teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


私が好きなミツロウ

 投稿者:しんのじ@関西出張中  投稿日:2017年 3月 4日(土)21時00分47秒
返信・引用
  親父ギャグで恐縮ですが(汗)、ミツバチが巣を作るために分泌する
ミツロウ(蜜蝋)は、非常に幅広く利用されている、密かに重要なる、
「偉大な小さな働き者」が生む産物なのです。

医療や美容の世界では、手術中の骨髄からの止まりにくい出血を止め
るための「骨ロウ」として、脳外科や脊椎外科では必要不可欠ですし、
各種クリームや口紅の基剤としても重要です。

古来より、これ自身が健康食品として重宝されてきた背景もあります。

また、フランス南部の古典的焼き菓子として、「カヌレ」という背の
高い、詰まったマドレーヌみたいな物がありますが、これの外壁をパ
リッと仕上げるため、蜜蝋が使われていたりもします。

もちろん、超高級なキャンドルの製作に使われるという、ロウという
物性を生かした使い方もされております。

追伸:岩永先生の鮮やかで深いコバルトブルーそっくりな色のドレス
を出張先で見つけました。家内のステージ用に、勢いで買っちゃいま
した。ただし、ほろ酔いのなせる業かもしれず、本当に岩永先生みた
いな深い色だかどうだか、ちょっと心配です(笑)。
 
 

間違ったハチロウ

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 3月 3日(金)12時54分57秒
返信・引用
  ひな祭りです。
? 明かりをつけましょ ぼんぼりに
のうた。たんに「ひなまつり」かとおもっていたら「うれしいひなまつり」です。

2番の歌詞  お内裏さまとおひな様 ふたりならんですまし顔

とありますが、詩人サトウハチロウは間違っていた。
男雛をお内裏さん、女雛をお雛様 と分けたが実はどちらも二人の総称であったのだ。
作者はこのことを恥じてこの歌を聞くのをいやがったという。
 

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 3月 2日(木)10時56分52秒
返信・引用
   「原因と結果の経済学」中室牧子、津川友介 著

  ・メダボ健診を受けていれば長生きできる
  ・テレビを見せると学力が下がる
  ・偏差値が高い大学に行けば収入が上がる

 そう云われて否定する人はほとんどいないだろう。しかし、経済学の
 有力な研究はこれらをすべて否定している。
 「根拠のない通説にだまされてはいけいない、と本書は詳細なデーターを
 提示してそれを説く。
 

Re: 春一番!

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月28日(火)18時04分45秒
返信・引用
  > No.20334[元記事へ]

捨老さん
ありがとうございます。
おかげさまで、心の底から楽しませていただいたアートパーティでした。
次回はぜひ貴兄もおいでいただくことを楽しみに致しております。
 

長崎アートパーティ お礼とご報告

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月27日(月)22時09分59秒
返信・引用
  各位

         長﨑インターネットラジオ事務局

前略

長崎アートパーティをおかげさまで盛会のうちに終了することが出来ました。

様子を紹介したサイトをこちらにご用意しましたので、

御閲覧いただけば幸甚に存じます。

http://nagasaki-netradi.sakura.ne.jp/off/2017_02_18/index.html



美術、音楽、美酒・美食を堪能させていただきながらの遊宴でした。

その様子の一端を掲載いたしております。



事務局といたしましては、

皆様方のより一層のご参加・ご来場をお持ち申し上げております。

また気が満ちたときに開催いたしますので、

ジャンルを超えたクリエイター、

そしてメディア関係者と美術愛好家の皆様方が

気軽に多様に交友をお持ちいただく場として

お遊びにいらしていただけば幸いです。



皆様方の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

 

Re: ご祝辞ありがとうございました

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月27日(月)20時39分45秒
返信・引用
  > No.20330[元記事へ]

