teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


早いなあ

 投稿者:まつを  投稿日:2017年11月 1日(水)05時13分18秒
返信・引用
  もう11月ですよ。
今年の冬はいきなり来ましたね。
 
 

資質は?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月31日(火)10時15分50秒
返信・引用
   故井上ひさし氏は自著の中で優れた芸術プロデュサーの資質は、

・精力的な読書家
・優れた哲学者や社会学者
・慎ましい扇動家
・実務家
・会計士
・広告代理店の社長
・最後に、劇場に集う全ての者の母

と書いた。公務員さんが出来る筈もない。
 

Re: 良かった・・・

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月31日(火)06時56分36秒
返信・引用
  > No.20933[元記事へ]

しんのじさん
ありがとございます。
昨夜も10時間ぐらい眠りました。
ふう。

> 追伸:12月23日に例の企みを実行したいのですが、大丈夫ですか?
はい。今のところ行事は入っておりません。
 

地方のバカの壁

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月31日(火)04時43分32秒
返信・引用
  この日曜日に前職の後輩が島原に遊びに来た。久しぶりに一杯酌み交わした。
彼は福岡の中核都市に二年前に出来た三つのホールを持つ施設の支配人をしていて
この度辞して東京に帰るらしい。

二年間で限界だったという。何が酷いかというとスタッフで出向してきた市役所
の役人たちが酷かったという。舞台芸術なんて全く理解しないで居るだけの給料
ドロボウだったそうだ。

まぁしかし日本の地方都市はそんなものだ。彼は舞台全般のプロデュサーとして東京で
個人事務所を持ち、国の仕事を受け年間四千万稼いでいたが、自分の出身地への
思いもあり一千万円そこそこで館長を引き受けたが二年で限界だった。

箱物は金出せば出来るが出し物はそうはいかない。十年前から云われているのに
まだ止めない地方のバカ行政と劇場が出来たら何か文化都市になったつもりで
いるバカ市民たち。バカの連鎖で金を失くす。

長崎の県立美術館は公設民営化でN工芸社が受けててね、というと彼はウフッと
笑った。「そうだろぅ?」「まぁダメですね」と云った。

九州域内では唯一博多座が演劇専門劇場として成り立っている。それは創設当時
東宝と松竹の力を借り役人ではない社員を育て専門教育をしたからだ。

もう止めろ上辺だけの文化政策は。
 

良かった・・・

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年10月29日(日)20時55分28秒
返信・引用
  まつをさん、映画館に行ける程度にはよくなったようで何より
です。僕も、前作には思い入れがあるので(まだディレクターズ
カット版は観てませんが)、体調が完全に戻ったら観に行きます。
追伸:12月23日に例の企みを実行したいのですが、大丈夫ですか?
 

ブレードランナー よかったですよ

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月29日(日)20時29分48秒
返信・引用
   

同調圧力

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月26日(木)15時13分54秒
返信・引用
  日本は同調圧力が強いと言われる。
同調圧力とは、皆と同じことをしなさいという暗黙の圧力のこと。
50年以上前の学校はそれが強かった。制服制帽丸坊主等。
これは学校に限らず社会全般に存在しているらしい。

結婚にしてもそうだ。国は少子化で頭を悩ませているのに「婚外子」を認めようと
しない。フランスでは年間出生児の60%が婚外子。日本は2%だという。
入籍者でない児はダメだという同調圧力がある。

口では多様性の社会を目指すとか云ううが腹では違うのだ。特に高等教育を受けている
人の不理解が多い。

「損する結婚 儲かる離婚」藤沢数希 という本が売れているらしい。
帯には「婚姻届に判を押すのは、借金の連帯保証人になるより恐ろしい」とある。
読むことにした。
 

戦争好き

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月25日(水)15時07分27秒
返信・引用
  歴史に学べば、民主主義は好戦的で、また戦争に強い。

ですから中国が民主主義になったら相当戦争に強い国になる。
 

なるほどですね・・・

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年10月25日(水)08時06分53秒
返信・引用
  子育てが終わり、いくらか蓄えも残って、第二の人生が踏み出せるギリギリの
タイミングが50代ってことでしょうかね。そこを生きている自分としては、ち
ょっと複雑な心境です。

どうせ絵に描いたような幸福な人生なんて送れそうにないんで(もう十分、レ
ールから外れてる実感はある(笑))、好き勝手に自分なりの生き方をしてみま
す。ま、お互いを珍獣と思い合っている、物好きの連れもまだいるし(爆)。
 

離婚率

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月24日(火)14時01分0秒
返信・引用
  現代日本においては三組に一組離婚するそうだ。アメリカは二組に一組。

特に最近は50才から59才の熟年離婚の増加が目立つ。
一体何なんだ?結婚て。全員病院経営者なのかな?

