teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月28日(金)15時07分35秒
返信・引用
  「勉強の哲学 来るべきバカのために」 千葉雅也 文芸春秋刊

 勉強するということは、どういうことだろう?それは「言語偏重の人になる」
 ことだ。勉強とは、言語とのこれまでの付き合い方から脱して、「新しい言語」
 の中で変身することである。それは一種の自己破壊なのだ。「これまでの自分を
 失うという損」をあえて選ぶこと。変身の試練を受け入れることなのだ。

 発注。
 
 

合わせ植え ナスと生姜

 投稿者:いわ  投稿日:2017年 4月28日(金)10時07分22秒
返信・引用
  ナスを栽培すると、半年畑を専有します。家庭菜園では、狭いのだけど色々栽培したい訳でして、混植をしたい。混植にはうまい組み合わせがあるので、その一つについて記事作成しました。
高知に引っ越して農業を始めた友人が、ナスと生姜の混植について調べているとインスタグラムで書いたので、彼女への情報提供。

https://homecultivationadvisor.blogspot.jp/

 

Re: ヨーロッパの紙幣

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月28日(金)04時20分21秒
返信・引用 編集済
  > No.20485[元記事へ]

グッドマンさん
今気づきましたが10スイスフランの裏絵は
コルビジュェのユニテ・ダビタシオンですね。
すごいなあ、今でも人が住んで生活している建物が
お札になるなんて。
ちなみにここは宿泊もできます。
これは宿泊者のレポート。
http://unfilmparle.jugem.jp/?eid=181
こちらのレポートの方が写真的にはよく分かります。
http://www.linea.co.jp/info/detail/?iid=17
それにしても洗練された空間。
 

漱石曰く、

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月27日(木)15時06分53秒
返信・引用
  漱石先生曰く「道徳は習慣だ。強者の都合よきものが道徳の形にあらはれる」  

似非科学。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月27日(木)13時21分36秒
返信・引用
  「江戸しぐさ」なるもの誰が広めたのか全くのでっち上げ、似非科学であります。
妻の実家は徳川さんと共に入府した幕臣の子孫であったが死んだ義父に「江戸しぐさ」
なるものは一度も聞いたことがなかった。ただ御一新後先祖は職業に困った
とは聞いたが、趣味の碁将棋を活かして「碁会所」経営に乗り出しなんとか糊口
をしのいだそうだ。
 いつも云うが「道徳」なるものもは真なる「学問科学」ではない、そのところに
得手勝手な「似非科学」の侵入を容易ならしめているであろう。「道徳」の教育現場
からの追放を願うのみ。

それにしても表の「田中優子先生」は今や我が母校の総長であります。六大学にただ一人
の女性代表であります。先駆的な我が母校に少しく笑みがこぼれるのであります。 
 

Re: 旅は道連れ

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月27日(木)05時31分7秒
返信・引用
  > No.20489[元記事へ]

しんのじさん
誠にお世話になりました。
楽しい一時でした。
帰宅後に爆睡。今に至ります。
それに比べ、こうして文章を編まれる余裕。
いやはやビックリです。
プティココットは名店ですね。
しんのじさんのような方が行かれると
マスターたちも活き活きとしてますね。
合掌。
 

旅は道連れ

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年 4月27日(木)01時17分23秒
返信・引用
  正直、煮詰まりかけていた。

仕事でちょっとした行き違いが続発し、自己嫌悪。一つ間違う
と、同僚に悪態をつく寸前まで追い詰められていた。

それでもって鬱々しながら仕事をしていた今夕、まつを氏より
メール。あのお店に行かない?そりゃ、行かない訳には行きま
すまい。二つ返事で大急ぎにて仕事を終え、半年ほど前から同
行を楽しみにしていた浦上の某店で待ち合わせ。

吸い寄せられるように合流したしんのじは、少々ハイになって
久々に大いに語る。まつをさんも新しいプロジェクトで、なか
なか思うように行かぬ部分あり、ちょうど飲む相手をお探しだ
った。ゴダールも、「勝手にしやがれ」は開いていたが、「気
ちがいピエロ」は閉塞した知識人向けの自慰的作品だよね、ち
っとも楽しくなくて当然。

僕の住んでいた香焼が深堀と埋め立てで繋がった昭和41-2年の、
日立キドカラー号という名の飛行船の飛来の話。大きなタンカ
ーや豪華客船は見慣れていたが、空から降ってくるような巨大
飛行船に心躍らせた幼少期の記憶。

お店のシェフ達(ご兄弟)と料理談義にも花が咲いた。兄上が
しばらく働かれたお店は、僕が学生時代、洋食のイロハを教わ
った名物親父さんのお店だったこと。また、赤ワインや焼酎を
飲みつつ、気楽なスタンスで頂戴する料理の中で、特に懐かし
く感じた久々の「牛ロース肉のビール煮」。何と青年時代、僕
が憧れたシェフのお一人である故・村上信夫先生からの直伝で
あったという事実を知らされ、大いに興奮。一見地味だが、滋
味に溢れた(ダジャレですみません)奥深い味。玉ねぎの甘味
とビールのかすかな苦味が絶妙にマッチした僕の大好きな料理
を、本当に久々に賞味させてもらった。こんな手のかかる料理
を、頑固にしぶとくコツコツと出し続けるお店こそ、僕らが望
み、かつ守り続けるべき貴重なお店なのだと、まつを氏と熱く
語り合う。

