.20677[元記事へ]

しんのじさん
恐縮です。
 

入試問題

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年 7月12日(水)09時04分4秒
返信・引用 編集済
  表の「イメージ化する世界とトランプ」、名文だと思います。ここ1年強の、
ここで論じられてきた、政治・経済に関するキモがギュッと凝縮されている
と思います。

この文がバカロレア形式で、日本の大学入試の問題として使われたらいいな
あ。そう思ってネットサーフィン(もう死語かな(笑))していると、国際
バカロレアなる共通国際入学資格や教育システムが存在することを知りまし
た。

Inquirers(探究する人)・Knowledgeable(知識のある人)・Thinkers(考
える人)・Communicators(コミュニケーションができる人)・Principled
(信念のある人)・Open-minded(心を開く人)・Caring(思いやりのある
人)・Risk-takers(挑戦する人)・Balanced(バランスのとれた人)・
Reflective(振り返りができる人)

上記のようなマインドを兼ね備えた人材を育成することが目標だそうです。
たしかに、これらを兼ね備えた人がいたら、本当に魅力的だと思います。全
部揃わなくたって、いくつかあるだけでも十分見どころがありますけどね。

http://lab.lojim.jp/?p=858

 

Re: なぜ上がらぬ。

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月11日(火)18時29分0秒
返信・引用
  > No.20675[元記事へ]

田屋敷酒散人さん
おおー、これは失礼しました。
お勤めお疲れ様でした。
 

なぜ上がらぬ。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月11日(火)14時11分38秒
返信・引用
  10日に全職員に賞与を出した。
驚いた。何をか?天引き額にだ。
なんと20%強も引かれている。散人は現在は年俸なので賞与はないが、その昔は
あった。30年以上前は賞与からの天引きは所得税のみで5%未満だったように記憶
する。

調べてみると2000年には天引きが16.4%だったのが2015年には20.5%
にまでなっている。所得税と社会保険料の天引き分だ。
ようするに賃金原資が税金に食われているというこだ。

中でも社会保険料の11.8%と所得税を超えている。
これは今後急速な高齢化社会に対する「社会保障費」の増大を見越してのことだ。

私は一貫して消費税増を云ってきたが国民の多数が反対した。結果、お金はかかるので
勤労者の給与からの天引き額を増やした。

負担増を消費税と天引きとで折半するべきなのだ。
 

散人氏が

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月10日(月)05時54分44秒
返信・引用 編集済
  この頃、こちらにお見かけしないなと思ってネット検索すると……
お、妙齢の婦人の写真が(笑)。
新しいタームに入られたか?
 

Re: 山の上のカフェ

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月10日(月)05時53分7秒
返信・引用
  > No.20672[元記事へ]

機械屋さん
また遊んでやってくださいね。
 

山の上のカフェ

 投稿者:機械屋  投稿日:2017年 7月 9日(日)22時29分35秒
返信・引用
  表の[山の上のカフェ」!!創建のころより計画、設計、施工などかなり参画してまして最近どうにかいい感じになってきたようで安心しております、これからもよろしくお願いします  

多以良ガネさん

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月 8日(土)09時29分54秒
返信・引用
  散人会の連絡用にパソコンのメールアドレスを教えていただけますか?
ここに書きますとまずいでしょうから、ここからメールでお願いします。
http://nagasaki-netradi.sakura.ne.jp/mailform2/postmail.html
 

災害時の報道

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月 7日(金)21時24分53秒
返信・引用
  今、NHK夜9時のニュースがありました。
また避難所からライブ中継をしていました。
アホウが。
何回、報道には避難が浴びせられたことか。反省なし。

雲仙災害の時もそうでした。
「被災者の方々はこんなにお疲れになっています!」
と、こうこうとライトを照らして報道する輩。
9時過ぎたら照明を暗くして休んでいただく。
そんな配慮もできないノーたりん。
 

託児所化

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月 5日(水)15時33分16秒
返信・引用
  職員の夫が中学教諭。
「土日は休み?」「部活があるので出ます」「・・・・・」

