teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


それは

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月22日(水)13時43分2秒
返信・引用
  「まつを」さん、丸山穂高議員のことではないですか。

民主主義は「言論の自由」という大前提がある。丸山議員の発言には同意
するものではないが、言論封圧はいけない。言論には言論で対するもので
衆をを頼み「議員資格剥奪」をしてはいけない。
戦前の翼賛会に逆戻りする。
北方領土返還に関してもどんなに時間がかかろうと「外交交渉」という
手段でいくしかない。

トルストイが「戦争と平和」なんてことを言うからみな間違うが、
戦争の対義語は「交渉」である。

 
 

常識破り商品

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月22日(水)11時32分18秒
返信・引用
  島原市 松本養鶏場 口福たまご 一個300円 十個入り 3000円

南島原市 手のべ陣川 そうめん「水と塩と麦と椿油の物語」
     8束入 2160円
    17束  5400円

地元消費者を当てにしていない価格設定。これぞアウトバウンド商品。
 

大衆ファシズム

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月22日(水)11時31分33秒
返信・引用
  北方領土返還には戦争しないと発言の国会議員の小西某。
論外の代議士だが、
この男を国会議員辞職させる動きは、あまりに大衆ファシズム。
 

Re: おそらくですが

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月21日(火)00時25分3秒
返信・引用 編集済
  > No.22176[元記事へ]

> 仁は人の安宅なり。義は人の正路なり。だと思います。「孟子」

「仁は人にとって最も安全な住居であり、義は人にとってこの上もない正しい路なのだ。」
おお、すばらしい。
 

おそらくですが

 投稿者:空っぽ多比良ガネ  投稿日:2019年 5月20日(月)18時57分39秒
返信・引用
  仁は人の安宅なり。義は人の正路なり。だと思います。「孟子」  

困りました

 投稿者:空っぽ多比良ガネ  投稿日:2019年 5月20日(月)18時47分48秒
返信・引用
  漢詩なんだろうなとは思っていたのですが   勝手な解釈ですが
人は仁に生きるべし  善人こそが正直なるや って勝手に解釈致しました きっと違うかな? ありがとうございます?
 

Re: 二行空詩

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月20日(月)17時21分15秒
返信・引用
  > No.22172[元記事へ]

空っぽ多比良ガネさん
おひさしぶりです
これは私の専門外であります。
申し訳ありません
 

ドンジャラホイするのか?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月20日(月)14時00分40秒
返信・引用
  本日日経新聞
大見出しで「令和財政 大戦時より深刻」が踊っていた。

敗戦前(1944年)に債務残高は国の経済規模(GDP)の2倍だったが、
2019年度は2.2倍である。

戦後、母方のばあさまは一円札を眺めながら「紙切れになった」と嘆息していた。
あの悪夢の新円切替が起きるのだろうか?

危機予防策の立案・実行はなぜ日の目を見にくいのか?3枚のカベがあるという。

①当事者の意識欠如 ②想像力の欠如 ③損な役回りを避ける

 

二行空詩

 投稿者:空っぽ多比良ガネ  投稿日:2019年 5月20日(月)13時24分34秒
返信・引用
  縁あって 戦前頭山家と家族付き合いされていた人から 大戦以前の 国士 頭山満翁の書をいただくことができました。孫文 蒋介石 とも親交のあった頭山翁 頂いた書ですが 浅学なもので なんて書いてあるのか?まつお先生ご教授お願いいたします。突然の投稿失礼いたします
 

Re: 調理開始っ!

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月19日(日)10時26分32秒
返信・引用
  > No.22170[元記事へ]

よっ! 大統領!

ご出席のご意向を頂いた方々:
機械屋中島さん、山本正興さん、吉田隆さん、岩永嘉人さんご夫婦、じだらくさん、フォトグラファー柴原さん、あめこんこさんと友人2名、まつを。
 

調理開始っ!

 投稿者:しんのじ  投稿日:2019年 5月19日(日)02時54分23秒
返信・引用
  豚バラ肉の山を、生姜とニンニクで甘辛く煮込み始めました。

ポロポロと自然にほぐれてくるまで、少しずつコトコト煮込んで
いきます。1週間後には、台湾としんのじのコラボな『魯肉飯』
の具になってくれることと思います。何とかチェアリング当日に、
職場から呼び出しがかかりませんようにm(__)m!
 

