teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


トランプが掲げた政策は、反グローバリズム。

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月23日(月)18時33分26秒
返信・引用 編集済
  結局、トランプが掲げた政策は、反グローバリズム。
で、グローバリズムを推進してきたのは、エスタブリッシュメント。
したがって、反エスタブリッシュメントは反グローバリズム。

我が国でも、TPPの論議が起きたとき、少なからぬ人々が懸念を抱きました。
海外からの産物によって自分たちは職を失うのではないか。
あるいは自国のことを自国が決められなくなることが多くなるわけだから、
それは主権国家の崩壊ではないか、と。

グローバリズムに「待った」をかけたのがトランプ。
TPP反対、移民反対、国境に壁をつくる、自国のことは自国で決める。
これは反グローバリズムの勝利であり、
国境や国民国家にこだわる者たちの勝利であったわけであり、
グローバリズムによって稼ぐ階層 対  グローバリズムによって職を失う庶民層の戦いで、
庶民層が勝利を収めたということでしょう。

近年、グローバリズムが進められたことで、労働分配率は低下。
先進諸国の実質賃金も伸びなくなりました。

ではどのような層が得をしたのか。
世界的富裕層です。
世界の上位62位までの富豪の資産が、世界人口の半数を合計した資産と同額。
そこまで格差社会は激化し、なおかつ国際金融のバブル化が進みました。
さらにグローバリズムによってイスラムとの軋轢が生まれ、
その結果、欧米でテロが発生しているのならば、
グローバリズムは停止したがよいと思っているのかも知れません。

こう解説するメディアが少なく、反トランプキャンペーンを張っているかのように見えるのは、
世界的メディアもまたエスタブリッシュメント側と見たがいいのかもしれません。

なお、私はトランプが庶民であるとは毛頭思っておりません。
その点は、捨老さんが見事に解説してくださっています。
ギャツビーの例えはさすがにうまいですね。
トランプは、戦略としての反グローバリズム。
このことは反ウォール街だったはずのトランプが、
早くも蜜月状況を発生させていることからも推察されるように思います。
 
 

ようするにアメリカは、

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月23日(月)15時42分2秒
返信・引用
  民主政(国体としての)を採用した訳で、仕分けると
一、自由を求める自由主義
一、平等を重視する平等主義
一、共同体を尊重する共同体主義

の三つの要素で構成されてます。決して社会主義国家にはなりません。

しかし近現代になると上の要素に「功利主義」が入ってきます。所謂経済であります。
この経済と上の三要素絡まって民主、共和党の微妙な違いが現れてきます。
 

アメリカの貴族?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月23日(月)13時07分23秒
返信・引用
  ・ロックフェラー・モルガン・メロン・デュポン・ヴェンダービルド・ハリマン
・スター・クーンローブ・ゲティ・カーネギー
 

なるほどですね

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年 1月23日(月)12時12分41秒
返信・引用
  捨老さん、ご教示ありがとうございます。

なるほどですね。イメージがすっきりとまとまります。トランプもしょせん、
一人の成り上がりに過ぎぬ、と「思う側の人」をプロファイリングすれば、
答えはそうなりますね。

米国が、実は隠れた人種差別が一番激しいのは、(二十年ほど行っていませ
んが(笑))体感するところであり、逆差別(過剰に公的機関の代表者やTVに
映る人種のバランスを気にする様子は滑稽ですらある)も激しいようです。

同様に「社交界」差別が隠然と存在するのは、想像に難くありません。
 

そう来ますよね・・・

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年 1月23日(月)09時17分21秒
返信・引用
  僕の推論を引っ張っていただくと、当然そういった点が著しく気になりますよね。

クリントン(夫)の選挙戦頃より、勿体つけない、理解し易いプレーンな英語が
使われるようになってきているようです(長々と続く受動態の文を使わない等)
が、このジ・エスタブリッシュメントのもつ意味合いは難解極まりない。まつを
さんが鋭くご指摘されたごとく、非常に意味がとりづらいわけです。

ジ・エスタブリッシュメントをどのように解釈するか?旧来からよく言われてき
たWASP(W:白人 AS:アングロサクソン P:プロテスタント)は、トランプ氏
にも当てはまるので違う(注:父親はドイツ系、母親はスコットランド系であり、
生粋のASではない。ちなみに入れ乳疑惑(余計な情報失礼!)の美人娘、イヴァ
ンカは、ご主人の宗教に合わせ、ユダヤ教に改宗済み。ということはご主人はユ
ダヤ系ですかね。ちなみにトランプ氏とイスラエルのネタニヤフ首相は親友で、
ツイッターでまっ先にお祝いメッセージが届いたそうです)。