散人さん
多比良カニさん

誠に愉快な一時でした。
散人さんの人徳のなせる業。

そしてお二人が組まれますとラッセル車のようです。

もちろんあのような美酒、美食も稀有なことでありました。
合掌。
 

ご祝辞ありがとうございました

 投稿者:空っぽ多比良カニ  投稿日:2017年 2月27日(月)16時57分16秒
返信・引用
  まつお先生!遠方よりご参加と田屋敷先生にご祝辞頂戴いたしまして誠にありがとうございました!素晴らしい古希の祝いの会ができたこと 感謝申し上げます。

https://theta360.com/s/2o3x1hGXiCS0xAkomGlUCy8No
 

過分過ぎる

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月27日(月)09時46分38秒
返信・引用
  私めの古希の会に「まつを」さんから過分過ぎるご祝辞を頂き恐縮であります。
ありがとうございました。
 

レシピ ほか

 投稿者:しんのじ  投稿日:2017年 2月27日(月)00時55分13秒
返信・引用
  まつをさん、先日は大変お世話になりました。僕も、皆様のエネルギーが行き
交う不思議で楽しい空間が創り上げられたことを思い出しつつ、楽しい余韻に
浸っております。

お世話になっているソーセージ用品のサイトで、僕のレモン風味ソーセージの
レシピが公開されました。店長さんのご家族にも好評だったそうで、ちょっと
安心しています。アートパーティー・日曜のソーセージは、このレシピにほん
の少し、秘密のスパイスを加えてコクを出したものです。

追伸:ご祝辞、参りました。まつをさんの言葉の中から、散人さんの熱い血が
噴き出してきそうです。

http://pakumogu.info/cp-bin/wordpress/about-sausage/sausage-recipe/lemon-sausage

 

Re: 鉛筆でスケッチ 美術館

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月26日(日)18時56分30秒
返信・引用
  > No.20326[元記事へ]

しげのさん

おかげさまで楽しいパーティでした。
情報有難うございます。
今、カフェのページをアップしました。
http://nagasaki-netradi.sakura.ne.jp/off/2017_02_18/index4_cafe.html
至福でしたね。
 

鉛筆でスケッチ 美術館

 投稿者:しげの  投稿日:2017年 2月25日(土)11時00分26秒
返信・引用
  そうそう,長崎県美術館だけではなく,ほとんどの美術館では
鉛筆でのスケッチはできるそうです。ただし,消しゴムは使え
ません。また,作品によっては,スケッチはだめということも
あるらしいです。

最近,そういうことを美術館職員の方に聞いて,へー,そうな
んだと知りました。もっと,そういうことを知らせたほうがい
いですよ,と伝えておきました。


 

散人さん

 投稿者:しげの  投稿日:2017年 2月25日(土)10時31分11秒
返信・引用
  散人さん,古希,おめでとうございます。
お嬢様も,散人さんのお嬢さんだけあって,ユーモアがあり,愛情豊かな方なんですね。
また,いつかいろんなお話しをお聞かせください。
 

アートパーティ お礼

 投稿者:しげの  投稿日:2017年 2月25日(土)10時27分36秒
返信・引用
  まつをさん,吉田さん,みなさま,アートパーティでは本当にお世話になりました。
こんなすてきな場に参加でき,みなさんとお話しでき,そして,こんなに美味しいものをいただけて,
私は,なんて幸せ者なんだと思いました。

全員の方とお話しは残念ながらできなかったのですが,またお会いできたときにお話しできたらなと
思います。

まつをさん,本当におつかれさまでした。

 

Re: お待ちしています。

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月25日(土)10時24分44秒
返信・引用
  > No.20322[元記事へ]

田屋敷酒散人さん
誠におめでとうございます。
今夜はお世話になります。
合掌
 

お待ちしています。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月25日(土)10時05分27秒
返信・引用
  「まつを」さん、本日の会は「島原原住民」ばかりであなたもこの街で生まれ育った
訳でして、ややみな粗雑ではありますが彼ら彼女らなりの大歓迎をするでしょう。
老境に至りて生まれ育った山河のなかで日々暮らしていける幸せをいましみじみ
感じております。

 彷徨える異邦人、彼の地の水は旨いか?
 