Re: 人間のやることか!

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月18日(土)19時02分41秒
返信・引用
  > No.22168[元記事へ]

このご指摘は的確!
 

人間のやることか!

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月18日(土)13時40分39秒
返信・引用
  先日、女性セブン、月刊フライディ、東スポなどのマスコミが
病気療養中の元TOKIOの山口達也氏を撮影し掲載した。

もう彼は芸能人ではない、ましてや必死に療養している患者さんだ。
健康な精神状態の人より自殺のリスクは20倍以上あるとされている
病気である。

まともな人間のやることではない。
 

少子高齢化が招く影響

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月16日(木)13時58分1秒
返信・引用 編集済
  ①デフレが続く
②経済が縮小する
③チャレンジしない「責任回避社会」がはびこる
④不動産価格の崩壊
⑤「2018年問題」に揺れる教育現場
特に地方で影響が強く出て、消滅可能性が高まった事業継続不能地域や限界集落が拡散する。
しかし
⑥社会保障制度の崩壊
は全国一斉にやってくる。
 

近代化という幻想

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月16日(木)13時02分34秒
返信・引用
  敬愛する渡辺京二先生も「日本の近代化は幻想であった」と言い切る。

機械化を主軸に置く「近代化」を農業の「非近代」と対比させ、また「生産性」と
「非生産性」の側面に重きを置く日本の政治的誘導がここにきて壊滅的な地方の
「疲弊」を生じせしめている。

「田園まさに荒れんとす」

戦後日本は地方における「商工業」を「会議所」なるものに「代理行為」をさせた、
結果アーケードがシャッター通りになり、「農業」は寄り合い所帯の「農協」に
代理行為をさせ「荒廃」させた。

「平成の悪夢」、即ちバブルの夢の引きずり。変革、改革は選挙の為のお題目に
成り下がり、誰も信じなくなった。

バカ議員が「戦争で解決」と言い放ち物議をかもしているが、こう長く「閉塞感」が
続くとそのバカ議員が快哉を得るという笑えない話が出てくるかもしれない。
 

Re: 東京一極集中の恐ろしさ

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月16日(木)12時12分23秒
返信・引用 編集済
  > No.22160[元記事へ]

これを読むと、地方がさびれる理由の一つに、これまでの国策があるとつくづく思わされます。
国土への人口の適正配分という考え方。

「かつてヨーロッパの山村を訪れた日本人たちは、村の暮らしに誇りを持って生きている村人の姿に驚いた。そして農山村の暮らしと都市の暮らしを対等の文化的営みと考えているヨーロッパ精神をみつけだした。確かにヨーロッパには山村は都市より遅れたところという意識はなかったし、都市の人々の多くも、農山村の暮らしには都市にはない豊かさがあると考えていた。
だがそれは、政府による強力な農業、地域対策の結果でもあったのである。イギリスでは一九四〇年から『丘陵地農業計画』が実施され、羊や牛の放牧に対して補助金を出す政策が実施されていた。国によって多少違いはあるものの、農産物の価格維持のための補助金や、山間地域への交付金や補助金の増額、農民への退職金、年金政策などが組み合わされ、国を挙げた山村維持政策がとられていた。
その基礎には、人口は国土に適正に配分され、各地域の暮らしが維持されていることが国民全体の利益にもつながるという、昔からのヨーロッパの人々の考え方があった」

『森にかよう道』内山節著

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E5%B1%B1%E7%AF%80
 

コスパ低下

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月16日(木)11時21分19秒
返信・引用
  国交省によると、現在整備中の新幹線が人件費や資材費の上昇で当初見積もり
より大幅に上昇しているとのこと。これにより費用対効果は低下して、見合う
とされる「1」を下回った。

北陸新幹線 金沢ー敦賀間   費用対効果  2019年   2012年

                       0.9      1.1

九州新幹線 武雄ー長崎間           0.5      1.1

特に長崎線 は便益が3380億円に対し費用が6622億円

16日 日経新聞
 

で、機械屋中島さん古希祝いチェアリング

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月15日(水)19時05分14秒
返信・引用 編集済
  ご出席のご意向を頂いた方々:
機械屋中島さん、山本正興さん、吉田隆さん、岩永嘉人さんご夫婦、じだらくさん、フォトグラファー柴原さん、あめこんこさんと友人2名、まつを。
 

