日本をまもる会 掲示板

この掲示板は、基本的には思想信条を問わず自由闊達な意見交換の場にしたいと考えております。ただし、過激な言葉による誹謗中傷などのコメントについては、当会ならびに当掲示板の品性を貶めるものとみなし、管理者の判断において削除させていただきます。品格と教養の高い日本人としての矜持を以て節度ある書き込みをお願い申し上げます。



カテゴリ:[ その他 ] キーワード: 日本 政治 愛国


新着順:8/584


[780] Re: (無題)2

投稿者: 伊那 投稿日:2020年 1月 5日(日)10時09分31秒   通報   返信・引用   編集済 > No.777[元記事へ]

以上が自分の伝統に対する価値観です

その上で、『初詣や二礼二拍手一礼』というのは明治時代からの文化と言われています

1.
『初詣』の発祥は明治五年の東海道線開通による川崎大師への正月参詣から始まったとされます

だが昨今のこの議論について、新しい物だと主張している人達は明確な定義付けを行っていません
どういう事か? と言いますと、「初詣は新しい物だ!!」
それは「初詣という言葉が新しい物」なのか? 「遠方への正月参詣が新しい物」なのか?
それとも「元日に神に祈る行為が新しい物」なのか?

言葉であった場合は「明治時代」からの文化である事は間違いありません
「遠方への正月参詣」であっても同様です
ところが「元日に神に祈る行為」については、まぎれもなくかなり古くから続いていると言えます
江戸時代には「恵方参り」や「産土神」へお参りする事は行われていましたし
『八坂社』や『伏見稲荷大社』を除いて庶民が神社に立ち入れなかった時代においても
公家の日記には元日に神に祈った後、信仰する神社に参拝したとあります
武家の場合は当然八幡宮関係ですね

2.
『二礼二拍手一礼』については、明治時代に制度化されました

明治八年、式部寮からの布告『神社祭式』から始まり
『明治天皇様』が、明治四十年『神社祭式行事作法』を定めて制度化されました

さて、これらを見て、昨今やたらと「伝統ではない」と否定している人達には共通項が見えてきます
それは左翼の主流をなしている『マルクスの資本論』も読んだ事がない
「なんちゃって左翼」の主流をなしている自称市民派や野党支持者に多いこと
そして、ともにそれが明治時代を標的にしている事です

『日清・日露』の大戦に勝利した『大日本帝國』の栄光の時代
彼等には、おそらくその存在自体をこの世から消し去りたい、ただそれだけの事なのでしょう
そして保守同様、『伝統』という錦の御旗をふりかざして弾圧行為を繰り返しているのです

だが良く考えてください、伝統という定義は何か? いつの時代から伝統と言えるのか?
明確に答えられる人が居るのでしょうか? それに明治時代以降は伝統ではないのか? とも言えます

明治時代以降が伝統ではないと言うのなら、「明治創業の老舗」という言葉も不適切と言えます
また明治時代の建築物について、重要文化財に指定せずに壊す計画が立った場合
真っ先に「伝統を破壊する行為だ」と反対する人達は、「伝統ではない」と主張していた人達でしょう

針原さんのところの石川県でも『石川四高記念文化交流館』という赤レンガ造りの立派な
国指定の重要文化財の建物があります
これを県が取り壊して新しい立派な建物を建てる計画が持ち上がった場合誰が反対すると思います?
当然『立民系』や『共産系』である事には間違いないでしょう
しかも丁寧に説明しても、「お前は文化を破壊する気か」だの「伝統を破壊する気か」だの議論を封殺した上で

これらが伝統でないのなら普通の建物のはずで、好きなだけ壊しても良いはずですし
そもそも文化財に指定する事もないはずです


また『伝統』という定義についても考える必要があります
例えばいつから続けば『伝統』なのか? 『明治から』が伝統でないのならば『江戸から』は良いのか?
それを言うのならば、『室町戦国』の時代があり「狩衣」の服装とかがより『伝統』のはず
『室町戦国』と言うのならば、『鎌倉時代』の方がもっと『伝統』ですし
『平安時代』はどうなるのか? 『奈良時代』を忘れてもらっては困りますし
いやいや『古墳飛鳥時代』もありますよ? って事になります

『明治元年』から実に152年、それが『伝統』と言えないのならば明確に定義づけるべきですね
言論弾圧の為に『伝統』等と言う馬鹿げた黄門の印籠を振りかざす事はやめて


新着順:8/584


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.