teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/180 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

下記投稿について

 投稿者:管理者  投稿日:2018年 9月11日(火)16時50分36秒
  通報 返信・引用 編集済
  下記の投稿をご覧頂きたい。

抗酸化溶液が体に悪いという投稿である。

投稿者の意に反するかもしれないが、残念ながら、抗酸化溶液は空間、人間、動物、作物、土壌、水中等の酸化環境を発酵環境へと導くものであり、合うとか合わないという次元の問題ではない。使用して違和感を強く感じれば感じるほど、酸化環境へと傾いているだけの話である。それを正常な状態に引き戻そうとすれば、より強い作用が働くので、自身に合わないと感じる方がいても仕方がないとは思う。ただ、折角の体が発したシグナルを益と捉えるか害と捉えるかは本人次第である。

私は、人間の病気は頭で作られるということを度々口にするが、正常な胃をしていた人が、あるストレスがかかっただけで、一日にして10cm近くの胃潰瘍になるくらいである。それは、全てが振動と共鳴という世界に置かれているからである。脳がダメと思って拒否してしまえば、折角の体を修復してくれる商品でさえ無力になってしまう可能性がある。

抗酸化工法、抗酸化溶液活用製品という現代科学では解明できないだろう効果を発揮するものに出会った時に、それを自身の頭で拒否するのではなく、まず、“聞く”という行動を取って欲しい。筋道を立てて、分かりやすく解説させえ頂くので、自身の感情に任せて、掲示板に書いて憂さを晴らそうなどという行動は一旦控えてもらいたい。もし、それでも納得いかなければ、そこから先はご自身の判断に任せる。

今回の投稿者は、既に脳が拒否している状況のようなので、どのようなアシストをしても無理だろうと判断して、下記のような回答をさせて頂いたが、折角、出会えた奇跡をお互い実のあるものにして欲しいと切に願う。

ASK株式会社
代表取締役社長 佐々田 共一

http://www.aida-soken.co.jp

 
 
》記事一覧表示

新着順:7/180 《前のページ | 次のページ》
/180