いやそれだけ自由になったのだろう。いいことである。
 

Re: 結婚の理由

 投稿者:大閑道人  投稿日:2017年10月24日(火)12時19分3秒
返信・引用
  > No.20923[元記事へ]

大閑道人さん

> 田屋敷酒散人さん
>
>
> >
> >  私は未だになぜ結婚するのか分からない。
> >
>
> 病院経営者には、わからないだろう。
> 貧乏と病気を乗り越えるために。・・・というのが内田樹の回答。
>

誰も散人さんを、露頭に迷わせることはしないだろう。

そういう人には、家族が要らない。
 

Re: 主観的

 投稿者:大閑道人  投稿日:2017年10月24日(火)12時15分40秒
返信・引用
  > No.20925[元記事へ]

田屋敷酒散人さん

> 家族の範囲は主観である。
>

病院は、患者にとっては家族的な雰囲気を醸し出すように演出するし、
ましていわんや、最後の看取りの場所に為るであろう介護施設では、それはもっと顕著。

だから散人さんは、
「私は未だになぜ結婚するのか分からない」というのです。
 

主観的

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月24日(火)10時44分46秒
返信・引用
  家族の範囲は主観である。

ある女性は「猫のミーちやん(ペツト)は家族なの」と言い切りました。
またある女性は「私たちに子どもがいないから家族とは言えない」と。

家族とは主観的なもの。ファミリー・アイデンティテイはまちまちであります。
 

因みに、

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月24日(火)09時33分7秒
返信・引用
  現在 死を迎えるかたの八割は病院か施設です。自宅は二割に過ぎない。

精神科においては退院時家族のいる自宅へは三割、グループホーム等が
六割であります。家族という基盤、拠り所は根底から崩れさっている。

次年度医療法改定では新しい概念の「介護医療院」という施設が出来ます。
看取りも含めた医療と介護の中間的施設です。

病院経営者も現実は理解しているつもりです。現実のニーズに我々は対応して
いかなければならない。
自宅で家族に見守られながら死んでいく希望と現実は違います。
 

結婚の理由

 投稿者:大閑道人  投稿日:2017年10月24日(火)05時31分8秒
返信・引用
  > No.20922[元記事へ]

田屋敷酒散人さん


>
>  私は未だになぜ結婚するのか分からない。
>

病院経営者には、わからないだろう。
貧乏と病気を乗り越えるために。・・・というのが内田樹の回答。

結婚する理由と、結婚を続ける理由は、別物。

私の場合は、毎晩ヤリたかったから、というのが、結婚の理由。
結婚し続けている理由は、避けられない老いと死に備えて。
 

帰宅恐怖症

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月24日(火)05時12分9秒
返信・引用
   NHKニュースでやってたそうだ。あとから行きつけのママに聞いた。

 奥さんの怒りが怖いからだ。ちょっとしたことで鬼の形相になる。日々イライラ
 している。

 文春新書、小林美智子「帰宅恐怖症」を下に取材したのだろう。
 都市部に多い。

 私は未だになぜ結婚するのか分からない。人は自由を求めるならしないのも
 いいのだろう。が世間はそれを許さない。世間の人は不自由なるもの、それは
 仕事、家族、地域など己を縛る環境を反吐が出るくらい嫌に思ってるので
 他の人が「自由」にしているのを嫉妬するのだ。弱者は強者を嫉妬する、とは
 ニーチェが云っている。ルサンチマンと云うらしい。

 我が東宝はかって森繁さんの「社長シリース」や植木等さんの「無責任シリーズ」
 で成績を挙げていた。あれは一見軽くてばかばかしくて人生の指針には到底成る
 ものではないと殆どの人が思っているが、違うのだ。

 深い明察があるのだ。分不相応なことはしないという明察だ。所得の上昇がストップ
 したここ二十年余、サラリーマンごときが結婚し、家を持ち、家族を養う等、無理な
 ことをしている附けが回ったのだ。慣性でしか生きられない悲しい人生である。

 残念!
 