九州・沖縄地銀の6割、最終減益

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月15日(水)13時09分24秒
返信・引用
  日本経済新聞2019.05.15から
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44796910U9A510C1LX0000/

九州・沖縄の地方銀行の2019年3月期決算が14日出そろった。単体では全21行の6割にあたる13行が最終減益。前の期の8行から大幅に悪化した。マイナス金利政策の影響などで貸出金利回りの低迷が続くほか、貸付先の倒産に備えた貸倒引当金を含む「信用コスト」も約3倍に。手数料ビジネスに注力する動きも広がるが、地方金融の先行きはなお不透明だ。
 

Re: 東京一極集中の恐ろしさ

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月15日(水)12時11分51秒
返信・引用 編集済
  > No.22159[元記事へ]

すでに東京の根腐れが始まっている。
失業率のワーストを見ると、上位10位に東京、大阪、神奈川、埼玉と大都市圏が並んでおり、
また全国の孤独死の3分の1は東京23区で起きていることは事実である。

マツコ・デラックスは、埼玉を罵るなど東京至上主義の地方ヘイトスピーチを繰り返しているが、
あれがなぜ問題として取り上げられないのか不思議な社会である。
 

東京一極集中の恐ろしさ

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月15日(水)12時01分53秒
返信・引用 編集済
  大都市圏への人口移動、とりわけ東京一極集中は、人口急減・超高齢化の課題に係る大要因である。
人口過密な大都市圏の出生率は低い。東京の合計特殊出生率は1.09(日本全体1.14)。東京への若者の流入が増えれば、人口減少のスピードはさらに加速する。大都市への若者流入が人口減少に拍車をかけている。
今後、地方を中心に1/4以上の地方自治体で行政機能をこれまで通りに維持していくことが困難になるおそれがある。

1.
出生という視点から見ると、鍵を握るのは20~39歳若年女性人口だ。2040年時点で、若年女性人口が5割以上減少し、人口一万人未満の小規模自治体は消滅可能性が高い。

2.
雇用という面からみると、公共投資の削減や工場の海外移転もあって、地方の雇用は縮小した。現在、地方の雇用を支えているのは医療・介護分野だ。しかし、昨日述べられたとおり、徐々に消え入る危険性がある。

3.
高齢化問題という視点から見ると、今は地方の高齢化が問題になっているが、今後、地方の高齢者は急速に減少する。一方、東京は超高齢化により、医療・介護労働ニーズが拡大。さらに若者が東京に流出する可能性が高い。医療・介護サービスは東京圏では高齢化に伴い大幅に不足。逆に地方はサービスが過剰となる。

http://

 

 

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月14日(火)18時46分57秒
返信・引用
  アップしました。  

壊すのはいつも。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月14日(火)13時12分39秒
返信・引用
  なぜ地方自治体の「道州制」の議論が立ち消えになったのか?

2012年 衆院選挙の自民党マニュフェストには「基本法成立後5年以内を
      目指す」とあったが

2013年 参院選の折「5年以内を目指す」が消えた

何故か? 職を奪われるのを恐れた地方の知事、県議、首長等が強固に
反対した、とある。

現在は立ち消えに近い。バカ議員たちは市民住民のことはなあ~んにも
考えちゃいないのだ。
 

道州制 九州モデル

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月14日(火)12時11分14秒
返信・引用 編集済
  2008年10月
九州経済連合会など主要経済団体と九州地方知事会でつくる九州地域戦略会議(議長・金子原二郎長崎県知事)は、道州制の「九州モデル」を提示。
http://www.forum-fukuoka.com/dousyusei/24_4047/


2009年年10月14日
「九州府実現計画 報告書」
「九州府」構想推進研究委員会
http://www.pref.oita.jp/chijikai/chiho/kyushukoikigyouseikiko/data/20120216_kyushufu6.pdf


2012年2月16日
九州市長会資料から
https://www.pref.oita.jp/chijikai/chiho/kyushukoikigyouseikiko/data/20120216_kyushufu4.pdf