学び直し

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月25日(土)06時47分35秒
返信・引用 編集済
  「どうした? ホームページの更新が珍しく滞っておるではないか」

そう思いの方もおいででしょう。

そのとおりです。

長崎アートパーティのページを作るために

サイト作成技術を学び直しているところです。


各ページごとに、私が今まで使っていなかった、

あるいは最近出てきた技術を

採用していっております。


それを取り入れたページをつくっても

皆様方には実は少ししか変化がないように思われるでしょう。

けれど塵も積もればなんとやら。

技術が積もり積もって、高品質ページはできます。


その一方、WordPressなどはいかがなものかと思っています。

これまでもキラ星のごとく登場した技術が

数年たつと消滅していったことを見ている私は、この手のものを信用できません。



歳がいったからと、学びをやめては人間アウト。

学ぶは、難し。学ぶは、楽し。
 

けんかえれじい

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月25日(土)04時13分27秒
返信・引用
   

清順監督逝く。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月24日(金)10時26分30秒
返信・引用
  鈴木清順監督が亡くなった。我々小生意気な若者だった世代のスター監督だった。

浪人時代だった、監督の「けんかえれじい」を観たのは。主人公が北一輝に影響され
「もっとおおきなケンカをしにいく」と東京に出て2・26に参加する。
散人も田舎に居てはダメだと思い長崎から東京に出た。映画の影響だった。

「東京流れ者」の映画文法を無視したストーリーには度肝を抜かされた。日活の幹部は
激怒し清順監督を首にした。
では映画・演劇における文法とはなにか?基本二つとも「大衆」が相手であるから
「分かり易さ」が求められる。大衆とはまた統治される側だから「革命や政治的事柄」
よりも落語にある「食う寝るところに住むところ」が大事なのである。だから映画にしろ
演劇にしろ、途中いろいろあったけど落ち着くとこに落ち着いた、を物語造りの背骨
にするのだ。

だが清順監督はフリーになってこの「文法破り映画」を多発する。ツゴイネルワイゼン、
1980年、陽炎座1981年、はその作法が際立った作品だった。

もう決して出ない監督である。ご冥福を祈ります。我が青春時代を稔多きものに
していただてありがとうございました。 合掌。
 

古希に際し娘の手紙

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月22日(水)15時30分47秒
返信・引用
  本人に断りなしに書きます。


 父の為にお集まりのお客様、本日は誠にありがとうございます。
横柄で威張り散らしてばかりいる父を許して下さい。
外でケンカして傷を負ってくる父に母は生きた心地がしない20年間
でしたが、今は離れてのびのびしてるそうです。
この前、娘の遥がイヤだったのかお菓子を投げ捨てとときには、あ~あ
父の遺伝子をまともに引き継いでいると思い暗い気持ちになりました。
「子どもはオレの人生の妨げになる、だからお前の下はいらん」と云った
父を私は心底変な人だと思いました。
でも考えてみると私は妙な自信が付いていて、どんな人も父より相当
まともな人だし、自分の夫も神様の様に思えてくるのです。
そういう意味では感謝します。
どうか皆様、父も70才に近くなり少しは穏やかになっていると思います
ので今後もお付き合いのほどよろしくお願い申しあげます。

                    一人娘 ○○子より
 

真逆。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月22日(水)10時14分56秒
返信・引用
  恐らく世界中の美術館で最悪なのは日本の公共美術館だろう。
立ち止まれない、私語ができない、スケッチや撮影ができない、くつろげない、
入場料が高い。などである。

だがアート・パーティはその真逆で楽しい。
止まろうが歩こうが自由、作者と直接話しができる、撮影自由、床に座り込んでもいい、
無料、などである。

開館して直ぐに来た若者男子二人組は昼過ぎまで優に二時間滞在していた。美術が好き
だけど生活できないから仕事に就いてると云った。ここは作者と直接話せるからいいです
ね、とも云った。

 