Re: やはり、

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月23日(月)12時06分3秒
返信・引用
  > No.20920[元記事へ]

賛同です。
 

やはり、

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月23日(月)11時11分41秒
返信・引用
  露呈した緑のタヌキ化けの皮  石舟さん

自民が勝ったというよりコイケ党のオウンゴールと云った感じであります。
総理になりたかっただけの人でご自身がアウフヘーベンして欲しい。

今度は「希望の党」が遠からず分裂しそうな予感がします。

 

菅義偉官房長官、新聞報道を否定 

 投稿者:大閑道人  投稿日:2017年10月21日(土)06時22分35秒
返信・引用
  http://www.sankei.com/politics/news/171020/plt1710200037-n1.html

多分、新聞社としては「4月1日、年度代わりの時に」という”空気”を作り出したいのだろう。

我思うに「2月11日改元」ってのは、如何か?
 

 

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月20日(金)19時43分32秒
返信・引用
  アップしました。  

現在は

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月20日(金)14時04分36秒
返信・引用
  「私たちはなぜ働いてしまうのか?」

 現在はポスト・フォーディズムと云われている。

 フォーディズムは労働者自信が中産階級化した。消費が拡大し、自らがフォード
 を所有した。近代化向上スパイラルである。熟練工としての誇りがあり終身雇用
 を基本としたのだ。

 だが現代のポスト・フォーディズムは完全マニュアル化し熟練工はいらなくなった。
 非正規雇用でよくなったのだ。

 新しい安定した生き方は未だ出来てきていない。さてどうなることやら?
 
 

消費者という虚構

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月20日(金)12時02分47秒
返信・引用
  「まつを」氏の「サピエンス全史」の中で「消費者という虚構」について考えてみた。

いつから大量の「消費者」という存在(人間なのだが)が世の中に出てきたのだろうか?
ヒントは「フォーディズム」と「デビット・タウン化」という言葉が浮かぶ。

一 フォーディズムとはあの米国自動車生産会社のフォード社のことである。
  科学管理法で開発した生産システムで世界に販路を延ばした。当然労働者の賃金も
  上昇し購買力も上昇した。時代としては1950年代から70年代まで。以降
  フォーディズムは高度成長のために欠かせないモデルとなった。

一 レビットタウン化。これは郊外化のこと。レビット社が開発した、NY州東部の
  住宅都市のこと。移動手段が車に変化して「郊外」が一変した。

  日本においては東京の田園都市線がモデル。このモデルは地方都市にも波及し
  「ドーナツ現象」と云われた。大型シッピングモールができ商店街が疲弊した。
  「ファスト風土化」とも云われる。
  移動手段が徒歩だった地域コミュニティが完全に崩壊した。
  
 

王様の耳は

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年10月19日(木)09時04分50秒
返信・引用 編集済
  妙に素直に反応しちゃうようですね、わがプライムミニスター殿は。

国会中でも、選挙応援演説中でも、ヤジに敏感に反応し、激高されるのは
あんまり得ではございませぬし。ま、本心を隠し通すってのも困るけれど。

flattery:おべっか、こびへつらう、お世辞 という見出しの記事を書い
たTimes誌のZeke J Miller、若手敏腕政治記者ってとこみたいですね。弱
冠27歳。イェール大学でも学内新聞編集に手腕を発揮し、優等で卒業。怖
いモノ知らずだから、堂々と「王様の耳はロバの耳」って言えるのかも。
わがプライムミニスターが百戦錬磨ではない、無邪気なボンボン丸出しな
のが、学生の頃から政治家ウォッチャーだったMiller氏には滑稽だったの
でしょう。

思い出したのは、「日出ずる国の天子」云々の、聖徳太子の逸話。聖徳太
子自体が想像上の人物という説もあるよう聞き及んでいるので、彼の逸話
は単なる伝説の域を越えないのかもしれません。日本の偉い人は大国に屈
せず堂々としていてほしいという人々の強い願いが、伝説を創り上げたの
ではないかと思えてなりません。

http://www.marathi.tv/political-analyst/zeke-j-miller/

 

動画は伝える

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月19日(木)04時44分54秒
返信・引用 編集済
  これは海外メディアで話題になっていた動画。
握手を終えた後の首相の表情。
TIMESは「へつらうABE」と伝えていました。

