日本をまもる会 掲示板

この掲示板は、基本的には思想信条を問わず自由闊達な意見交換の場にしたいと考えております。ただし、過激な言葉による誹謗中傷などのコメントについては、当会ならびに当掲示板の品性を貶めるものとみなし、管理者の判断において削除させていただきます。品格と教養の高い日本人としての矜持を以て節度ある書き込みをお願い申し上げます。



カテゴリ:[ その他 ] キーワード: 日本 政治 愛国


新着順:12/568


[760] 議論はケンカではない

投稿者: 針原崇志 投稿日:2019年11月17日(日)23時25分19秒   通報   返信・引用

三連投失礼します。

動画「日本統治時代の朝鮮の教科書」の閲覧回数やコメントが増えたのはありがたいのですが
それに伴って、おかしなのも現れます。
先日、JH Yooさんという方から、次のようなコメントをいただきました。

>私のコメントを削除する理由は何ですか?反論をしてみろ。
>ネット右翼さん、
教科は日本語に偏っていて、日本語以外の科目は、受信と算数、朝鮮語程度に過ぎず、植民地統治に順応して、植民地工業化に必要な低級労働力を養成することを目的とした。朝鮮語の授業時間以外朝鮮語の使用は厳しく禁止されており、体罰をした。19世紀末の朝鮮人の70%に達した朝鮮の両班(男女)は、すべてのハングルと漢字を使用し、朝鮮の文盲率は、世界で最も低かった(日本はほぼ最低レベル)。朝鮮語教育をした理由は、日本の強圧的な植民地統治に問題を提起した米国と欧州に見せるためのショーに過ぎなかった。
歴史を捏造していない。

文中に「受信と算数」とありますが、これは「修身と算数」のことだと思います。
ハングルでは「受信」と「修身」は同じ表記なので
自動翻訳ではこのように訳されてしまうのです。
そして
>19世紀末の朝鮮人の70%に達した朝鮮の両班(男女)は、すべてのハングルと漢字を使用し、朝鮮の文盲率は、世界で最も低かった
というファンタジーな歴史認識や、日本語としては不自然な文章にかんがみても
おそらくこの方は韓国の方だと思います。が、そこは気付かなかったフリをして
正直、ちゃんとした議論のできる相手とは思えなかったので
次のように、理由を添えて丁重にお断りしました。

―――――――――――

私は、本名で活動しています。
なので、このような動画にせよ、書く文章にせよ
おかしなところがあれば、本名でネット上に恥をさらすことになります。
その覚悟をもって、常に真剣勝負をしているつもりです。

その私に戦いを挑もうというのに、貴方は匿名のまま。
逃げようと思えば簡単に逃げられますし、ネット上で恥をさらしてもリアルの貴方は無傷のまま。
私から見れば、貴方は、本名でネット上に恥をさらす覚悟のない腑抜けです。

・・・・・

本名で活動する理由はもう一つ、
粗暴な言葉づかいをしないよう、みずからを戒めるためです。

私は、たとえ思想的には正反対であっても、節度のある方であれば
こちらも相手に敬意を払い、真摯に対応しています。
建設的な議論は、私にとっても相手にとっても実のあるものになるからです。
そして、私が誤っていれば、いさぎよく負けを認める覚悟もあります。

その点、貴方は面識もない私に対して
「反論をしてみろ」などと上から目線の命令口調。
貴方は何様のつもりですか。

そのように、議論とケンカの区別もつかない輩というのは
いくら言い負かされても、潔く負けを認めることなく
論点をすり替え、あるいは本筋から外れた重箱の隅をつついたような落ち度を指摘して
相手が根負けするまでダラダラとストーカーのように鬱陶しくまとわりついてくるものです。
そのような輩を相手にしても、私にとって何のメリットもなく、時間と労力の無駄です。