----------
全国に先駆けた道州制の九州モデルの実現をめざす。
1 九州における道州制の名称は、「九州府」とする。
2 「九州府」は、九州・沖縄8県で構成することが望ましい。
3 「九州府」推進機構(仮称)を設置し、10年をめどに「九州府」構想の実現をめざす。
4 「九州府」の首長並びに議員は公選とし、任期は4年とする。
----------
 

人口減少の原因

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月14日(火)11時58分42秒
返信・引用 編集済
  ・東京に一極集中するから人口減少に拍車がかかっている。東京では子供を産まないとデータに出ている。地方に人口を分散させることによって、出生率を上げ、人口減少を穏やかなものにさせていかねばならない。
・出生率は一番低いのが東京で、一番高いのが沖縄。「24時間戦えますか」的なライフスタイルは長期的には悲劇を招く。
・政策により給付金など子供に手厚い制度をつくる。
・税制改革もして、格差が小さい北方ヨーロッパの国々のスタイルを目指すべき。

これが、国及び有識者の結論のように思います。

さらに、長崎県が事業継承不能地域ならば、散人さん提案の県統合、あるいは道州制の導入で当面は乗り切らねばな来のではないかと思います。

九州市長会の資料でこの点を考察し始めていることが分かります。
https://www.pref.oita.jp/chijikai/chiho/kyushukoikigyouseikiko/data/20120216_kyushufu4.pdf
 

ありがとうございます。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月14日(火)11時56分46秒
返信・引用
  「まつを」さん、懇切且つ丁寧な解説ありがとうございます。

実際、昨年度18と親和両行の合併の折、億単位の債権譲渡という
多少の苦労も経営者としてしましたので興味深く読みました。
 

「経済が競争でない時代」

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月14日(火)09時08分0秒
返信・引用 編集済
  「経済が競争でない時代」

【内容紹介】
 人口減少によって、日本の地域経済は新しい時代に入った。観光産業や製造業など地元の人口と連動しない産業がある一方で、地元の人々のためのサービスを行う金融や医療、教育などの産業にとって人口減少はすなわち顧客の減少であり、衰退して、競争原理が働かなくなる。問題は、それでも存続させることが必要だということだ。
本書は、人口減少著しい長崎県で勃発した十八銀行と親和銀行の経営統合問題をいとぐちに、競争不能経済がどのようにして生まれるかを理論的に証明し(地域金融業の費用曲線などを図示)、日本全国を競争が成り立つ地域と成り立たない地域とに分けて分析、人口減少時代の地域経済システムと競争ではない利益と恩恵の作り方を考察するものである。


【筆者】
大庫直樹
金融庁 参与(現職)
http://rootf.co.jp/top.html


【Amazonトップレビューから部分引用】

あき坊
過疎地に住む庶民をも見捨てないあしたの日本への提言
人口が減り、過疎となった地域の金融事業などのローカル型産業は、顧客の減少、特にお金の借り手となる生産年齢人口の減少が著しくなり衰退していく。その中で起こった長崎県の十八銀行と親和銀行の経営統合と、それに対して公正取引委員会が難色を示したもととなる独占禁止法との兼ね合いは、単なる地域金融の問題ではない。人口減少が進む地域の経済のあり方を問う問題だ、と著者はいう。
人口減少時代のルールを開発すべきではないだろうかとの提言である。
この本を貫いているのは、日本社会が、競争の原理から、共生の原理へと転換する産みの苦しみである。

koku
興味深い視点
本書を読んでいくと、読者の頭の中に、いつくかの論点・課題も浮かんでくることでしょう。例えば、
①地銀よりも規模の小さい信用金庫や信用組合は、なぜ生きているのか。今後は地銀同様、活動範囲を広げていかねばならないのか。(長崎県には両者あわせて6社も)
②寡占・独占が起きた時、利用者側のデメリットは、どう考えるのか。「情報交換」という名の談合を、必要悪として公認するのか。
③江戸時代の人口は3000万人しかなく、しかも 大半の藩は県よりも小さかったのに、その運営は、どのようにして成り立っていたのか。