今までの民主党政権?だとすれば、共和党だって、石油メジャーやら兵器会社と
癒着して儲けていたと言われるブッシュ(息子)は?え、彼は内需を満たしたか
らいいのか(爆)。

だとすると、特定の大学(ハーバード、プリンストン等)を出た一部の層という
ことか(トランプ氏だって裕福な家庭の出だし、ペンシルバニア大学だって一流
私立校なんですけどね)。これも今一つピンと来ません。

色々考えていくと、ジ・エスタブリッシュメントという言葉に、お互いが結託し、
資本、金融、政治など様々な角度から利権や税金を山分けしている民主党の権力
中枢勢といったイメージを、巧妙に被せていっているようにも思えてきます。自
分だって不動産王だし、ユダヤ人脈も入手済み、まさにジ・エスタブリッシュメ
ントそのものなのに、うまくその集合から外してしまう印象操作に思え、あたか
も自らが庶民の代表とでも言いたいのであれば、ちょっと笑えてきますが・・・。

http://www.news-pj.net/news/39191

 

re: おそらく

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月23日(月)05時12分45秒
返信・引用 編集済
  ありがとうございます。
そう思われますね。
では、 The establishment(支配者側or階級、体制側)とは?
「オバマ一派」で終わるのでしょうか?
この文脈をみていますと、違った固有名詞が出てきそうな気がするのです。

また、おそらくこの演説を詰めたのは
腕利きのスピーチライターであるはずなのですが、
こうも素朴な文体で整えたという事は
訴えている対象が
高学歴ではない層を主体としていることが分かります。

ちょうど一般大衆を対象にしたアメリカ映画のように
分かりやすく分かりやすく構成されていますよね。

2016年時点の次のニュースでも背景がよく分かります。
「全体の選挙資金が明らかにされた最後の日付である10月19日までに、
クリントン陣営は10億ドル(約1050億円)以上を集めた。
これに対し、トランプ陣営の調達額は半分程度にすぎなかった。……
もしトランプ氏が当選したら、同氏は選挙資金の大半を担ってくれた
数百万の中間層に礼を言うべきだろう。
日々の要請に応じ、インターネットで35ドルを寄付した人々が
これに該当し、小口献金でトランプ氏は共和党の過去最高を記録した。」
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12218019116.html
 

おそらく

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年 1月22日(日)23時06分32秒
返信・引用
  まつをさん、おそらく引用部分の直後に、

The establishment protected itself, but not the citizens of
our country.

とあります。これがあたかも対句のごとく言い換えてありますので、
つまり The establishment(支配者側or階級、体制側)と同義とい
う捉え方で宜しいのではないかと(文法的に杓子定規ですみません)。

それにしても、超内向きな内容で、とにかく米国自体を立て直さな
ければならぬの各論オンパレード。たしかに格調高くないと言えば
それまでですが、かつて米国大統領が、ここまで天下国家について
高邁な理想を論じることを避け、ひたすら米国再建第一と口を酸っ
ぱくして繰り返すのも、異様な迫力とある種の説得力があるのは、
間違いなく事実でありましょう。

http://diamond.jp/articles/-/115158?page=2

 

首都にいるある小さなグループとは?

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月22日(日)12時20分41秒
返信・引用 編集済
  トランプが大統領選で勝利したとき、
どのメディアでも偏向報道反省のコーナーを設けました。
その舌の根も渇かないうちに
デバイスされた報道姿勢。
トランプ支持者と言うわけではありませんが、
メディアの癖は困ったものだと思っています。

トランプは大統領就任演説の冒頭で次のように述べました。

「あまりにも長い間、
 首都にいるある小さなグループが
 政府の恩恵にあずかる一方で、
 アメリカ国民が代償を払ってきました。
 ワシントンは栄えてきましたが、人々はその富を共有していません。」

For too long,
a small group in our nation’s Capital
has reaped the rewards of government
while the people have borne the cost.
Washington flourished ? but the people did not share in its wealth.