ついつい偉そうにまくしたてたのは汗顔の至りだったが、「時
々わかってくれるお客さんがいてくれると本当に嬉しい」とシ
ェフ達からのたまっていただいたのは嬉しい限り。こうやって
わかり合える方々と一緒に人生を過ごせるのは本当に幸せなこ
とですねと、まつをさん共々大いに盛り上がって店を後にし、
二人で肩を組んで浦上をそぞろ歩くのも楽しからずや。人生航
路も、心強い道連れに支えられて歩ければ、曇った心もすっき
り晴れ、新たな気持ちで明日を迎えられる有り難さ。

酔っぱらいの書き殴り、どうぞご容赦下さいますよう<m(__)m>。
 

家篭り。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月26日(水)15時02分42秒
返信・引用
  連休は基本家に篭もる。
今回取り組もうとしているのは四方田犬彦である。散人は学者臭くない現代知識人
の最右翼が四方田と思っている。余りにも興味が四方に広がり過ぎるので読者が
付いて行き辛い傾向にはあるが慣れると読みやすくなる。

ジャズを低音で流しつつ読書し疲れたらそのままソファで午睡する。これに勝る
楽しみなし。

「気狂いピエロ」なんて今「気狂い」は使用禁止用語だろう。当時欧州映画界は
聖林(ハリウッド)に席巻され落ち目もいいとこだった。低予算の所産がヌーベル
バーグだった。日本も昭和40年代の東映がそれまでの華麗なセットを使った
時代劇がもう客を呼べなくなりあの深作監督の「仁義なき戦い」を産んだのだ。

金がなくなると工夫がいる。
 

糠床の回復

 投稿者:いわ  投稿日:2017年 4月25日(火)18時53分0秒
返信・引用
  異常発酵(乳酸菌以外が増殖)して、アルコール臭やセメダイン臭がしていた私の糠床。やっと回復してきました。

糠床を修正するについて、若干の知見を得たので、記事を書きました。お暇な時に見て下さい。ご質問があればご遠慮なく。

https://homecultivationadvisor.blogspot.jp/

 

Re: ヨーロッパの紙幣

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月24日(月)22時38分17秒
返信・引用 編集済
  > No.20485[元記事へ]

グッドマンさん
表にアップさせていただきますね

ジャコメティのこの等身大の作品「歩く人」は
2010年にサザビーズで約94億円で競り落とされたことでも有名です。

そのころ、ヤフオクでこの作品の小型のレプリカが
1万円台で売りに出されていたものでした。
今検索してみると、amazonに出店してありました。

「大型ブロンズ像◇歩く男◇ジャコメッティ◇45cm◇名品」
1¥ 19,800より
https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%9E%8B%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%BA%E5%83%8F%E2%97%87%E6%AD%A9%E3%81%8F%E7%94%B7%E2%97%87%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E2%97%8745%EF%BD%83%EF%BD%8D%E2%97%87%E5%90%8D%E5%93%81/dp/B00P53C7QM
 

ヨーロッパの紙幣

 投稿者:グッドマン  投稿日:2017年 4月24日(月)21時50分59秒
返信・引用
  まつをさんが表に書かれていたスイスフラン,まだ手元に残っていました。
人物もですが他の国の紙幣には見られない縦のデザインがとても斬新に感じられます。100スイスフラン紙幣の裏側は,
ジャコメッティの作品なんですよね。
それに比べて右端のユーロ札はなんとも味気ないというか・・・。初めて見たときは「子ども銀行か!?」と思ってし
まいました。ユーロ加盟国すべてで流通するものなので,普遍的なデザインにならざるを得なかったのでしょう。
ユーロコインのほうは,表のデザインこそみな同じでしたが,裏は国によってちがっていました。それらも国境をまたいで
流通するので,ドイツにいながらいろんな国のコインを手にすることができました。最後までお目にかかれなかったのが,
バチカンのユーロコイン。流通量が圧倒的に少ないでしょうし,あったとしてもみな手放さないでしょうね。
 

全ては本の為に

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月24日(月)15時40分6秒
返信・引用
  だらだらと流れる牛の涎(よだれ)のごとく69年間生きてきたけれど、
やはり幼い(といっても高校生時代から)ころから「何もしない人生」を
目標にしたのが災い(よかったかもしれない)したのか何事も成さずに
幕を閉じようとしているが、ただ本だけが残った。酒場に行く以外は家で
本読んでるが、酒は海に流れるが本は頑なに残る。
 「まつを」さんなんかは拙宅を「豪邸」と仰るが実は本が住んでるのだ。
一階廊下全部を占めもう階段まで進出した。なにせあの故草森紳一氏に
憧れているのだからどうしょうもないのだ。
この連休もいつもの通り酒場と読書で過ごす。一番落ち着くのであります。
 