LNBR
人口減少の先の地域市場を持続可能にする新たな経済ルールへの提言
地元住民あるいは地元企業を顧客とする産業はローカル(Local)型産業であり、ローカル型産業は、人口減少による顧客数の減少が必要最低限の固定費を賄えなくなると、その産業は撤退を余儀なくされる。一方、それらローカル産業の中には、鉄道、路線バス、電気、ガス等公益性の強いサービスがあり、なくなればその地域の社会生活に大きな影響を与える産業も多い。故に、地域交通事業、電気通信事業、電力事業等の産業は、競争が成り立たないことを前提とした独占を許可する許認可制、料金規制、外部補助による赤字事業の補填、市場支配力行使に対するモニタリング等、産業システムを維持するために作られてきた仕組みが裏側にあり、その詳細なモデルの紹介は興味深い。

著者は、人口減少が着実に進展していく中で、その地域の顧客では事業の最低固定費が回収できない地域や産業が既に出現しており、それらの地域において必要なローカル産業を維持するには、これまでの競争が経済を発展させる前提を取り除いて考える必要があるとする。それぞれの地域・産業を(従来通りの)「競争可能地域」、競争の成立に最低限必要な2社分の事業固定費が回収できない「競争不能地域」、事業に不可欠な1社分の固定費が回収できない「事業継続不能地域」の3つに分類して、持続可能な産業システムや新たな法制度を考えることを提言している。「競争不能地域」においては、競争は成り立たないが独占状態であれば採算が確保できるため、独占状態を許容し、その一方、「競争可能地域」で提供されている価格やサービスの質を基準に、事業者が満たすべきガイドラインを設定し、そのモニタリングを行う仕組みを担保すれば、顧客はフェアな商品・サービスを享受できるとする。「事業継続不能地域」においては、その地域で公益性の高く、消滅により経済・社会に破壊的なダメージを与え地域の存続を揺るがすようなサービスについては、社会コストとしての外部補助を投入しても、維持するべきだとする。但し、その場合、他の地域の顧客や税金による負担を前提とする社会コストは、リーゾナブルな範囲に抑えられるべきであり、そのリーゾナブルなサービスの水準について、顧客、企業、社会の三者間で、新たにフェアなコンセンサスをづくりが不可欠であるとする。

http://

 

Re: 魯肉飯(るーろーはん)

 投稿者:機械屋  投稿日:2019年 5月13日(月)23時00分55秒
返信・引用
  > No.22150[元記事へ]

しんのじさん

恐れ入ります。見たこと無い美味しそうな料理ですね楽しみです。

最近は血糖値の関係で少量で美味なる食事を探しております。


> 機械屋さん、古希おめでとうございます。今後も、頼れる僕らの兄貴で、
> どうぞ宜しくご指導のほど、お願いいたします。
>
> 古希チェアリング!いいですね。
> 今、僕が出品を考えているのは上記の「魯肉飯(るーろーはん)」。これ
> は昨年末の台湾旅行で体験した、彼の地の「おふくろの味」的に愛されて
> いる丼飯。簡単に言えば豚のバラ肉を長崎の角煮以上にトロトロぽろぽろ
> に煮込んで、少し八角のツンとした独特の香りを付けた「ぶっかけ飯」。
>
> 優しくて、どこかクセになりそうなアジア飯。せっかく台湾で味を盗んで
> きたので(笑)、僕流のアレンジを少しだけ加え、ご準備出来ればと思って
> います。ただ、その日が職場絡みの市内待機日なので、もしかすると参上
> 出来なくなる可能性が少しあります。けれど、その折にはまつをさんに託
> すなり、日頃お世話になっている敬愛する先輩ですから是非ご準備させて
> 頂きたく思っています。
 

魯肉飯(るーろーはん)

 投稿者:しんのじ  投稿日:2019年 5月13日(月)22時12分58秒
返信・引用
  機械屋さん、古希おめでとうございます。今後も、頼れる僕らの兄貴で、
どうぞ宜しくご指導のほど、お願いいたします。

古希チェアリング!いいですね。
今、僕が出品を考えているのは上記の「魯肉飯(るーろーはん)」。これ
は昨年末の台湾旅行で体験した、彼の地の「おふくろの味」的に愛されて
いる丼飯。簡単に言えば豚のバラ肉を長崎の角煮以上にトロトロぽろぽろ
に煮込んで、少し八角のツンとした独特の香りを付けた「ぶっかけ飯」。

優しくて、どこかクセになりそうなアジア飯。せっかく台湾で味を盗んで
きたので(笑)、僕流のアレンジを少しだけ加え、ご準備出来ればと思って
います。ただ、その日が職場絡みの市内待機日なので、もしかすると参上
出来なくなる可能性が少しあります。けれど、その折にはまつをさんに託
すなり、日頃お世話になっている敬愛する先輩ですから是非ご準備させて
頂きたく思っています。
 

Re: 県は知っているのか?