この「首都にいるある小さなグループ」とは何なのか?
そのことを解説する大手メディアを知りません。
誰か教えてください。


http://ironna.jp/article/5250
 

いいかげんなもの。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月22日(日)11時49分26秒
返信・引用
  昨夜市内のバーでしきりにトランプ悪人説を店の女性に云っている男がいたので「あんた
就任演説の全文読んだ?」と聞くと案の定読んでないという。

あの平和と理想主義の反トランプ陣営の粗野で暴力的な「トランプ反対」行動は
どう評価するのか。

アメリカは欧州と戦って独立した。欧州の戦い(第一次対戦)以降局外中立
の立場を採った。モンロー主義という。それを表舞台に引きづり出したのは英国の
チャーチルだった。独ヒットラーと東亜の日本に手を焼いたからだ。
それ以降は旧ソ連の共産主義との戦いで西はNTO東は日本韓国に軍を置いた。
世界の警察と云われた。

19世紀がパツクスオブブリタニカ20世紀はパツクスオブアメリカーナである。
世界の秩序である。自分たちの時代はキューバ問題で第三次世界大戦が始まるの
ではないか?という恐怖を味わった。

トランプは世界の警察になるよりアメリカ国内の立て直しを重要とする本来の
アメリカの姿に戻そうとしている全うな大統領である。ハーバートやその他の
エリート達から国民に政治を取り戻そうとしている人なのだ。

マスコミ情報を鵜呑みにする胡乱な日本国民は多い。
日本のマスコミはトランプの情報が全く取れてなかった。今あわてているのだ。
 

トランプの腕前拝見

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月21日(土)20時42分26秒
返信・引用
  マスコミがアンチ・トランプ一辺倒なのに
逆に危うさを感じるのは
間違っていますでしょうか?
 

私はLINEは使ってませんが

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月18日(水)17時51分54秒
返信・引用
  こんなメールが来ました(笑)。

---------------------------------
お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために 、ウェブページで検証してお願いします。

こちらのURLをクリックしてください。安全認証
www.line.me/


LINE 安全認証
 

大衆迎合ではない。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月18日(水)14時09分12秒
返信・引用
  ポピュリズムを大衆迎合主義と決めつけるマスコミ。
出自はれっきとした政党名だったのを知っているのか。
19世紀末 米国の二大政党支配に反旗を翻した人民党が別名ポピュリスト党
だった。

マスコミはポピリュズムを安直に大衆迎合と名付け、批判しながら言語を流布し
て衆を煽っている。民主主義が多数の支持を得ることが最重要課題ならば
どの政党もどの道大衆迎合しなければならない。私は安倍内閣が消費税を
見送ったのもポピュリズムだと思っている。

日本のインテリ層もまた私は大衆とは違うという妙なプライドがあるから
トランプを嫌う。とくに大学という畜舎にいる学者、もうじき読まなくなる
大新聞社、これらが用無しになったから国民はトランプを選んだ。
がトランプが永く続くとは散人も思ってない。日本の民主党が徒花だったように。
 

引きづり込むな。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月18日(水)07時52分27秒
返信・引用
  はっきり言えば民主主義であろうが君主制であろうがわれわれ民はちっとも
構わないのだ。一番重要なのはこころ安んじて日々が暮らせるかどうかなのだ。
それを昨今はやれトランプがどうした、小池知事がこうした、など低俗な
ワイドショーに翻弄されこの田舎の島原の小市民なんかなあんにも関係なに
のに一喜一憂する。

 お父さん真面目に働いてお母さん仕事と子育てに獅子奮迅する日々が我々
民のいっぱいいっぱいの幸せなのだ。しかるに高校になると表の学者風情が
したり顔して子供らを一国の在り方論まで講釈する。

 我々を表舞台に引きづり出すな。政治より稲作の方法論の習得が先なんだ。
会社で政治論をほざいていると、バカ!しのごの云う前に一台売ってこいと
檄が飛ぶ。

 学校教育の根本的見直しをしないとそれこそ日本は危ない。
 

笑える。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月18日(水)05時16分39秒
返信・引用
  表の問題、直ぐ解答できました。バカみたいな問題ですね。
この内山某は所謂戦後リベラル派みたい。どっちつかず。
というのは民主主義を信じているようでさりとて国民大衆を
信じてない。ポピュリズムに陥り易いとご心配なさっている。

よき民主主義は「私」みたいに学問ししっかりとした判断力を
持ちましょうね、と云う。鼻持ちならないレベラル輩だ。
 

Re: 過労死2

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月15日(日)20時21分56秒
返信・引用
  > No.20194[元記事へ]

