日本をまもる会 掲示板

この掲示板は、基本的には思想信条を問わず自由闊達な意見交換の場にしたいと考えております。ただし、過激な言葉による誹謗中傷などのコメントについては、当会ならびに当掲示板の品性を貶めるものとみなし、管理者の判断において削除させていただきます。品格と教養の高い日本人としての矜持を以て節度ある書き込みをお願い申し上げます。



カテゴリ:[ その他 ] キーワード: 日本 政治 愛国


新着順:7/584


[781] Re: あけましておめでとうございます&火の本様

投稿者: 伊那 投稿日:2020年 1月 6日(月)10時04分30秒   通報   返信・引用   編集済 > No.778[元記事へ]

針原様、あけましておめでとうございます

永平寺まで行かれたという事で、うらやましい気持ちでいっぱいですね
自分はまず郷土の神社に初詣をおこなった後、伊勢神宮にお参りしました
IPを見ていて解かるかと思いますが、正月と終戦記念日や文化の日とその他
まあ、ようは『筥崎八幡宮』への参拝、『敵國降伏』の額縁への参拝で
どうしても交通費がかかってしまいます(苦笑)

「除夜の鐘」への文句については本当に困ったものです
ただ「文化の破壊」というのはそれこそ買いかぶりで、はっきり言って何も考えてないんだと思いますよ?
「祭りがうるさい」「子どもの遊ぶ声がうるさい」、こういうのばかり
またそういう文句を言う人に限って、自分自身は周囲に迷惑を掛けているものですよね

人間性について教えでは、中国の思想にある『性善説』にあたる『仏心』を採用しているみたいですが
私自身は、韓非子の『性悪説』を信奉しているので、やはりなという感じで見ています

それと、行事の中止については良く良く注意深く見ていかないと駄目かと思います

火の本乙女さん

ゴーン被告の逃亡について、元特殊部隊の民間警備会社の関与が疑われていますよね?
ただ、個人的に言わせてもらうと、自分は『日本国そのものの関与』を疑っています

『政府』と『日本国そのものの関与』は一見一緒に思えますが、実は違います
『政府』とは行政府や立法府であり公権力を行使する立場、『日本国そのものの関与』とはこの体制そのものです

どういう事か?と言いますと、まず政界
あれだけ『安倍政権』追い落としに必死な野党が、なぜかこの問題については沈黙を保っています
とくに共産主義であり貧困層の味方であるならば、阿鼻叫喚の地獄絵図を作り出した首切りの首謀者
カルロス・ゴーンをなんとしてでも捕まえろ、と主張してもおかしくありません
そして『安倍政権』への追い落としに大いに役立つ材料のはずにも関わらずなぜか沈黙しています

そして行政、税関や管理局はハッキリ言って凄いシステムです
一般に言われているような人員や装備で自分が出来るか? と言われるとまず不可能でしょう

まあドイルやクリスティーに影響されすぎと言われればそれまでですが
『積○』にしてもそうですが、「騙され」というのは騙される側にそのつもりが無ければむずかしいです

ではその論を構成する上で重要な要素となる対象の信用性ですが
そもそも『出入国在留管理庁』はかねてから「竹島の日反対運動の韓国人をフリーパスで入国させてきた」のであり
かつ、昔は「太地町の鯨漁反対運動テロリストを入国させてきた」という『前科』がある犯罪者です
したがって自分の予想を否定する根拠はまったくないという事です

ついでに言えば、『安倍総理』は総理就任前は『日韓議連会長』であり
『麻生財務大臣』も『日韓トンネル推進議員連盟最高顧問』でもある事から、民主党政権と変わらず
外国人特権の推進者であり、なおかつ外国人を逃がす事になんら罪悪感は抱いていない可能性が高いのです

メディアと財界、これらは一連の報道を見れば良く解かります
メディアはこれまで『安倍総理』に対して『桜を見る会』や『モリカケ』について
一方的な『嘘』、『偏向報道』まで織り交ぜて激しく攻撃し、『立民』や『国民主』をかばい
『安倍政権追い落とし』にやっきになっておりました

ところが今回は『公文書』破棄等という問題とは比べ物にならない
『容疑者の海外逃亡、それも政府司法の失態』であるにも関わらず、何故か『政権の責任論』は浮上せず
それどころか『森法相』の「できる限りの措置」コメントを大々的に取り上げて政権擁護
さらに『米陸軍特殊部隊』の凄腕さと横暴さをことさら強調した上に『人質司法の問題』にすり替え

はっきり言えば、メディアや財界にとっても喋られたら困る事があるのでしょう
おそらくゴーンの記者会見も『人質司法の問題』だけで、取引に使える部分は喋らないでしょうね


新着順:7/584


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.