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月13日(月)19時06分46秒
返信・引用 編集済
  > No.22148[元記事へ]

田屋敷酒散人さん

> 全国でも一、二位の人口減少の長崎県。自由競争の経済原則すら成り立たない
> 地域になった。

なんですと! 散人さん、どうぞもう少しご教示いただけば幸いです。
 

県は知っているのか?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月13日(月)14時29分11秒
返信・引用
  「経済が競争でない時代」大庫直樹著を読んだ。

長崎県を事業継承不能地域と断じている。これは18銀行と親和銀行の合併を
期に競争を前提とした今までの公取法がもう当てはまらないのではないか、
から書き起こしている。

このままの金利(ゼロ金利)が続けば100%独占になっても銀行は赤字
が出る。独禁法が意味をなさない県が増えている。

全国でも一、二位の人口減少の長崎県。自由競争の経済原則すら成り立たない
地域になった。

県当局の政策があまりにも遅い。
この本の咨詢(しじゅん)は佐賀県との合併である。
頭が固い当局には考えられんだろうなぁ。銀行の次は私鉄が待っている。
学校、医療機関と続々。
 

なぜしないのか?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月13日(月)12時51分21秒
返信・引用
  「法の下(もと)の平等」というのもありますよね。

今回不思議なのは、
・省内の机から複数本の注射器を押収、とあり
私が捜査官なら他にも覚せい剤使用者が居る可能性がありとみて
省内立ち入り捜査をしますが、する気配が見えないのは不思議であります。

なぜガサ入れしないのか?
 

Re: その差はなんなのか?

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月13日(月)11時59分37秒
返信・引用 編集済
  > No.22145[元記事へ]

田屋敷酒散人さん

> この程、経産省のキャリア西田哲也なるものが覚せい剤使用容疑で
> 逮捕されたが、ピエール滝の時よりマスコミの扱いが格段に小さい。

これほど人物によって扱いが違う事例が立て続けに起きますと
この国の「法の支配」はどうなったのだと思います。
ちなみに「法の支配」こそが民主主義のイロハ。
 

その差はなんなのか?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月13日(月)11時46分3秒
返信・引用
  この程、経産省のキャリア西田哲也なるものが覚せい剤使用容疑で
逮捕されたが、ピエール滝の時よりマスコミの扱いが格段に小さい。

所謂「忖度」なのか?強きに阿(おもね)弱きを挫(くじ)くのが
最近のマスコミのあり方なのか。

西田は向精神薬からエスカレートしたらしい。
 

Re: ドナ・ヌーダ

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月11日(土)08時41分40秒
返信・引用 編集済
  グッドマンさん
メールを嬉しく思います。
落ち着かれましたか?

アムステルフェーン、美しい街ですね。

レンブラントが江戸時代のはじまりと同じ時期に生誕してます。
彼に絵画のオーダーをしていた裕福な「市民」社会が、
ヨーロッパで最も早い国がオランダ。
商業都市って美しいんですよねぇ。バルセロナも博多もそう。
文化度も抜群に高そうですよね。いってみたい。

ドナ・ヌーダ、多分今の鑑定士はレオナルドのものではないと言ってるんじゃないかな、調べてないけど。
おっしゃっているように作品として薄いですし、
遠近法的に見ても、背後の窓枠の視点消失点の取り方が狂っています。
下半身の処理も、人体骨格に詳しく切り込む人格骨格研究者だったレオナルドらしくありません。
そんな目で見ますと、背中のラインもあまいでしょう?
もっと言いますと、人物、衣服、イス、窓枠、背景が、同一の空気と光の中に存在するように描けていません。
 