Re: ライブの告知をさせてください。

 投稿者:グッドマン  投稿日:2017年 4月23日(日)17時03分13秒
返信・引用
  > No.20482[元記事へ]

まつをさん

ありがとうございます。嬉しいです。当日,お待ちしております。

> グッドマンさん
> 前売り予約1つお願いします。

https://www.facebook.com/events/1356053784487511/

 

Re: ライブの告知をさせてください。

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月23日(日)13時10分48秒
返信・引用
  > No.20481[元記事へ]

グッドマンさん
前売り予約1つお願いします。
 

ライブの告知をさせてください。

 投稿者:グッドマン  投稿日:2017年 4月23日(日)12時35分54秒
返信・引用
  まつを 様

掲示板の流れを読まない投稿でたいへん申し訳ありません。
来たる6月17日(土)に,Bass Day in Nagasaki というイベントを開催します。
出演者がベーシストのみという,長崎ではおそらく初の試みではないかと思います。
以下,詳細です。

日時 2017年6月17日(土)
会場 Music Bar Paranoia
   長崎市万屋町5-36 多真喜ビル3F
開場 19:00 開演19:30
料金 前売り   ¥3,000(1ドリンク付)
   当 日   ¥3,500(1ドリンク付)
   大学生以下 ¥2,000(1ドリンク付)
   チケットはありません。事前にご予約いただき
   当日受付にて料金をお支払いください。
出演 今沢カゲロウ Daffodil Goodman
予約・お問い合わせ 080-3900-5935(田中)
          schinkelstr42@me.com
          facebookおよびtwitterのメッセージも可

以上です。よろしくお願いいたします。

https://www.facebook.com/events/1356053784487511/

 

今日結婚式

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月22日(土)12時00分37秒
返信・引用
   昨年の6月、職員をいつものスナックに誘った。
「おまえいくつか、なにっ36っ、バカタレが、まだ一人者でいるとはどういう了見か?
 ホモか?ちがうなら直ぐ嫁貰え、結婚したからって幸せになるかどうかは分からん、
 でもな俺の盟友の劇作家の岸田理生は芝居でこう言わせてたぞ、励(はげ)むのも
 なまけるのも一人じゃさびしい、て。ママこのバカタレに合いそうな威勢のいい娘
 いるかな?なにいるって」

 でママはその場から電話して一人の娘を呼んだ。来たのは散人も知ってる娘だった。
 その夜は和気藹々と飲んで終わったが一週間後職員が「お付き合いしてます」と云った。
 で今日の結婚式である。
 

おお

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月21日(金)18時14分36秒
返信・引用 編集済
  シェフ・オブ・ザ・シェフ しんのじさん降臨。
散人さんも!
これは楽しくならないはずはない。
 

キノコになるな!

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月21日(金)13時07分48秒
返信・引用
  老体に鞭打って里山に行くぞ!そんな大仰ではない、拙宅から車で15分で着く。

キノコになるな! はサンテグジュベリ「星の王子さま」のあるシーンに出てくる。
飛行士に星の王子さまが「そんなの人間じゃない キノコだよ」という。
じゃどういう人が「キノコ」と云われているかというと・・・王子さまが解説する。

花の香をかいだことがない、星を見つめたことがない、だれかを好きになったことも
なくて、することといえば足し算ばかり。そして一日じゅうおじさんみたいに
「わたしはまじめな人間だ、わたしはまじめな人間だ!」って呪文みたいにとなえて
いるんだ。それで鼻高々なのさ。

(舞台正面に王子走り来て客席に向かって叫ぶ)
「でもそんなの人間じゃない! キノコなんだ!」

1985年 散人所属の新宿シアター・アプルで「星の王子さま」上演。
王子   吉田日出子
飛行士  加藤健一

「キノコ」にならないように気をつけねばなるまい。里山に行こう。
 

参戦可能となりました

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年 4月21日(金)09時06分17秒
返信・引用
  4日は朝から待機なので早抜けさせて頂きますが、同僚のおかげで3日の
仕事をフリーにして貰えました。

あれっ!?!表紙の料理が牛スジ煮込みからローストビーフになっている
(笑)。ちょっと合わせ味噌でコクのあるスジ煮込みでも作ってみましょう。
焼く方は、牛臣で最高の肉+芸術的な火加減を存分に楽しませてもらった
ので(爆)。

ひと昔前、花冷えの山口・錦川上流で、散り始めた桜を愛でながら、漕ぎ
仲間と河原で囲んだ鉄鍋。翌朝スタートのカヤックツアーに思いを馳せつ
つ、武勇伝やバカ話に盛り上がり、体を温めたスジ煮込みを想い出しなが
ら、叩き牛蒡やら人参やらコンニャクやら、味をしっかり滲ませてみます。
 

Re: 幾星霜

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月20日(木)18時51分54秒
返信・引用
  > No.20474[元記事へ]