アートパーティ アップその1

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月21日(火)19時15分12秒
返信・引用 編集済
  長崎アートパーティ2017。ご参加いただいた皆様、ご来場の皆様、誠にありがとうございました。
その様子を記したサイトをアップしました。
まずはトップページ。
この後、美術、音楽、落語、カフェ、バックヤードの順でアップします。

http://nagasaki-netradi.sakura.ne.jp/off/2017_02_18/

今回は、ご参加いただいた皆様へのお礼の意味も込めて、
細部を手書きできちんと作っていこうと思っています。
真面目にやればこのレベルのサイトはつくるのであります(笑)。

多比良ガネさん、全天空画像にリンクを張らせていただきました。
よろしくお願いいたします。

散人さん、カントですね(笑)。
 

定言命法的日々。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月21日(火)13時22分3秒
返信・引用
  これはどういうことかと云いますと、「勉強すれば幸福になる」とか「真面目に働くと
幸福になる」とか云う、「この娘と結婚すれば幸福になる」などの「・・・・ならば」
という条件が付いた命題がもう古希ぐらいになると一切なくなる。この条件付きが若い
時代で「仮言命法」という。

もう散人などは「生きよ」という「・・・せよ」のカント的に云うと「定言命法」である。
だから「定言命法的古希の日々」と密やかに薄ら笑っている。哲学を齧ると本当に
日々が楽しくなるのです。
 

生きてる限り

 投稿者:ポプリ  投稿日:2017年 2月21日(火)12時19分19秒
返信・引用
  散人さん
私もとことこと歩き続けいつかはそういう境地に至りたいです。
古希は、旧くは古稀と書いたそうですね。
綺麗な言葉ですね、響も澄んでいて、今の散人さんに合ってる感じがいたします。

私は今はまだルーのことなど何かと悩ましい~~日々です。
ただ自分自身に関しては、やりたいことの中でこれからの自分に出来そうなこと、
そのためにやるべきことが整理されてきたので、
そういう点ではあまり悩まないお歳頃になったみたいです。

また私のピアノを聞いてください。
 

感謝。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月21日(火)11時08分39秒
返信・引用
  ポプリさん、素晴らしいピアノ演奏をありがとうございました。お客さんの
中には涙が頬を伝っている人を目撃しました。揺蕩(たゆた)うようなショパン
の旋律に酔いました。

古希のお祝いの詞をありがとうございます。年を重ねるということは意外といい
ものです。若い時のように、将来はどうなるのか?とか娘はちゃんと育つのか、
とかあれこれもう悩まないでよいのですから。
 

ありがとうございました

 投稿者:ポプリ  投稿日:2017年 2月20日(月)22時49分14秒
返信・引用
  まつをさん
長崎アートパーティに参加させていただきありがとうございました。

今回の演奏の経験を糧にして、これからもピアノ、そして音楽に励みたいと思います。

打ち上げも大盛り上がりでしたね、とても楽しかったです。
新しい出会いあり、2年ぶりの再会あり、、、
素晴らしい方々との会話に心弾む時間でした。

散人さん これからもよろしくお願いします。古稀おめでとうございます。

空っぽ多比良ガネさん お知り合いになれて嬉しいです。

皆様お世話になりました、またお会いする機会を楽しみにしています。
 
 

多比良カニさん

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月20日(月)17時58分35秒
返信・引用 編集済
  楽しい一時でした。
また伊藤さんの作品は本当に魅力的ですね。
よかったですね。
 

素晴らしい機会と鑑賞の喜び

 投稿者:空っぽ多比良カニ  投稿日:2017年 2月20日(月)13時43分25秒
返信・引用
  伊東 春香先生から頂いた『煌めきのシーサイド』を自分の執務室に飾りました?仕事がはかどります?

 

ありがとうございます

 投稿者:小にょろ  投稿日:2017年 2月19日(日)23時48分58秒
返信・引用
  長崎アートパーティに参加された皆さま
たくさんの方々と共有することが出来た2日間にあらためて感謝しています。落語序盤では、ネタとして披露しました幾つかの無茶ブリの機会など、他では出来ない経験を与えていただき、嬉しい限りです。またさらに落語を楽しんでもらえるよう、これから稽古などに取り組んいきたいと、思います。次の機会も、よろしくお願いします!
 