ドナ・ヌーダ

 投稿者:グッドマン  投稿日:2019年 5月11日(土)05時59分15秒
返信・引用
   グッドマンです。4月から海外勤務となり,現在オランダ在住です。(アムステルダムの隣,
アムステルフェーンという街に住んでいます。窓からスキポール空港が見えます。)渡蘭して
1ヶ月が過ぎ,ようやくこちらでの仕事や生活に慣れてきましたが,まだまだ時間がかかりそ
うです。
 そんな中,先週エルミタージュ美術館アムステルダム別館に行ってきました。そこで展示
されていたのが写真の「ドナ・ヌーダ(裸のモナ・リザ)」。この作品は1779年にロシ
アのエカチェリーナ2世がダ・ビンチの作品だとして購入したものだそうですが,ずっと
その真贋が問われているとのこと。わたしが見に行った日は,なんと一般の来場者から投票
してもらい,作品の真贋を問うというイベントを行っていました。私が見る限りでは,
ルーブルで見たモナリザとは違ってかなり薄っぺらい印象を受けました。果たしてどうなの
でしょうか。
 

何の権利があってやるのか?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月10日(金)14時37分4秒
返信・引用
  大津の事故で園児らが通う保育園の園長も被害者の一人だろう。
しかるにマスコミは会見に引きずり出し、まるで人民裁判の
ごとき様子。
散人は汚い言葉でいうと「胸糞が悪くなった」。

園児らを散歩させてはいけないのか!

こんなにマスコミを増長させたのは誰か?それは視聴者なる国民だろう。
被害者のない薬物依存のピエール瀧のときももう生涯立ち上がれないような
追求のしたか。
無知な坂上某に無節操にも傍若無人に語られるワイドショー。

政治のポピュリズムを言う前に手前の大衆阿りを笑え。

おお嫌だ。
 

 

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月 9日(木)19時02分28秒
返信・引用
  昨日までのコメントを、アップしました。  

罪か?

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月 9日(木)15時49分12秒
返信・引用
  案の定、10連休後「退職者続出」で退職代行業まで出現するご時世。

キリスト教的に言うと、アダムが楽園から追放されて生涯労働の罪を
背負わされた。

しかしもう少し詳しく読んでみると、「食べるために働くようになり、
しかもそれに苦しみが伴うようになった」のようだ。

しかるに現代はあたかも仕事に「自己実現」やありもしない「夢の達成」
を期待する。ですぐ挫折する。

ならアーチストになれ、と言いたいが、それは全く生活の「保障」はない。
 

残酷物語。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月 8日(水)13時42分45秒
返信・引用
  むかし「武士道残酷物語」という映画があったが「中年男性物語」が現代だ。

中高年引きこもりの一因は「まつを」氏記事のようなとこにあるのだろう。
癒されるべき「家庭」も「針のむしろ」化する。この50代がITの谷間
と云われて情報処理スキルが弱いそうだ。最近私は小学五年生の男子を
持つママに「初期プログラミング教室」に行かせろといった。ママは
素直に聞いてくれた。

役所の職員に「島原の水の有効活用にクラウドファンデイングで資金を
募れ」と云っが「なんですかそれ?」というから「バカ、自分で勉強せよ」
云った。

今年、東大を蹴って早慶に行く人が大量に出たそうだ。国立旧帝大にもう
胡坐はかけない。将来性のある講座は私大(といってもどこでもではない)
や公立の単科大(情報工学限定)にあるのでますますそういう傾向に
なる。
 

そうですね

 投稿者:しんのじ  投稿日:2019年 5月 8日(水)13時24分50秒
返信・引用
  武士道、とか世界平和、とか声高にのたまう方は、大体屋台骨が抜けた方が多い
気がします(もちろん、例外も少なからずいらっしゃると思いますが)。外国人
が京都や日本文化に浅薄なエキゾチズムを抱くのと同様に感じます。武士道に深
入りすれば、男色にも言及しなければいけませんし、まつをさんご指摘の通り、
公園の掃除や催し事への協力など地域でしっかり手を携えて暮らしていない偉い
人が「世界平和」を口にしたがる傾向があるのではないでしょうか。
 