ご丁寧にありがとうございました。
了解です。
 

過労死2

 投稿者:じだらく  投稿日:2017年 1月15日(日)19時53分29秒
返信・引用
  すみません。相変わらずの言葉足らずです。私が勘ぐっているだけの話で裏がとれている話でもありません。件の大手広告代理店は相当深く東京五輪の利権に絡んでいることはいくらでもネットで検索すれば出てくるのですが、今回五輪の問題が他に色々と出てきている時に合わせてかぶせるように過労死問題が大きくクローズアップされたのは何かしら恣意的なものがあったのではないかなと思って検索してみても都市伝説的なものすら出てこないので、(?)と考えた次第です。  

Re: 過労死

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月15日(日)17時17分44秒
返信・引用
  > No.20192[元記事へ]

といいますと?
もう少しご説明いただけませんか?
 

過労死

 投稿者:じだらく  投稿日:2017年 1月15日(日)15時33分1秒
返信・引用
  今に始まった話ではない過労死自殺が問題となった某大手広告代理店の件は五輪の利権が何かしら絡んでいて一つの警告だったのでは?と思うのですが、表立っていろいろ出てきませんね。さすがに闇が深すぎるのでしょうか?  

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月15日(日)09時42分15秒
返信・引用
   

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月15日(日)09時31分32秒
返信・引用
  大きな嘘は大々的なかたちで世論を覆ってやってきます。  

騙されるな。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月13日(金)14時19分20秒
返信・引用
  管理人さんごめんなさい、すこし違う話をします。

近頃の官民挙げての長時間労働の是正というキャンペーンに強く異議を申し立てます。

私どもが働いているころ(私は今も働いているが)「24時間働けますかあぁ?」という
栄養ドリンクのCMソングが流れていた。
私は劇場で芝居造りの仕事をし始めた。そんなもの大学では教えてくれなかった。だから
徹底的に先輩からしごかれた。初日5日前から徹夜の連続だった。それじゃないと間に合わない
のだ。不平を漏らす仲間は誰一人もいなかった。みなこの世界が好きで入った者ばかりで、
とにかく芝居作りのスキルを会得しなければ落ちこぼれてしまうからだ。

どの業界も新人とはそんなもんだろう。しかるに近頃のやれ休め、残業するなはなにか
胡散臭い意図が感じられる。
云ってしまうと賃金を上げられないからせめて休暇なりともという国の意図。
胡散臭いのだ。 
 

公共政策哲学。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月13日(金)13時56分9秒
返信・引用
   元世界銀行副総裁 西永恵美子

 「測れるものは必ず管理される」という言葉があります。国民の幸福度を数値化
  すると、国が間違った指数を管理しようとして危険なことになります。
  国民総幸福量の追求は公共政策哲学なのです。日本の政治家は幸福度を測って
  何に使うつもりでしょうか。必要なのは物差しでなくて哲学なのです。
 

みなさん

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月13日(金)12時59分30秒
返信・引用
  もっとこの件について
お話を聞かせてください。
表に貼りますので。
 

いいですねぇ

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月13日(金)12時47分30秒
返信・引用 編集済
  しんのじさん
ありがとうございます。
この問題は、どんな知識レベルかを測ると同時に、
どんな意識レベルかも露呈させると思いますよね。
で、なおかつ、答えた後に残るものの一つに
「データって恣意でどうにでもなるんだな」と言う所感。
結局、データは必ずしも客観的なものではないという認識を持たせるわけです。

ですから、散人さんの弁のとおり
「他人様の幸福度なんていらぬお節介」であり、
恣意的なデータに一喜一憂する必要など無いのです。

そして国連の幸福度ランキングなども、私たちは批判していいのです。
「ならば日本は、このランキングが出たために、
我が国より幸福度上位の国々への援助は、国民の同意を取り付けることが出来ず、
打ち切るがいいのか。その責任を取る覚悟があって出したのだろうな」と。
 

みな高血圧症。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月13日(金)12時43分59秒
返信・引用
  昭和23年生まれの散人は、敗戦の結果とにかく日本中ないないずくし、
ましてや島原の田舎は酷い惨状で農家は働き手を殺され田畑は放棄状態、
商家も売り物がなくてがらんどう、真空状態だった。おまけに31年ころ
諫早大洪水があり死者行方不明者が700人近くでた。これは後で分かった
ことで電気もと切れラジオも聞けずなにがなにやら分からない状態。