・・・・・

そんなふうに、匿名を隠れ蓑にして粗暴な言葉づかいで敵を攻撃する、
それは、ネット右翼=ネトウヨも同じです。
なので、私はネトウヨを軽蔑しています。

以前、「パブロフのネトウヨを嗤(わら)う」や「ネトウヨよ、安重根の精神を見習え」など
ネトウヨの愚かしい言動を非難する文章をいくつか書き
私が所属する保守団体のホームページに載せています。
むろん、ネトウヨ連中との覚悟の違いを示す意味で、この動画と同様、本名で載せています。
「針原崇志 パブロフのネトウヨを嗤(わら)う」あるいは
「針原崇志 ネトウヨよ、安重根の精神を見習え」で検索していただければご覧いただけます。

そのように、ちょっと調べれば
「針原崇志」なる人間がネトウヨとは一線を画す者であることが簡単に分かるにもかかわらず
これから戦いを挑もうとする相手についてろくに調べもしない軽率さ、
そして情報収集能力のなさ、
「このような動画を作るのはネトウヨに違いない」と単純に決めつけてしまう短絡思考、
つまり、貴方は愚かだということです。

・・・・・

以上を要するに
貴方は、議論とケンカの区別もついていない粗暴にして愚かな腑抜けにすぎず
私がわざわざ相手をする価値のない、くだらない人間であると判断いたしました。
したがって、貴方の相手をするつもりは毛頭ありません。
「うまく言い逃れをして勝負から逃げやがった」と自己満足に浸りたければ、どうぞご自由に。
(以下略)

―――――――――――

誤解のないよう申し上げておきますが
ここにコメントされるみなさんに「本名をさらせ」というつもりはありません。
それぞれ御事情もおありでしょうから、匿名で一向にかまいません。

それはさておき
これは「ケンカ」の一例です。
私は、みずから進んで他人にケンカをしかけるつもりは全くありませんが
敵意をむき出しに向かって来る相手に対しては
敬意を払わず、人格攻撃も厭わず、容赦なく叩きます。
降りかかる火の粉を払うためのケンカならば、それでかまわないと思っています。

以前、当会の活動を揶揄する動画をyoutubeに載せていた輩とやりあったこともあります。
その方への反論も兼ねて、そのやりとりを書いた『安濃豊氏とひと悶着ありました』は
当会のメンバーから大好評の自信作なので(笑)
気が向いたら御笑覧いただければと存じます。
http://www.nipponwomamorukai.jp/syutyou/harihara_takayuki/annouyutaka.html

・・・・・

一方、議論というのはそのようなものではありません。
考え方の違う者同士が、互いに持論を出し合い、切磋琢磨して真理を追究していく、
議論とはそのようなものであると考えます。

この掲示板では、左翼でも大歓迎というスタンスでやっていますが
それというのも、同じ考えの人間だけが集まって和気あいあいとやっていたのでは
そこで思考停止してしまいかねないので
それよりはむしろ、違う考えを持った方から鋭いツッコミを入れてもらうことで
持論をより深化させるのに資すると考えるからです。

とはいえ、考えの違う相手とのやりとりでは
どうしても我を忘れてヒートアップしがちなので
あくまでも「節度さえ守っていれば」という条件を設けています。
なので、節度のない輩は、保守思想の人間であっても排除しています。

その点、名無しの権兵衛さんと伊那さんとのやりとりを見ていると
時折、ちょっとヒートアップしすぎかなと懸念することがあります。

そして、そのように殺伐とした雰囲気では、他にコメントをしたい方も
「ヘタすると、自分も標的にされてしまうんじゃないか」と懸念して
コメントを書くに書けないということにもなりかねません。

第一、議論で感情的になってしまえば、それこそ相手の思う壺で
底の浅さを見透かされ、相手に侮られて、付け入る隙を与えてしまうことにもなります。
なので、感情を抑える練習も兼ねているものと思って
どうぞ相手への敬意を忘れず、感情的にならずに、冷静な議論を心がけていただきますよう
ご協力のほど、よろしくお願いいたします。


新着順:12/568


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.