45歳以上をターゲットとした早期退職者を募る企業が増えている

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月 8日(水)10時20分39秒
返信・引用
  45歳以上をターゲットとした早期退職者を募る企業が増えているときく。今までは国家公務員や銀行に類似する制度があった。けれど、それは、国家、銀行という社会的に強い組織が就職先を世話する制度であった。
今起こっているのは、管理職候補者以外は別職場に行ってほしいという制度だ。会社による斡旋はほぼないだろう。
この年齢は、家庭を持つ場合、最も家計的に厳しい。晩婚化によって50代以降が特に子供への経費がかさむ。45歳でおり場のなくなった労働者の末路は厳しい。
チコちゃんじゃないが「ボーツと生きてんじゃないよ」である。スキルを磨き上げる計画性が必要だ。かく言う私も、従来のデザインスキルに加え、Webデザインスキルを学び直した。学習できない者はアウトである。事務机の上で右のものを左に動かしてきただけの人材は役に立たない。
 

Re: おおっ、嫌だ。

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月 7日(火)20時00分46秒
返信・引用 編集済
  > No.22135[元記事へ]

よく、
「世界にはこんな問題がある。みんなで向き合っていかねばならない」
と言う輩が言う。

私は
「そりゃ無理だ」
と思う。

「世界平和のために私たちは向き合っていかなければならない」
と講師が発言したら、手を挙げて
「あなたはお隣さんと親しくしてらっしゃいますか? そのご家族の子どもさんのお名前を答えられますか?」
と問ってみるといい。

そのくらいなものなんである。
 

おおっ、嫌だ。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月 7日(火)13時41分43秒
返信・引用
  「向き合う」や「寄り添う」などの自己陶酔系のポエム動詞を
使用する人は嫌だ。
 

日本時間の7日午前6時20分ごろ、パプアニューギニア付近を震源とするマグニチュード7

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月 7日(火)10時55分24秒
返信・引用
  最近、太平洋プレートが動いている。心配。  

 

 投稿者:まつを  投稿日:2019年 5月 6日(月)21時19分0秒
返信・引用
  散人さん
そうですね。
こんな武士道って言葉、軽々に言う輩は意味をしらない方なんですよね(笑)。

しんのじさん
お分かりの方は、この話けして誇張ではないとお分かりいただけるはず。
 

経緯と習ったが。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月 6日(月)14時52分52秒
返信・引用
  近頃結婚式では必ずといっていいほど、中島みゆきの「糸」が歌われる。

織り機では経(たて)緯(よこ)糸と表記すると習った。
言うと怪訝な顔をされる。立て横でいいんではないですか、と。
 

お笑い草。

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月 6日(月)12時46分11秒
返信・引用
  酒場話で、相方が「散人さん、今こそ武士道が必要ですよね」と云うから。
「おいおい、武士道なるものを言い出したのは明治になってからで、
 それまでは云わなかったのだ。だいいち君の先祖が武士であったかどうかは
 知らないが、江戸期は7%しか武士は居なかった。」

「・・・・で私の先祖が武士であるのかどうか、どうやって調べればいい
 ですか?」
「島原では旦那寺で直ぐ分かる。本光寺と晴雲寺が武家、あとはその他」
「・・・うちは違います」
「じゃ、無理して武士道なんて云わないで宜しい」
 

絹笠食堂

 投稿者:田屋敷酒散人  投稿日:2019年 5月 6日(月)12時02分26秒
返信・引用
  食堂の店主の妹さんが私共の病院勤務で東京などからの客は必ず連れて行く。
必ず喜ぶ。

なば(茸類)チャンポンは恐らく絹笠食堂オジリナルだろう。
妹Yさんが云うには「死んだ父は山に採りに(なばを)行ってました」という。
今は二代目店主である。先代の味を守っている、とも云った。
 

おとな遊び

 投稿者:しんのじ  投稿日:2019年 5月 6日(月)07時16分14秒
返信・引用
  ひと通り遊び尽くしたおとな達ならではの、贅を尽くした漫遊記ですね。力の入れ所
と抜き所がわかっていらっしゃるから、粋でカッコいい。登場人物のキャラ立ちも文
句なし。ニヤリとしながら拝読しました。
 

レンタル掲示板
/342