田屋敷酒散人さん

パチパチパチパチ。
 

幾星霜

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月20日(木)17時54分32秒
返信・引用
   五月十三日に散人たちの高校卒業50年期の拡大同期会を島原で行う。
 昨十一月より島原の幹事会が名簿点検を皮切りに月一で集会を持った。
 この十三日が締切で幹事長に聞くと参加100名を超えたという。

 聞いて散人は涙が湧いてきた。老人になるにつけ涙腺が弱くなるのは
 当然であるが、関東関西福岡などの遠隔地からよくぞ来てくれるの
 思いで地元会長としての嬉涙であります。もう年齢的に拡大同期会は
 おそらく今後しないだろう。これが最後でありましょう。それに島原高校
 の恩師が三名参加される。我々が69歳の年、恩師は若く見積もって
 も83、4才で偉いものであります。「こらっ、フミオ、勉強せい」と
 怒られたことがなつかしい。

 100名分の50年、恐ろしい年数の人生の集積であります。100本
 分のドラマが書けましょう、果ては子供孫の数はどれ位になるのか?
 人生の終わりの始まりに差し掛かる我ら昭和23,4年組。
 当日の挨拶で泣いて絶句しなければいいが。
 

渡部昇一さん死去

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月18日(火)12時25分44秒
返信・引用
  朝日デジタル2017年4月18日10時55分

 ベストセラー「知的生活の方法」などで知られる保守派の論客で英語学者・評論家の上智大名誉教授、渡部昇一(わたなべ・しょういち)さんが17日、心不全のため死去した。86歳だった。

 山形県出身。上智大学大学院を経て、独ミュンスター大博士課程修了。その後、上智大教授に就任した。76年、読書を中心にした独自の生活スタイルを説いた「知的生活の方法」を発表し、ベストセラーになった。同年に「腐敗の時代」で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。

 専門の英語学以外でも歴史や政治を題材にした著書を多数発表し、評論活動を展開。日本の近現代史の見直しを訴え、歴史認識問題での積極的な発言で保守論壇で注目を集めた。

 時事問題にも積極的に発言し、ロッキード事件で田中角栄元首相の裁判を批判して話題を集めた。最近では、天皇陛下の生前退位をめぐる有識者会議のヒアリングで「宮中でお祈り下さるだけで十分」とし、退位に否定的な立場を示していた。

 15年には、朝日新聞の慰安婦に関する報道で「国民の名誉が傷つけられた」として、謝罪広告掲載などを求めて原告の1人として提訴した。著書・訳書に「日本史から見た日本人」やフランシス・フクヤマ「歴史の終わり」など。
 

敢えて云う。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月18日(火)11時27分16秒
返信・引用
  山本地方創生相の発言は正しい。

長崎県美は学芸員などと称する似非専門家が素人受け狙いで「たけし展」などを
開催したりする。
逆に日本の伝統芸である能を開催する能舞台が長崎市にはない。

「学芸員はガン」は正しい。

田舎金持ちの遺物を宝物みたいに飾る博物館などいらない。真贋が分からないのだ。
関西に至っては「オペラハウス」と称する建物が東京より多い。オペラを上演できる
歌劇団など日本にはないのにだ。お笑い草もここまで来ると悲しくなる。

日本の公共美術館劇場の9割はつぶしてよい。劇場に関して云えば演劇を造れる人材
は皆無なのだ。地方役人に退職後の収まり場所になって年間数千万円の血税が垂れ流し
になっている。
 

Re: 田舎者の弁明

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月17日(月)19時04分15秒
返信・引用 編集済
  > No.20470[元記事へ]

田屋敷酒散人さん
お世話になりました。
多比良ガネさん
ワイン御馳走様でした。
合掌。
 

田舎者の弁明

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月17日(月)14時55分33秒
返信・引用
  表に「まつを」さんの「散人概論」なるものが出て汗顔の至りであります。
家は50年近く前に死んだ母親が建てたもので償却仕切ったものであります。
自分で買った所沢近くのマンションは妻に上げました。ですから自分の家は
持ってません。
 広い家のいいところは夜中友人たちとどんちゃん騒ぎしてもまた大音量で
音楽を流しても近所から苦情が出ないところであります。それと小さい
城下町ですので家からタクシーに五分も乗れば飲み屋街に行けます。本など
の買い物はネット通販があるので少しも困らないし今の映画は低級なので
観なくても結構。観たければDVDを大きなテレビで音量を上げて観てます。

 田舎暮らしでも全く困らない。むしろ快適であります。
 

朝一に、菊菜を摘んできた

 投稿者:いわ  投稿日:2017年 4月17日(月)13時21分18秒
返信・引用
  今日は、オフ。
と言いながら、家でデスクワークを半日はしなきゃいけないのですが、家からは出なくて良く、マイペースでボチボチとすれば良い。

朝は何時ものように、5時過ぎに起き。朝食を食べてから、畑に行って菊菜を摘んできました。
この時期は、成長ペースがものすごく早いので、さっさと摘んでいかないと無駄にしてしまいますのでね。

https://homecultivationadvisor.blogspot.jp/2017/04/blog-post_17.html

https://homecultivationadvisor.blogspot.jp/

 

Re: いい気味だ。

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月15日(土)13時05分3秒
返信・引用
  > No.20466[元記事へ]

キューバ危機のとき日本の新聞の見出しは「長嶋の足にマメ」だったそうな。
 

ジブリはどうした?

