日本をまもる会 掲示板

この掲示板は、基本的には思想信条を問わず自由闊達な意見交換の場にしたいと考えております。ただし、過激な言葉による誹謗中傷などのコメントについては、当会ならびに当掲示板の品性を貶めるものとみなし、管理者の判断において削除させていただきます。品格と教養の高い日本人としての矜持を以て節度ある書き込みをお願い申し上げます。



カテゴリ:[ その他 ] キーワード: 日本 政治 愛国


631件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[835] 烏合の集団誕生

投稿者: 名無しの権兵衛 投稿日:2020年 8月25日(火)21時35分17秒   通報   返信・引用

国民民主党と立憲民主党の合流が決定した。立憲民主党の衆参両院の国会議員89人に、62人いる国民民主党の大半と、野田佳彦前首相、岡田克也元外相がそれぞれ率いる無所属議員のグループの合計約20人が合流する。2017年に分裂した民進党以来となる元戦犯共150人規模の烏合の集団が誕生することになった。

合流新党は、松井一郎日本維新の会代表(大阪府知事)から、「帰ってきた民主党」とやゆされている。だが、かつての民主党ではない。今回合流しない前原氏や玉木氏だけでなく、自民党の衆院会派に加わった長島昭久氏、細野豪志氏ら「中道保守」系の議員が抜けた。共産党の影響を強く受けて、目玉政策が「消費減税」くらいしかない「左派ポピュリズム政党」が誕生したのだ。元々政策等何も無く反対と上げ足取りしか能の無い集団だから誰も期待などしないが、国民の税金で開いている国会の邪魔だけはしないようにして貰いたい。
あの暗黒の3年間を作った恥知らずの戦犯共がずらっと顏を揃え、また日本国を暗黒の闇に持って行こうとする能なし恥知らずの野合の集団に未来は無い。




[834] 元の民主党に先祖返り

投稿者: 名無しの権兵衛 投稿日:2020年 8月20日(木)18時26分43秒   通報   返信・引用

過去には平成27年、分裂に陥った維新の党(当時)の橋下徹大阪市長(同)がツイッタ
ーで、政党交付金の国庫への返納を目指すと表明し、話題になったことがある。ネット上
で波紋を広げている玉木氏の発言。政党助成法に基づく政党交付金は、国民が1人あたり
250円負担する税金が原資となっているだけに、ツイッターには「解党したときに、そ
の金、まず国庫にかえすべきだろ?国民の税金をなんだとおもってんだよ」「金目当てで
烏合離散繰り返してないで、元々税金なんだから全額国庫返納しろよ」といった厳しい意見も散見された。

金目当ての合流劇でないなら元々国民の血税なのだからサッサと国庫に返金しろ。
国庫に返金され当てにしていた金が入らなくなった時の枝野のガッカリした顔が目に浮かぶ。
何時か見た光景ですが、枝野にかき混ぜられぐちゃぐちゃにされた恨みを晴らすためにも
政党交付金を国庫に返納して枝野に鉄槌を喰らわしたらどうですか。