トランプ大統領が11月5日来日時、
首相と霞ケ関カンツリー倶楽部でゴルフの方向で調整とのこと。
アラートで隠れる所もなかろうに、選挙が終われば「国難」は去るらしいのです。


 

へんてこ希望。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月16日(月)15時36分59秒
返信・引用
  どうやら化けの皮が剥がれそうな妖怪コイケ。
消費税を先送りすると云った。しからば財源は?というと、企業の内部留保に課税するという。
うむ、これは聞いたことがあるぞ、としばし考えた。そうだ三年前ぐらいにピケティが
言い出したことを思い出した。
一回法人所得税で拠出したものにまた税を掛けるのか、これこそポピュリズムの最たる
ものではないのか。

この際、妖怪に変テコを付けて、変テコグリーン妖怪コイケと呼ぶことにしよう。
 

Re: お祝いしようゼ!

 投稿者:吉田  投稿日:2017年10月14日(土)10時33分24秒
返信・引用
  ありがとうございます!!!
今回は正直自分でも驚いています。審査員全員が最初から一も二もなく私の作品を大賞に決めたらしいです。さらに規定では出品できないはずの2点目の作品も会場に展示したいとイレギュラーな依頼がありました。これ以上ないほどのツワモノ審査員からこれほどまで評価されたことがいちばん嬉しかったです。副賞が来年秋に同じ会場の展示壁面60メートルのギャラリーでの個展開催なので震えています。笑
 

Re: お祝いしようゼ!

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月14日(土)07時58分12秒
返信・引用 編集済
  > No.20910[元記事へ]

はい、楽しみにしています。



実はですね、来たる2月9日は

このサイト開設20周年にあたります。

なにか企画していただけないかなあ。
 

お祝いしようゼ!

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年10月14日(土)00時17分18秒
返信・引用 編集済
  入れ違いで、豆ちゃんに参上してきました。久しぶりに差しで
ゆっくり話すことが出来ました。
12月中旬が大阪で授賞式だそうですから、年内に是非、お祝い
会をしましょうよ!しんのじにチョイとコウダクミならぬ悪だ
くみのアイデアがございます。皆さん、しばしのお待ちを。
 

Re: 朽ちていくって、すばらしい

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月13日(金)21時02分30秒
返信・引用
  > No.20908[元記事へ]

大賞受賞作品はフォトショップで見事に処理された写真です。
 

朽ちていくって、すばらしい

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年10月13日(金)18時44分10秒
返信・引用 編集済
  吉田さん、心よりお祝い申し上げます。

朽ちていくって、すばらしい。壊れかけた漁船や海辺の東屋が大好き。
朽ちはじめた、ポンコツな自分も好き。

大賞受賞作品は油絵でしょうか、それともインスタレーション?
 

Re: 大拍手喝采胴上げ

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月13日(金)12時12分17秒
返信・引用
  > No.20906[元記事へ]

私は今夜、豆ちゃんに飲みに行こうと思います。
 

大拍手喝采胴上げ

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月13日(金)10時26分10秒
返信・引用
  素晴らしい!ブラボウ!!ハラショウ!

我らが吉田さんが大賞を得た。この作品「まつを」氏主催のアートパーティ
で観たのであります。長崎バンザイであります。
 

交代してどうする?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月12日(木)11時32分4秒
返信・引用
  安倍一強がとにかくイヤだからどの政党でもいいから政権交代して欲しい、
 などと云う人たちがいるが先の民主党政権の体たらくを記憶している
私はイヤだ。どこが政権を取ろうが、

一 少子高齢化対策
一 消費税を含む税制
一 1000兆円を越す財政債務
一 北朝鮮の危機
一 景気回復

重要課題山積の今、政権交代のリスクは大きい。
「いつでも民意で政権交代可能」が民主主義の基本なんて100年前の古色蒼然
たる理論が今は通用しないと考える。 
 

Re: 私が聞くところでは

 投稿者:thom  投稿日:2017年10月11日(水)19時30分6秒
返信・引用
  > No.20903[元記事へ]

大閑道人さん

最初に地形を見た時に、恐らくそうであったと思いました。
が、先程あげたページの引用元の資料がハウステンボス町史のようなので、
そのへんには触れていないのも想像が膨らむ一因であります。
 

私が聞くところでは

 投稿者:大閑道人  投稿日:2017年10月11日(水)12時52分42秒
返信・引用
  > No.20902[元記事へ]