台所のすみっこからみた展覧会

 投稿者:あめこんこ  投稿日:2017年 2月19日(日)20時22分14秒
返信・引用 編集済
  皆様、素敵な時間をありがとうございました。

今夜はゆっくりと休まれて、また個々の世界でご活躍ください。

いつかまた、どこかでお会いできますように。
 

長崎アートパーティーにて

 投稿者:空っぽ多比良ガネ  投稿日:2017年 2月19日(日)08時32分7秒
返信・引用
  https://theta360.com/s/mnB73cSJeLmxuskO19mag2LVU
樋口芳美さんの素晴らしいクラリネット演奏です
https://youtu.be/odZhqf47J9U
素晴らしい絵画と作品!素晴らしい時間でした
 

ryujiさん

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月19日(日)07時33分30秒
返信・引用
  楽しかったですよ。
最高です。
さあ、2日目に向かってGO!
 

これから素晴らしい時間を

 投稿者:ryuji  投稿日:2017年 2月18日(土)11時52分23秒
返信・引用
  皆様が体験出来る事を、羨ましく思います。  

素晴らしい出会い

 投稿者:空っぽ多比良ガネ  投稿日:2017年 2月18日(土)11時34分15秒
返信・引用
  https://theta360.com/s/bKtkqbAKNm0YyvlEc0X1mDVWG

伊東春香さんと田屋敷先生と素晴らしい時間を頂きました。
感謝します 今日のアートパーティーで再び会えるのを今からワクワクしていますありがとうございます?
 

 

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月18日(土)08時20分30秒
返信・引用
  合掌。
彼女のコメントです。
「今ホテルに戻りました。
 親切な皆さんのおかげで、とっても楽しい一日でした!!」
 

長崎行。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月18日(土)06時42分18秒
返信・引用
  昨日は嫋(たおや)かな天才画家伊東春香女史を「まつを」氏の下命により
雲仙までお迎えいに行った。女史小柄なれど瞳あくまでも澄み世俗とは
交せぬ雰囲気、されど客気微塵もなく柔和な受け応え、一級の方であることは
間違いない。

夕刻六時に竹崎カニさんを交え食事、そのご近くのスナックバーでお酒を少々。
十時に帰宿していただき一日終了。

本日十時に宿に迎えにいき長崎を目指します。11時半ごろの会場入りかと
存じます。
 

長崎アートパーティ

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月17日(金)08時17分5秒
返信・引用
  スタッフ用日程

2月18日
(土曜)
10:00~12:30 作品搬入・会場設営
        搬入は10:00にお願いします。
12:30~14:00 演奏リハーサル
14:00~18:00 『長崎アートパーティ』

2月19日
(日曜)
10:00~13:00 『長崎アートパーティ』
13:00~15:00  撤収
 

 

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月17日(金)08時15分33秒
返信・引用
  祝 古希

散人さん、誠にお目出度う御座います。
闊達な男前でいらっしゃることが
後陣に続く者の希望となります。

シルバーエイジからは
ご縁を頂いた皆様方との交流こそ宝。
そう実感いたしております。
合掌
 

ちんや

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月16日(木)09時57分36秒
返信・引用
  妻の実家は神楽坂近く牛込二十騎町、ご先祖は駿府から家康公に付いて江戸に入府した
そうでもう400年以上東京に住み着いている。死んだ義父は市ヶ谷の大日本印刷に
勤務していたが妻と結婚したときは定年間近だった。「江戸のかたきは長崎で」と愛娘
を取られたので散人によく云っていた。

その義父が私を浅草「ちんや」によく連れていってくれた。「勤め人になっていつかは
ちんやのすき焼きを食いたいと思っていた」「すき焼きで飯を食うやつは野暮」などと
よく云っていた。