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月15日(土)11時50分2秒
返信・引用 編集済
  長崎歴史文化博物館で
「ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~」が
 2017年4月15日(土)~6月25日(日)
が開かれる。
http://www.nagasaki-np.co.jp/ghibli/

さらに続けて
長崎県美術館で
「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展」
7月15日(土) ~ 9月03日(日)
が開かれる。
http://www.nagasaki-museum.jp/exhibition/archives/608

なんだ? どうしたジブリ。
この不穏な流れはなんだ。




マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督によってフランスで制作された初のジブリ作品「レッドタートル」。
カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で特別賞受賞をとったが、興行収入で大コケしたと聴いていましたが。
「最もつまらないジブリ映画」と評され。この赤字補てんがが続く展示会の原因か?


 

いい気味だ。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月15日(土)09時55分21秒
返信・引用
  下のグラフを見ると新聞の広告費の落ち込みがひどい。私は新聞購読を止めて
三年になる。なぜ止めたか?それは報道の下劣さに嫌気がさしたからだ。
日本にしかない記者クラブ制度に安住し、お上のなすがままになってきた数十年。
世界に冠たる我が国の「健康保険制度」も高齢化で医療費が上がってくると、
厚労省のリークのまま医療機関のベッド数が多すぎるとキャンペーンする。
国民はわが街に病院があるから安心して暮らせるという意識を無視して
国の宣伝機関に堕してきた。

そしてとどめはトランプだ。これもまた旧来の米国筋しか情報源がなかった
ので当初は泡沫候補扱い。私の周りの新聞信者(団塊の世代)は散人が
「トランプあなどれず」と云っても耳を貸さなかった。米国直のネット情報(高校
ぐらいの英語力で充分読める)では形勢逆転と云っていたにも関わらずだ。
ということは新聞各社はネット情報をネグレクトしていた訳でひどい話だ。

広告費逆転はいい気味である。
 

Re: FaceBook広告の凄まじさ!

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月15日(土)08時13分24秒
返信・引用
  > No.20464[元記事へ]

日本経済新聞 2017/4/6 から
広告費、ネットが初の首位 17年世界市場予測。  テレビを抜く
 

FaceBook広告の凄まじさ!

 投稿者:空っぽ多比良ガネ  投稿日:2017年 4月14日(金)17時31分36秒
返信・引用
  4月1日営業開始した ステーキ鉄板焼牛臣のfacebookを4月12日午後に立ち上げて有料拡散14日間で5800円で広告拡散を企てました グーグルマップの掲載は、早かったものの さすがFaceBookです!掲載後35時間(深夜3回-18時間)実暴露拡散時間17時間でなんと22866人が牛臣のfacebookページを見たことになります! チラシ10000枚刷ってもこうは行きませんチラシは折り込み料と合わせたら10000枚入れると50万円ほどかかりますがたった5800円の有料掲載ですそれも西九州限定広告です おそるべしフェイスブックです

ステーキ鉄板焼 牛臣のfacebookページです

https://www.facebook.com/gyuusin/ インターネットFaceBookしてない方も見れますので御覧になってください
 

電話あり、

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月13日(木)15時36分53秒
返信・引用
  東京の芸能事務所社長から電話があった、「三枝さんと筒井さんが会って散人さんの
話をしていたって、東京にこないかなぁとも」と。

三枝さんとは元NHKの演出家、三枝健起氏1945年生で筒井さんとは脚本家筒井ともみ
さんのことである。
もう余程のことがないと東京なんかには行かない。島原に来たらいいのに、でも
二人共年だしなぁ。

二人は松田優作最後の探偵もの「追う男」を1986年に創っている。
「力也さんのことよろしくお願いします」と下北沢で優作さんに頭を下げられたのは
いつだったか?力也さんとは安岡力也のことで私がギャング役で初舞台を踏ませた
時のことだった。

散人が神代辰巳、岸田理生で川端康成の「浅草紅団」を芝居にしたときひどく
うらやましがられた。「舞台化出来んの?」と。

優作さん、力也さん、神代さん、理生さん、全てあの世に行った。
三枝、筒井、散人はまだ残っている。
 

春の花まつり

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月13日(木)11時00分33秒
返信・引用
   普賢岳砂防堤内を10年掛けてお花畑に変えてしまった市民ボランティアの
 人々。きのこ人間(星の王子さまに出てくる自分では何もしないが厳しい
 評価をする人たち)が多い中でえらいものである。

 で五年前の春秋から井上龍一郎の「書道パフォーマンス」を行っている。この
 16日午前11時から行う。横3m縦2mの大キャンパスに大筆で描くのだ。
 字はさすがに少々乱れるがパフォーマンスとしての迫力に観客の拍手がおきる。

 散人 詞
 井上 書
 のコンビ。でこの16日の詞は

 欠如を埋める普賢颪(おろし)が吹き
 花も記憶を取り戻し 一斉に咲く奇跡
 自然の輪廻に感謝(感謝はひときわ大きく書く)

 である。お出かけ下さい。日和もいいようです。
 

Re: 何が悪いのですか?