江戸時代は処刑場だった、と。

ただし、検証はしていませんが。
 

Re: みんな知らない

 投稿者:thom  投稿日:2017年10月11日(水)09時00分7秒
返信・引用 編集済
  > 別けても「ハウステンボス」は戦時中どういう場所だったのか

気になったので調べてみました。

まずここで明治時代の地図を見て昔の地形と地名を確認すると「赤子濱」だとわかる。

そこで「赤子浜」で検索するとこんなページがありました。

予想通りでした。
 

みんな知らない

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月10日(火)13時58分21秒
返信・引用
  オランダ村が中国人に占領されているって?、
私はオランダ村やハウステンボスが嫌いで行ったことない。

別けても「ハウステンボス」は戦時中どういう場所だったのか
今となっては殆どの人が知らない。
私はとても行けないのであります。
 

Re: おくんちうぉーく

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月 8日(日)04時48分22秒
返信・引用
  > No.20899[元記事へ]

はい。
ところが、あれだけ歩いたのに昨日から体重0.2㎏の減に留まっていました。
燃えない身体になってるんですね、夏場に。

近年、夏は暑くって、やり過ごしてるって感じです。
トレーニングどころではないと。
そのため、夏太りの傾向があるんです。

それと、なんといいましてもカロリー収支。
筋肉付けてカロリー収支に気を配ると。

 

おくんちうぉーく

 投稿者:thom  投稿日:2017年10月 7日(土)23時23分47秒
返信・引用
  あれはコッコデショがあった年だから6年前か。

カメラ二台を引っさげ、バッグを背負って三日三晩コッコデショを追っかけました。
初日はパンフレットを手に、どこにいけば出会えるのかと途方にくれていましたが、
要領を得てからは路上にチョークで書かれた暗号を読み解き、先回りできるようになりました。

師匠の順造さんの教えを忠実に守り、一歩前に出てシャッターを落とすのが快感に変わる頃、
「このオッサン邪魔やなぁ」と目で訴えてくる、いい写真が撮れました。

#画をあげて良いのかな? まずそうなので数日で消します。

まつをさん、正解。おくんちは痩せます(笑) あんときは3日で5㎏落ちました。
 

Re: 静かな理由?

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月 7日(土)12時44分40秒
返信・引用
   

静かな理由?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月 7日(土)12時32分26秒
返信・引用
  飽くまでも推測ですが、今騒ぐと安倍政権に利するからではないですか?

北はぴったりとアメリカと歩調を揃える現政権が気に食わないのです。
民進党の党首になったとたん妖怪コイケにすがったあの男は北寄り
で大臣の時外国籍の人から献金してもらい稲田センセイに追及され
失職したのを私は憶えています。
 

カズオ・イシグロ 文学白熱教室

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月 7日(土)09時12分37秒
返信・引用
  【ノーベル文学賞受賞決定!】
カズオ・イシグロ 文学白熱教室 再放送!
カズオ・イシグロ 文学白熱教室

10月8日(日)[Eテレ]後11:00
 

B層とフェイスブック

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月 6日(金)14時18分48秒
返信・引用
  殆どのフェイスブックがB層の固まり、中でも少し異色なのは岡野雄一氏のフェイスブック
である。殆どが「身の上相談」であって岡野氏の漫画に感動した読者がさりげなく相談
している。中年過ぎの方々が親の介護しつつ自分の行末も案じて吐露されている。私は
いたって人生呑気に(そういう岡野氏が好きなのだが)今までやってきた彼に真剣な
相談をするのはお門違いだと思うのだがその辺のミスマッチに微笑むのであります。

その他は全く見るものはない。素人が退職を機に料理をし自慢げに画像まで載せる。
この素人の「参加」ないしは「玄人面」するのがB層の特徴である。
具にもつかない食事風景やどうでもいいような観光旅行画像、「今はバカが情報を発信
出来るインフラが整った(適菜収)」である。

一方マスメディアから自己啓発書まで「あなたが主役」、「社会参画せよ」、「もっと
自信を持て」と素人を煽り立て、その気にさせる。結果として社会の幼児化を進めて
いるのだ。
 

ハルキスト残念

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月 6日(金)11時13分16秒
返信・引用
   村上春樹のファンをそう呼ぶらしい。
 60年代から70年代にかけて映画ファンを二分したのはサユリスト(吉永小百合)
 とコマキスト(栗原小巻)だった。それからきているのだろうハルキストは。