その浅草「ちんや」の暖簾分けした福岡「ちんや」で10年近く修行した人、すなわち
竹崎カニさんの甥子さんがこの3月に島原で高級店を出す。
「ステーキ 鉄板焼き 牛臣(ぎゅうしん)」である。で3月に先立つ25日に竹崎カニ
さんの肝いりで散人の「古希の会」をしていただく。プレオープンである。
限定20人はもう決まった。男は友人たち女性は市内のママが勢揃いする。

「まつを」さんも長崎から馳せ参じてくる。今から楽しみであります。
尚店内に店名の書は井上龍一郎のが飾られる。知り合いの芸術家が竹崎カニさんの
様な理解者と巡り合って仕事となっていくことは散人にとって一番うれしいことです。
 

Re: 分からないということは。

 投稿者:多比良カニ=竹崎カニ  投稿日:2017年 2月15日(水)16時42分56秒
返信・引用
  > No.20297[元記事へ]

田屋敷酒散人さん

> 人は固定概念で固められている。しかし時としてそれを破壊される。それから二つの道に
> 分かれる。拒否してあんなもん分からんでも人生には無関係なんだという道と打ちひしがれて
> でも分かろうともがく人生の道とに。
>
> 分かるということは己に言語的説明をすることである。出来なければ「分からん」となる。
>
> 私は分かろうとしてのち30年以上ももがいてきた。でもその範囲は能、狂言、歌舞伎、
> 舞、現代演劇、バレエ、オペラ等の舞台芸術に限ったが絵画領域もそのついでに30年前
> よりは分かってきた。永い歴史があった。


田屋敷先生の書いてる通りです

裏千家家中になってから 度々ぶつかる難題に対して 430年前に千利休(宗易)は次の言葉を残しています
「その道に進まんと思う心こそわが身の師匠なりけり」
これぞわが道が見つかったら 自然と自分の心の中に先生が現れるものだと  言い換えれば道が見つかってもそんなもんどうでもいいやと思ったらいつまで経っても先生どころか本も読めない自堕落な人間になるのだと・・・
 

分からないということは。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月15日(水)06時45分58秒
返信・引用
  35年くらい前、ドイツの劇作家ハイナー・ミュラーの「ハムレットマシーン」という
前衛演劇をある日本の劇団がやるというので友人の劇作家と観にいった。
40分ぐらいの小品で終始独白で進行していった。私の理解を超えていた。何を云わんと
しているのか?何を表現したいのか?全く分からなかった。

終えてその友人と居酒屋に行き彼の話を聞いた。作家からディシャンの「独裁者の機械」という
絵画に触発されて書いたのだと教えてもらった。ドストエスキーやガタリのセリフが散りばめ
られているとも云った。私は己の勉強不足を痛感した。それから真剣に少なくとも専門の演劇
は勉強していこうと覚悟した。

人は固定概念で固められている。しかし時としてそれを破壊される。それから二つの道に
分かれる。拒否してあんなもん分からんでも人生には無関係なんだという道と打ちひしがれて
でも分かろうともがく人生の道とに。

分かるということは己に言語的説明をすることである。出来なければ「分からん」となる。

私は分かろうとしてのち30年以上ももがいてきた。でもその範囲は能、狂言、歌舞伎、
舞、現代演劇、バレエ、オペラ等の舞台芸術に限ったが絵画領域もそのついでに30年前
よりは分かってきた。永い歴史があった。
 

何もできない。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月15日(水)01時33分30秒
返信・引用
  殆どの人がなにも出来ないで生涯を終える。何かしたかと云えば子供を作った
くらいだろう。それでもいいだろうが、また相田某などは殆どの人たちがそんな
なにもしない人生をおくるのを知ってるから「生きてるだけでまるもうけ」などと
持ち上げて支持を得るのだ。大衆迎合という。大衆というのは衆だから千円を
一万人持ってきても一千万になる。

芸術はそうはいかない。訳の分からないものが多い。学校もまた絵画音楽を下に置く。
数学理科などが主要五科目と散人の時代は云われていた。メシ代を稼ぐならそれで
いいのだろう。