 投稿者:空っぽ多比良ガネ  投稿日:2017年 4月12日(水)01時04分38秒
返信・引用
  > No.20452[元記事へ]

田屋敷酒散人さん

> 松永君の悲哀。彼の何が悪かったのだろうか?「後を追わないで」の一行の書置き
> を残して出て行った妻。夜半呆然とその書置きを見詰め「俺の何が悪かったのだろうか」
> と沈思する男。

悪いのは私でしょうか?(笑)  くだんの松永氏 彼女のために何ができなかって?自己嫌悪の鬱に近い なぜ自分のために何ができなっかった?前向きに考えなかったのか ?俺でしたら自分が一番ですよ!  女は世界に35億人いるんですよ(笑) おっと笑ってはいけない かの哲学者ベーコンでさえ結婚は7日間の夢旅行 あとは終身刑に近い懲役刑みたいなもんだとおっしゃている 自分を責めるのは終わりにしましょう! まあどうにかなるさでやれば楽しい人生だと思うんですが(笑)おっと笑ってはいけない
 

感謝

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月11日(火)19時44分54秒
返信・引用
  まつをさん、私事を「表」に出して頂いてありがとうございます。

私どもは評論家と違い毎月が稼ぎに直結する興行でした。
入りが良ければ天国悪ければ地獄の世界でした。どうも近頃は芸術とか文化とか
云って少々甘すぎてはいませんか。芸事は大げさに云えば「修羅」の世界です。
木戸銭が入ってなんぼの世界です。自治体が助成するのはよくない。
だから「たけし」のバカ絵をやるのであります。
 

その結果、流血

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月11日(火)18時09分34秒
返信・引用 編集済
  引きずり降ろされたアジア人医師は頭部強打&大流血
→なぜかその後再搭乗が許可される→ただのやられ損→
CEOが以上の動きを「Re-accommodation(座席の再調整くらいの意味)
の件でお詫びします」
「社員一同動揺しています」などと述べさらに炎上。
きわめて不快。

 

言語道断

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月11日(火)18時07分6秒
返信・引用
  米ユナイテッド航空
過剰予約の結果、定員超えの乗客たちの中から補償と引き換えに
下機してくれる人を募ったが、誰も応じず。ランダムに選ばれた
客の一人であったアジア系医師が警官から無理やり引きずり降ろされた。
きわめて不快。

 

美空ひばり

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月11日(火)02時41分27秒
返信・引用
   今年生誕80年、今日民放もNHKも特別番組を組んでいた。

 散人は1973年に一年研修の後新宿コマ劇場に配属になり「美空ひばり」の担当に
 なった。担当といっても一番下っぱの役目である。朝十時に楽屋でお出迎え、後は
 上司が命ずるままに動きまたひばりさんのマネージャーの要望の取次。舞台が始まると
 劇場の隅で観続け聞き続け跳ねるとマネージャーからの注文、大道具小道具調音照明
 と多岐に渡るのを各部署に伝えて回る。これが五年続いた。

 もうこの日本には生ひばりを聞いた人は少なくなっている。若手であった散人がもう
 70歳だ。先輩方は死んで少なくなっている。

 一人ウイスキーを舐めながらテレビを観てうかつにも涙を流した。帰り来ぬ「青春」の
 日々をあの方に仕えたのだ。我が子を養うのにあの方がボーナスを出してくれたも同然
 だった。給与が20万円のころ夏六か月もあった。我らにとっての「神」であった。

 ゴジラとひばりさんは我らにとって「神」だった。今劇場はゴジラビルになってるが
 ひばりさんが居ない今、一方の「神」が鎮座されているのを喜びとしている。
 

友を減らす。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月10日(月)17時18分0秒
返信・引用
  小学生なら100人の友達作ってもいいだろうけど、もう齢70になんなんとなる
散人は65歳を機に友を減らし続けています。何故か?話を聞くのがつらいからです。
「俺はこうして生きてきました」的自己肯定話はもう聞くのが面倒なのであります。

一寸の虫にも五分の魂があることは分かってはいます。
彼らは会社など人生の大半を身を寄せてきた帰属社会を離れた瞬間何も無くなった
ように錯覚する。そこで一気に脱力しまるで魂が体から煙のごとく消え去ったかの
ようになってしまう。話は遠くにいる家族(すでに家族ですらない息子や孫)の話、
や既に雲散霧消してしまった高校時代の話しかしない。おいおい酒飲むのはお前と
俺だけじゃなかったのか?かっての友は古びた女房を連れてくる。二次会はお姉い
ちゃんとこ行こうか、も台無し。散人は不良だとその古女房は聞いていたので
予防線張に来たのか?気が滅入ってくるのだ。