一週間後小学校に出たら旧友三名が死んでいた。

しかるに今日、何が幸福度調査か!バカも休みやすみ云ってくれ。比較すれば
今日生きてる人全員が「幸福度100%」だろう。幸せ高血圧症だ。

幸せを感じるならもう一度戦争起こして敗戦占領を味わえばいい、とさえ思う。
 

ありゃしない。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月13日(金)11時53分25秒
返信・引用
   私は戦後派作家 埴谷雄高先生の謦咳に何度か接したことがある。今でも
 こころの中の何処かで師と思っている。

 先生が何処かの文芸雑誌のインタビューで、

 ・人生最大の幸福は?         そんなもんありゃしない
 ・あなたが寛大になれない過ちは?   子どもを生むこと
 ・友人に一番望むこと?        無限の時間の中で偶然一緒に生まれ
                    あわせた悲哀

 他人様の幸福度なんていらぬお節介であります。
 

まつをバカロレアの

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年 1月12日(木)22時55分2秒
返信・引用
  都道府県の幸福度指標の乖離、まさにまつをバカロレアのいい素材
となりそうです。日本も多様な価値観を上手に理解していくべき時
が来たと思うのです。
 

お待ちしております。

 投稿者:田邉 朗  投稿日:2017年 1月11日(水)20時11分7秒
返信・引用
  酒散人先生。お待ちしております。  

こんな人で大丈夫か?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月11日(水)11時13分37秒
返信・引用
  経団連の榊原会長が年頭挨拶で「個人消費が延びないのに強い懸念」と発言した。

この人重責にいるのに大丈夫か、と思った。
GDPの三面等価の原則という基本を知らないのか?

GDPが延びないのに政府税収と各社内部留保が拡大している現在個人消費が
伸びる訳がない。ばっかじゃなかろか。
 

長崎から佐賀。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月11日(水)05時53分59秒
返信・引用
  14日は松尾順造氏の写真展と薫さんのピアノ演奏を聴きに長崎へ、
17日は佐賀で行われる金属造形の田邊さん展に行く予定。

二月になると11日に旧友の「新宿二丁目のゲイの歌姫」のサチが島原にやって
来てコンサートを開く、ディナー付きである。年下の友人でもある社長がプロデュサー
になってくれた。楽しいことは造らなければならない。書家井上にも書道パフォーマンス
を前座にしてもらう。

サチは30年以上前に新宿のクラブでホステス兼歌手をしていた。稼いで二丁目で
スナックを出した。私といい仲のサチと同僚ホステスとよくサチの店に行っていた。
彼女も店を出した。私は彼女のギャンブル好きが気になり、経営者になったら控えろ
と云った、肯いていたが裏でやっていて闇金から追い込みを掛けられ新宿から消えた。

サチと私は殺られたんじゃないか?と心配したが岡山でホステスしていると話を
聞いた。二人は胸を撫で下ろした。

35、6年前の古きよき時代の新宿物語である。サチも恥ずかしいそうに「還暦超え
なのよ」と云った。
 

Re: ちょっと似て非なるモノ

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月11日(水)03時52分2秒
返信・引用
  > No.20178[元記事へ]

しんのじさん
さすが。
サプールは武士道みたいなものを受け継いでますよね。
日本のそれは、はしゃぐためのもの。

生ハム塾出撃、ご苦労さまでありますっ。
 

ちょっと似て非なるモノ

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年 1月10日(火)22時02分29秒
返信・引用 編集済
  表の問題提起で久々に思い起こしたのは、コンゴ共和国の洒落者たち、
サプール。貧困の中、ある意味、思想の表出として敢えて食うや食わず
で歌舞伎者を演じる彼らの覚悟が、バカ成人どもにはないですもんね。

追伸:今週末、アートパーティ賄い班でプレリミナリーミーティングを
兼ねた生ハム塾出撃を、佐賀県南部までしてきます。

http://sworldnews.com/sapeurs-congo/

 

ヤンキー成人式の衣装

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月10日(火)21時26分7秒
返信・引用
  報道を見て想起したのは「男性の女性化」。

昔の成人式では、女性は着飾っていましたが、
男性はそりゃ簡単な出で立ちでした。
成人式は一生一大の成人式と、数十万円掛けて着飾るのは
女性と相場が決まっていたものです。
昨今映し出される一部男性の滑稽なまでの華美デコは、一昔の女性の傾向。
なんでしょね、あのチープさは。