どういうことだ!保護者はのうのうと休んでいるのに教師は休めないのか?!
保護者たちはどっかに学校を託児所と思ってるふしがあるのだろうか?
「俺達は共稼ぎで疲れているから日曜日くらいは子ども預けてゆっくりしたい」なんて
思っているのだろう。

ブログみるとほんの赤ちゃんなどの時は「生まれてきてくれてありがとう」なんて
甘っちやけたことを、子どもに頬ずりしながら書いているが、単に二、三才児は
頼るのは親しかいないだけの話。それを愛だなんて勘違いする胡乱な親。
だれか一度でいいから大学受験に悩む息子と殴り合いしながら討論した、なんて
ブログやFBに書いてみろ、そうかそうか大変だなぁ、て共感するから。

先生の大変さを理解することもなく手前の都合で我が子を学校に押しつける保護者。
日本人はいつから「節度」を失くしたのか。
 

・・・で癌が治った

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月 5日(水)14時47分51秒
返信・引用
  既に週間新潮で出ているが市川海老蔵夫人の件で「一年四ヶ月の空白」の記事。

乳がんを宣告された夫人はその後一年四ヶ月も標準治療を中断した。ではその間
なにをしていたのか?というと「手かざし、占い、などのスピリチュアル」に
頼っていたそうだ。その間病状は進行した。

あるサプリを有名人が食べて「調子がよくなった」と云ったことを鵜呑みにして
直ぐ飛びつく。本当にその有名人が食べたかどうかは確認できないのにだ。

昨年3月にはライオンの「トマト酢生活 トマト酢飲料」が健康増進法違反で
勧告を受けた。受けた理由は、その飲料を飲むことで薬を飲まなくていい、
という印象を与えたこと。広告においてである。

健康食品の市場は二兆円の拡大し各企業が群がってきた。

「・・・で癌が治った」というなどに関してはもう被害者が出ている可能性がある。

科学ジャナーリスト 松永和紀氏の文章より編集。
 

戦犯

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 7月 3日(月)05時01分24秒
返信・引用
   豊田、 「ハゲ~っ」ていってはいかんやろ。都民の中にも相当数「禿頭」の
      方がいたはずだし、反発票が流れた。

 下村  文科大臣をしてた人がパー券処理をあいまいにしてはダメだろう。
     11名に小分けしたが泥縄の感が否めない。遺産相続の税金逃れ
     の手口はいかんやろう。

 安倍  「こんな人たちに負けたくない」てなんか負け犬の遠吠えに聞こえた。
     群衆の中に篭池氏や夫人もいたが明恵夫人もいたら「森友」ベスト
     メンバーだったのに。映画仁義なき戦いのセリフに「あんたは神輿や
     けね、神輿らしゅうしとけいや」があるがそろそろ降ろされると
     ちがうかね。

 総じて云えば「民衆党政権のむちゃくちゃ」の資産を自民党は食いつぶしたのか
 もしれないと思う。もう憲法改正の段ではなくなり、となると安倍政権の背骨
 だった「日本会議」からも見放され、篭池氏が集会に参加しているのがそう思えるが、
 オイディプスよろしく「原野を彷徨う」自民党になりはしまいか?
  
 

Re: 観終わりました

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 7月 2日(日)08時00分55秒
返信・引用 編集済
  > No.20665[元記事へ]

しんのじさん
すばらしい。
みんな、お聴きになられたのですね。
そう、人生観がかわるほどの講義です。
東大学生に向けて行われた高度で刺激的な講義が、聴けるすばらしさ。
ネット時代の利点とはまさにこれ。

昨日、『帰ってきたヒトラー』を観ました。彼はこう言います。
テレビが愚昧なものとなっている。
民衆は愚昧だ。
私を君たちは批判するが、私を選んだのは君たち民衆であったはずだ。


そうならぬよう、今回の東大講義等はあります。

というわけで、今日は東京都議会選挙ですね。
今後の日本政治の行く末を占う大きな曲がり角です。
 

レンタル掲示板
/317