 もう殆ど旧友とは会いません。
 

続何が悪いのですか?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月10日(月)11時41分10秒
返信・引用
  「時よ止まれ お前は美しい」(ゲーテ ファウストより)

 こう思える瞬間が人生上には数回はある。が時は止まってくれず無情にも
 また否応なく続編が始まる。そして老いて行くのだ。ゲーテは実人生で
 70才と時に本気になって17才の娘ウル・リーケに求婚している。
 なんとまぁいい年こいてと笑われるのがオチだが散人も70間近で他人事
 ではない。ゲーテと違いいくらなんでも17才の娘ではない。

「ヴェニスに死す症候群」
 ヴェニスに死すとはあの映画「ヴェニスに死す」のことである。作家平野啓一郎
 が著書「メチネの終わりに」で流布させたらしい(読んでないので)。
 どういうことかというと「中年(40才半ば)になって、突然現実社会の適用に
 嫌気が差して、本来の自分へと立ち返るべく破滅的な行動に出る」というもの。
 映画は老境に差し掛かった作曲家「アッシェンバッハ」が美少年タッジオに一目で
 こころを奪われ、破滅的な結末になる、という物語。
 「アッシェンバッハ症候群」ともいう。

 現実社会では中年女性にしばしば出現するという。
 
 

Re: 何が悪いのですか?

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月10日(月)03時56分13秒
返信・引用 編集済
  田屋敷酒散人さん

>「若さ」というものは少々の欠点をも覆い隠すのだ。
>松永君は本性としてあった「欠点」が若さが無くなった今表面化してきたのだと思う。
>この現象は松永君だけではない。多くの60過ぎの男や女に見受けられる。

この御指摘は堪えますねぇ。
その通りであります。
これは人生を俯瞰して見ることができる
セカンドステージの歳じゃないと実感できませんものね。

>じゃどうしたら「凋落」を避けられるのか? それは日々凋落を防ぐ方法を考えることだ。

という指摘もその通りだと。たとえば私のダイエットもその一つであったのでしょうね。
それからポジションやスキルもそう。
変わらぬ魅力的を発する散人さんや、岡野さんや、山本さんや、岩永さんや、ryujiさんらは、
強力なスキルを身に付ける人生をおくってこられ、
また脳筋を屈強にする思考を回し続けていらっしゃいます。
 

何が悪いのですか?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月 9日(日)22時28分55秒
返信・引用
  松永君の悲哀。彼の何が悪かったのだろうか?「後を追わないで」の一行の書置き
を残して出て行った妻。夜半呆然とその書置きを見詰め「俺の何が悪かったのだろうか」
と沈思する男。

一体何が悪かったのか?この地方で銀行は悪くない。親は我が子息の勤め先にはお隣
さん方の評判を気にする。外形的な事柄である。「県職になりました」や「銀行に入り
ました」などは最右翼である。悪くない。でも齢60にもなると妻に逃げられた孤愁や
収入の少なさによる貧乏臭さや筋力の衰えによる身体的弛緩が表面化する。
これらは若いころは表に出てこない。「若さ」というものは少々の欠点をも覆い隠す
のだ。松永君は本性としてあった「欠点」が若さが無くなった今表面化してきたのだと
思う。この現象は松永君だけではない。多くの60過ぎの男や女に見受けられる。

じゃどうしたら「凋落」を避けられるのか?
それは日々凋落を防ぐ方法を考えることだ。年金以外にも稼ぐ方法を考える。
別れた妻に頭を下げ帰ってもらう。土台テレビのドラマじゃあるまいし深く愛して
結婚した訳じゃないから「憎しみ」もまた大したことではない。

だが70近くなると「凋落」も加速度を増す。本当につらい。だから散人は加速度的
に「不良じじい」度を上げている。脳筋を屈強にするしかない。会頭、多比良ガネさん、
散人が巷では「三悪人」と云われている。昨夜も深更あるバーに三人が揃った。他は
誰もいない「サンちゃんとこ行っていい?」「いいよ」ととあるママに云われたのを次の日の昼
思い出した。残念。
 

たれ流し企画

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月 9日(日)13時23分58秒
返信・引用
   バブル最盛期全国の自治体は我先にとコンサートホールを造った。
 ゼネコンの知恵者が欧州を真似て「これからは地方も文化芸術の時代だ」と
 半ば脅迫的に云ったので県都にはみな仰ぎ見る立派な劇場が出来た。しかし
 手前ではコンサートや演劇を造れないのが次の瞬間分かった。どうしょう?
 で次に出てきたのは「興行屋」だ。水面下で文化庁ゼネンコン興行屋(散人も
 居た)が絵図面を書いていたのだ。

 哀れなるかな地方自治体はそれ以来興行屋の食い物になりつづけていく。

 全国公立文化施設協会、略して「公文協」。興行屋は本部と話せば20館くらい
 の上演が決まる。こんな楽な話はない。公文協のお偉いさんは文化庁の天下りだ。

 美術館も同じ構図だ。残念長崎県美。おバカを食い物にするのが常道である。
 

Re: 夏野菜に向けて

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 4月 9日(日)08時27分35秒
返信・引用
  > No.20448[元記事へ]