だからこそ芸術行為を大の大人になってもやっている人は珍種なのだ。秘境に生きる
人たちなのである。彼らと語るときは覚悟すべきである。一般大衆では断じてないのだ
から。
 

Re: フェイスブックに

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月14日(火)22時14分1秒
返信・引用 編集済
  空っぽ多比良ガネさん

どもども(^_^;)
伊東さんにつきましてはお世話になります。
 

フェイスブックに

 投稿者:空っぽ多比良ガネ  投稿日:2017年 2月14日(火)21時29分31秒
返信・引用
  https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1262484120498085&set=a.375540935859079.90619.100002095285938&type=3&theater

で長崎アートパーティー開催を載せました
 

Re: 長崎経済新聞さんも

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月14日(火)18時11分19秒
返信・引用
  > No.20292[元記事へ]

身がつまり出した多比良ガネさん

> まつをさん
>
> すばらしい!顔ぶれですね!18日大変!楽しみにしています!

はい、敬愛するクリエイターの皆様方です。
喜ばしきことです。
 

Re: 長崎経済新聞さんも

 投稿者:身がつまり出した多比良ガネ  投稿日:2017年 2月14日(火)15時36分3秒
返信・引用
  > No.20291[元記事へ]

まつをさん

すばらしい!顔ぶれですね!18日大変!楽しみにしています!
 

長崎経済新聞さんも

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月14日(火)00時06分4秒
返信・引用 編集済
  どうやら長崎経済新聞さんが
発信元のようです。
http://nagasaki.keizai.biz/headline/1355/
合掌。
 

Yahoo!ニュースにとりあげていただきました

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月14日(火)00時01分18秒
返信・引用 編集済
  ネットの力を改めて実感しています。
記事はこちらです。
合掌。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000077-minkei-l42
 

ツイッターによる広報

 投稿者:まつを  投稿日:2017年 2月13日(月)21時56分21秒
返信・引用 編集済
  土曜日に発信した
私の下記ツイートが、多くの方々のご協力を経て
現在ご覧になった人数が  10,217人になりました。

---------------------------------------------
長崎アートパーティ
 素晴らしいクリエイターが集結。
 無料でどなたでもご入場ください。

 2月18日(土曜)14:00~18:00
 2月19日(日曜)10:00~13:00
 場所:KTNギャラリー(長崎市)
http://nagasaki-netradi.sakura.ne.jp/
 

サブカル化

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月13日(月)15時38分6秒
返信・引用
  地方の美術館がひどい惨状になっている。それは「ドラエモン展、ロボットアニメ、
怪獣、北野武などの有名人」の企画が目白押し状態。

長崎も似たような情況だ。テレビ企画同様になって来ている。
散人は行かない。

大浦教授を推薦したがなしのつぶて。
長崎県民をバカにした企画が続く。あそこの経営を請け負っているのは東京で
イベント屋をしていた乃村工芸だと聞いた。その程度である。バカらしい。
 

アートの役割

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2017年 2月13日(月)13時53分45秒
返信・引用
  今週末長崎「アート パーティ」が開催されるが、2・11日経文化欄にアートの
役割というシンポジュウムの報告記事があった。

著書「アート・パワー」の日本語訳刊行された著者 旧東ドイツ出身の批評家
ボリス・グロイス氏を招いて東京・大坂で行われた。

発言 ・アートは政治などに利用されても、その目的を崩壊させ、無力化する力を持つ。
   ・政治とアートの違いは何か?様々な問題に答えを出す存在では共通するが
        政治家は目の前の問題だけに対処するが、アーティストは長いアートの歴史
    を背負い、それに従い答えを出す。
   ・美術館は単なる過去のアーカイブではなく、未来まで展示し続けていくという
    約束を果たすべきだ。
   ・作品は必ずしも現代において理解される必要はなく、受け継いでいくことで
    未来に生まれる価値を守る役割を重視する(美術館の役割)

 などの発言があった。
 

レンタル掲示板
/314