 また今回もノーベル文学賞を逃した。というより永遠に貰えないかもしれない。
 まつを氏が以前この板で書いたとおり、イスラエルの文学賞を貰ったのに「卵と壁」
 の挨拶でユダヤ系の人びとの不興を買った。まつを氏の予言が当たりつつある。

 私は小説を読むのを止めてもう20年近くなる。どうも自分の子どもぐらいの
 作家は読む気がしないのだ。専攻が永井荷風だったので漱石鴎外荷風龍之介露伴と
 その周辺の明治大正の作家以外はあまり読まない。日本の味わい深い小説は基本
 私小説で随筆風に四季折々の風情の中に己の心情を託してゆく作法である。

 開化以来の文明衝突、家制度の重圧、戦争と知識人など彼らの葛藤は重いのである。
 昨今の個人重視の「自分探し」読み物などに興味はさらさらないのだ。
 
 

カズオ・イシグロ

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月 5日(木)23時26分51秒
返信・引用
  ノーベル文学賞 長崎出身の日系人 カズオ・イシグロさん/

何年か前、カズオ・イシグロの『忘れられた巨人』を読み始めたのだけれど、
完読できなかった思い出。
 

Re: いなけりゃ困るB層

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月 5日(木)23時25分51秒
返信・引用
  今回も見事に自民orコイケの二者択一思考に追い込まれていますね。定番の手法。  

いなけりゃ困るB層

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月 5日(木)14時46分23秒
返信・引用
  日本国民の中の「B層」は妖怪コイケ(共産党の小池さんではない、希望のコイケ)の
支持だそうだ。B層と言い出したのは2006年時小泉郵政解散の時内閣府から受注
したマーケ会社が言い出したそうだ(適菜収)。それは「マスコミに流されやすく、
比較的にIQの低い層」のこと。

かれらの好きなこと、「産地直送」「有機栽培」「長期熟成}「秘伝}「匠の技」や
          「相田みつを」など。

しかしですねぇ、そのB層の方々がいらっしゃるから「新聞」や「回転寿司」や「テレビ業界」
やもろもろ繁盛している訳でバカにするよりありがたがらなけりゃいけないと思うので
あります。日本経済の牽引者は謂わばこの「B層」の方々なんですから。
ついでですが「改革」もお好きなようであります。
 

固めるのが紳士。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月 5日(木)12時42分35秒
返信・引用
  男のオシャレは「軍装」から来てる、と先輩から教えられた。ジャージィとかスニーカー
なんかはもっての外である。

折り目正しいスラックスを履き息苦しいほど糊の利いたシャツを着て袖はカフスで締め、
上にベストを着てまた緩んだ身体を締め付けるのであります。そしてやおら背広を着る。
靴は硬い革靴を履くものであります。ピカピカに磨き上げる。その証拠に東京の
名だたるホテルの地下には必ず靴磨き店がある。

男のやせ我慢の美学はもうすでに死滅したのは理解しておりますが、また山口先生
のお言葉も理解はいたすのですが、散人絶滅危惧種として最後まで矜持を持ち続けて
静かに消えて行きたいと思う今日この頃であります。
 

妖怪の名は?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年10月 5日(木)10時03分54秒
返信・引用
  生息地域    東京都庁と豊洲と築地を行ったり来たり

見た目の特徴  とにかく化粧が濃い&時々緑色に変色する

得意技     選挙前の二枚舌

弱点      顔に雨がかかるのを極端に嫌う

生態      今や大物妖怪になりいつの間にか有力政治家に
        近づき、いつの間にか裏切る技は、すでに芸術の域

その名は 怪しげな言葉で大衆を翻弄する「コイケキングヒドラ」
 

コイケの陰り

 投稿者:まつを  投稿日:2017年10月 4日(水)03時04分48秒
返信・引用 編集済
  都民ファに所属し、昨年7月の都知事選から小池氏を支援してきた音喜多駿、上田令子両都議が
離党を検討、小池氏の政治姿勢などに反発する動きで、5日にも離党届を提出する方向で調整、
小池氏に対する造反行動は、衆院選にも影響を与える可能性も。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000047-mai-pol

音喜多駿氏の発言はこちら。
http://otokitashun.com/blog/daily/16190/
 

レンタル掲示板
/324