これは暴走族文化の流れだけではないように思います。
こんな傾向が出始めてだいぶ経ちましたが、
幼稚園のイベントで、お母さんたちが華美デコの衣装を着せて踊らせた流れが、
体育祭でもしっかり続き、成人式に至っているという潮流。平和ボケの極み。

相変わらず採り上げるマスコミの見識のなさはさておいて。
 

Re: ありがとうございます

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月 9日(月)23時11分55秒
返信・引用
  > No.20175[元記事へ]

> まつをさん 写真展の告知をしていただきありがとうございます。
どういたしまして。
 

ありがとうございます

 投稿者:ポプリ  投稿日:2017年 1月 9日(月)23時08分48秒
返信・引用
  まつをさん、みなさま、あけましておめでとうございます。
皆様にとって良い年となりますようお祈りいたします。

まつをさん 写真展の告知をしていただきありがとうございます。
写真のプロジェクター投影に合わせてピアノ演奏いたします。。
どうぞよろしくお願いします。

2月のアートパーティも楽しみです!
 

もう一句。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月 9日(月)13時41分28秒
返信・引用
   春の蛇口は「下向きばかりにあきました」 坪内稔典

 春にはまだ早いが、そうだ台所の蛇口は常に下向きだ、ひたむきなくらい
 下向きだ。僕等は春になると校庭の隅にある手洗い場の蛇口を上向きに
 して水をがぶ飲みしていたっけ。台所のシンクの上にある蛇口もなんとなく
 こころ踊る春を感じたに違いない。おれもたまには上向きで水を噴射して
 みたいんだ、という意思がこの句から伝わつてくるし、また永年文句も
 云わず妻の愚痴にもバカ子どもらの勝手な言い分にも我慢して勤務しつ
 づける日本のお父さん達の心情も私はこの句に見つけてしまうので
 あります。
 

 

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月 9日(月)11時33分46秒
返信・引用
  そう。
呑めるだけで丸もうけです。
 

今更ながら意味はない、

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月 9日(月)11時08分42秒
返信・引用
  68年間生きてきて、我が人生にあまり意味はなかった。今後生きながらえても
同じことだろう、と年頭に思った。

酒は飲み続けよう、イヤなヤツとは話はしない、真面目はダメ、お金は使おう、

たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ 坪内稔典

こんな句を発見することだけに今後は生きていこうと今思っている。 
 

あやまり続ける日本人

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月 8日(日)12時47分13秒
返信・引用
   韓国の日本における併合は国際法上の条約だった。しかるに韓国は侵略だった
 というし自国の子供たちにも日本が侵略した憎き国だと教え込んでる。
 これは歴史のねつ造であるし歴史学の未熟さを証左であろう。

 一国の大統領があろうことか訳の分からないスピリチャル系おがみ屋さんの
 傀儡にされてしまった。そんな程度の国なのだ。
 それが国民の怒りを買い、前大統領(まだか)が手打ちした慰安婦問題が再燃
 した。袈裟まで憎しだ。彼らは自国を恥じている、恥じを糊塗するために矛先を
 日本に向けた。

 報道も先のベトナム戦争時彼の地で韓国軍が女性たちに何をしたか知らせよ。
 それと30年前韓国各都市には日本でいうところの遊郭にキーセンという
 女性たちがいた。日本にとやかく言える立場ではない。

 朝日毎日NHKなどのクソこころやさしいエリート気取りのブンヤどもの
 罪もまたある。朝鮮やシナにやけに弱い。
 

呆れたといえば

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月 8日(日)01時12分25秒
返信・引用
  嫌韓的コメントは控えるようにしているのですが、
今回のソウルと釜山の日本大使館、領事館前にある少女(従軍慰安婦)像を巡る問題も呆れています。
国家が契約不履行をなすとは。
10億円返還を求めてもいい事態ですよね。
 

わからない2

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月 7日(土)23時36分6秒
返信・引用 編集済
  この件について
ワイドショーが追うならまだしも、
NHKがトップニュース扱いしている意味が和まりません。
NHKはその意味を説明できるんでしょうか。
 

バカ者ども。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月 7日(土)13時29分18秒
返信・引用
  件の学生には哀悼をささげるに吝(やぶさか)ではないが、もう単純に西欧に
憧れるのはやめた方がいい。散人も二年ほどアメリカにいたが彼の地が死ぬほど
いやになって帰ってきた。いやになった理由は挙げると限がない。