いわさん
これ勉強になります。
そういうことかと思って読ませてもらっています。
 

Re: 夏野菜に向けて

 投稿者:いわ  投稿日:2017年 4月 8日(土)17時59分49秒
返信・引用
  > No.20447[元記事へ]

とりあえず堆肥を入れましょう、と書いたので、急いで堆肥についての記事を作りました。

有機栽培で良く使う資材 1.堆肥
https://homecultivationadvisor.blogspot.jp/2017/04/blog-post_98.html

肥料を入れるタイミングまでに、肥料の記事を作るようにします。

https://homecultivationadvisor.blogspot.jp/

 

夏野菜に向けて

 投稿者:いわ  投稿日:2017年 4月 8日(土)11時46分45秒
返信・引用
  栽培開始 土作り いますぐ行う堆肥投入
という記事を書きました。

これから、何か植えようか、夏野菜は植えます、と言う方
土作り開始から植え付けには一か月近く時間がかかるので、いますぐ堆肥投入をしないといけません。いますぐです。
プランター栽培であれば、調整済みの培養土を購入すれば良いので、土作りは気にしなくてもよろしいです。
しかし、毎回土を捨てると言うのも持続性の観点で疑問があるので、土の再生=土作りは知っておくのがよろしかろうと思います。

質問があれば、ご遠慮なく

https://homecultivationadvisor.blogspot.jp/

 

Re: 本田作品

 投稿者:身が詰った多比良がね  投稿日:2017年 4月 8日(土)10時07分20秒
返信・引用
  > No.20443[元記事へ]

ありがとうございます!島原某人形店で購入前に行けば良かった~~(笑)
くだんの娘 最初かぶとあるからいらない~~とか言ってたのが、博多人形師本田宗也作よって言ったら
「すぐ送って~~~絶対要る!」っところり(笑)

私の高校の後輩の さるばどらい 美奈子さんも 本田宗也氏は背面にも手を抜かない求道精神を持つ本物の人形師とききました。お顔の表情もいいですねぇ。

絶賛していました。

ありがとうございます。坂口家(娘の嫁ぎ先)の家宝になるでしょう!



田屋敷酒散人さん

>  10年前、来るべき孫が男か女か分からない(娘が結婚したのが8年前)ので
>  博多人形師本田宋也氏の作品を男子用女子用購入した。もう本田氏は日展に
>  バリバリ入選してる作家だったがついに最近改組日展に特選を果たした。
>
>  女子用は娘に送ったが男子用が残った。だが盟友多比良ガネさんに可愛い男の
>  お孫さんが出来た。本田氏の作品の行先も自動的に決定した。美術作品は
>  誰でも彼でもに遣れるものではない。私は今回うれしいのであります。
>  作品が毎年生き生きと飾られるであろうとうれしいのであります。
 

ハンドメイドな人生

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月 7日(金)13時46分20秒
返信・引用
   ツイッターや他人様のFブックなどを見るにつけ、「あははん みんなこのクソ
 面白くない日々や人生をいかにそうじゃないようにもがき苦しでるなぁ」と感じる。

 この世は「普通の人」が大多数で「普通の人」にはそうそう劇的な人生なるものは
 お膳立てとしてない。ほぼ毎日家と職場の往復で映画みたいな恋愛に遭遇すること
 もなく、前線兵士のような死線に立つようなこともない、新しい服を着たって
 短足寸胴の貴女はまったくかわり映えもしない。「お給料の半分は美容につぎ込むんだ」
 と20才の娘は云った。「いいと思うよ」と応えてやった。

 みな結局「ハンドメイドな人生」をともがいてるのだ。それはそれでいいのだが、
 相当良い「腕」がないと、あんたネ並の人生だよ。
 

てか?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月 7日(金)13時05分39秒
返信・引用
  今村復興相が自主非難の方々の復帰を「自己責任だ」と言い放った。

「自主的判断」と云うならまだしも、だ。自己責任とは「自身の行動による過失
の場合のみ自己が責任を持つ」とある。このバカちん大臣は完全な誤用をした。
まず自主避難の原因は「原発事故」である。これはなんら彼らに過失はない。
東電や国の責任である。

第一に佐賀選出のものを復興相にしたのが間違い。痛みが分からない。
 

本田作品

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 4月 7日(金)00時13分35秒
返信・引用
   10年前、来るべき孫が男か女か分からない(娘が結婚したのが8年前)ので
 博多人形師本田宋也氏の作品を男子用女子用購入した。もう本田氏は日展に
 バリバリ入選してる作家だったがついに最近改組日展に特選を果たした。

 女子用は娘に送ったが男子用が残った。だが盟友多比良ガネさんに可愛い男の
 お孫さんが出来た。本田氏の作品の行先も自動的に決定した。美術作品は
 誰でも彼でもに遣れるものではない。私は今回うれしいのであります。
 作品が毎年生き生きと飾られるであろうとうれしいのであります。
 

レンタル掲示板
/314