いってしまうと何所の国も移民が多くまた近頃は難民も、だから民度の低下
はなはだしいのだ。一部白人就中お金持ちは都会なら二重三重のセキュリティ
の効いたマンション、田舎なら要塞のようにした屋敷に住んでるのだ。彼は
自国の治安を信用していない。

どうかこの板をご覧の方の婦女子を外国に短期旅行は別にして長期滞在は
させないでほしい。
 

わからない

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月 6日(金)18時06分17秒
返信・引用
  フランス留学先で殺害された可能性が濃厚な事案。
これを連日大きな事件として報道する意味が分かりません。
1人が殺害された。容疑者もほぼ特定されている。
後は粛々とやるだけです。
報道する意味が分かりません。
親不孝な事案だなと思っています。
 

 

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月 6日(金)18時03分16秒
返信・引用 編集済
  しんのじさん
お聴きいただきありがとうございます。
ポチッという音。たぶんあれは合成したハンドクラップだと思います。
サンダーキャットにしろ、グラスパーにしろ、
ここまでソフィストケイトされた音が生み出されるようになったんだなと感慨。
 

レコード感の演出?

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年 1月 6日(金)15時19分59秒
返信・引用
  サンダーキャットの成熟した演奏、興味深く聴かせていただきました。

意図的に、プツッ、プツッと、ごく短いホワイトノイズ様の音が断続
的に混ぜ込んでありますね。僕らの世代は、あの音を聴くと懐かしさ
がこみ上げてきます。今は昔となった、レコードの針が溝をこする音
の演出でしょうか。
 

すかさず出た

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月 6日(金)13時26分16秒
返信・引用
   各企業代表者の年頭所感を一通り読んでみた。多かったのが米次期大統領
 トランプ氏についてである。皆一様に戸惑いを隠さず先行きの不透明さを
 述べている。

 と云ってる矢先にトランプ氏がツイッターでトヨタのメキシコ新設工場
 が噛み付いた。トヨタも驚いている様子。
 

Re: どこがいいのか!

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月 5日(木)12時57分20秒
返信・引用 編集済
  > No.20162[元記事へ]

よくないです。
そこに絵画流通界のカラクリもあるようです。
 

どこがいいのか!

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月 5日(木)04時28分9秒
返信・引用
   長崎県美術館はまた「北野たけし展」をやるそうだ。あんなベタな絵のどこが
 いいのか散人は全く分からん、この掲示板の方々「たけしの絵」のここがいい
 のだ、とどなたかご教授下さい。

 いっぱしのこと云って反論されると「俺は芸人だ」と云って穴倉に逃げ込む
 卑怯さ、タモリさんはメインの番組から引退した。迫りくる老醜が分かって
 いたのだ。たけしももう70歳である。一線から引け。あんたの卑怯さは
 あの講談社殴り込み事件でようく分かった。あの健さんの映画における単騎
 敵に乗り込んでいく姿にこそ衆は拍手するのだ。あんたは違う、たけしよ。

 家来どもに「一生おれが面倒みる」と宣言したもんだから辞められない。
 老醜をさらけ出して今後も画面に出るのだろう。これを見る衆もマゾの
 極みだ。

 県美の方々こころある県民をバカにするでない。

 
 

Re: 今日まで知らなかった。

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 1月 4日(水)17時51分15秒
返信・引用
  > No.20160[元記事へ]

> エディ・フィッシャー

 

今日まで知らなかった。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 1月 4日(水)17時05分57秒
返信・引用
   映画スター・ウォーズの「レイア姫」がなくなった。女優キャリー・フッシャーさん。
 ウキで調べると、なんと父はあの大歌手のエディ・フィッシャーだと書いてあった。
 不覚にも今日まで知らなかった。

 エディ・フィッシャーは60年代米国の大人気歌手であった。後のペリー・コモ、
 アンディ・ウイリアムス達と並ぶ美声歌手の代表者だった。タキシードで決めてる
 正統派歌手で、薄汚いビートルスが出てみな汚くなった。もう二度と清潔感溢れる
 歌手は現れなかった。

 それとあのエリザベス・テイラーの夫でもあったのだ。たしか四、五回結婚した
 モテ男だった。

 もう彼を知っているのは70歳以上だろう。古きよき米国の象徴でもあった。
 

レンタル掲示板
/311