[833] 戦犯共の先祖帰り

投稿者: 名無しの権兵衛 投稿日:2020年 8月20日(木)11時23分58秒   通報   返信・引用

旧民主党へ先祖返りする前に有権者に対して謝罪する必要が有るだろう。

旧民主党は、マニフェストと言う(振り込め詐欺のマニアルみたいな物)選挙公約で
有権者に対し、これは国民との契約ですと言って高速道路の無料化、ガソリン暫定税の廃止、国民年金は最低6
万円支給、子ども手当は一律2万円等々美味しい公約で有権者を買収し、目出度く与党になったら有権者との契
約は反故にし(何処かの国も契約や約束を平気で反故にしますが)コンクリートから人へと言って常総の洪水
を引き起こし、福島の原発では、圧力ベントしないと炉が高圧で冷却水が注入出来ないので、水素ガスが発生
して危険ですと言う現場の声を無視しイラ管がヘリで視察に行くので、ベントは待てと言って挙げ句の果てに
水素爆発を引き起こし、枝野は直ちに危険は無いと、スピードのデーターを隠匿し、人々を危険に晒した事を
もう忘れた様ですね。元民主党の戦犯達が民主党の不始末から逃げるために新しい政党を立ち上げ、ほとぼり
が冷めたらまた元の民主党に先祖帰りとは有権者を馬鹿にしすぎではありませんか。
元々政策も無く、纏まりも無い何も決められれない政党と揶揄されていた政党が今度は、自己保身の為自衛隊
や天皇陛下を否定する共産党とも組する様ですが、元の民主党よりさらに強力な政策などより自己保身が優先の無責任な政党に先祖返りする様ですが、二度も詐欺に引っかかるほど有権者は馬鹿ではありません。



[832] (無題)

投稿者: 名無しの権兵衛 投稿日:2020年 8月19日(水)23時06分54秒   通報   返信・引用

旧民主党の何でも反対政策ゼロの自己中議員は、保身の為民主党を解党し他の勢いの有る
政党に寄生して保身を図りその後なんでも反対党(仮名)を立ち上げその支持率も下がりぱ
なしなので、このままでは、議員生活も先が見えるので(先生も落選すればただの人)
なのでえ、政策は何でも反対だけ元々対案を出す能力も無いので、政策の違いなど
無いので、政策て何ですか?と言いつつ旧社会党や共産党までゴチャ混ぜにして腐っ

混ぜご飯を炊き上げて有権者を欺そうと(有権者に腐ったごちゃ混ぜご飯を食わそうと企ん
でいますが、)そそれほど有権者は馬鹿では無い。



[831] 元の民主党に先祖返りする自己中議員

投稿者: 名無しの権兵衛 投稿日:2020年 8月19日(水)22時41分37秒   通報   返信・引用

国民民主党は19日、東京都内のホテルで両院議員総会を開き、立憲民主
党と合流し、新党を結成することを決定した。両党の代表者が近く合意
文書に署名し、互いに解党したうえで9月上旬の新党結成を目指す。

はぁ~では何で民主党を解党したの人気が無くなったので、勢いの有る
政党に入りたくて解党したのね!でもって、又人気が無くなったので、
元の民主党に先祖返りするのですね。分かりやすい行動です。

民主党の所属議員が評判が悪くなったので、分解して色々な政党を作りまし
たがまた烏合の集団に先祖返りですね。
政策など何も無く只自己保身だけでくっいたり離れたりのくり返しの
自己中議員の集団で、右や左の旦那様で共産党まで一緒になる厚かま
しさには呆れて物も言えない。




[830] 令和2年度大東亜聖戦祭

投稿者: 大村 万集 投稿日:2020年 8月15日(土)11時55分36秒   通報   返信・引用

針原さん こんにちは

 今年の聖戦祭の模様をアップしていただいてありがとうございます。

 特に今年は第20回の記念すべき会だっただけに、諸般の事情があったとは言え、少人数で行わなければならなかったのは残念です。

 これまでも書いてきたように、政府のまずい対応のために来年もどうなるか分かりませんが、何とか感染が治まって、次回は多くの人が集まっていただける聖戦祭となることを願っています。



[828] 朝鮮に舐められっぱなしの日本国政府。

投稿者: 名無しの権兵衛 投稿日:2020年 7月28日(火)20時52分38秒   通報   返信・引用

日本政府は28日、安倍晋三首相を侮辱する像が韓国国内で建てられたとして、反発し
た。旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像の前でひざまずいて謝罪する首相をモチ
ーフにしていると受け止めたためだ。像設置をきっかけに、韓国を非難する声がイン
ターネット上で拡大していることを意識した対応。
 この像について、政府は「日韓関係に決定的な影響を与える」(菅義偉官房長官)
との立場を韓国側に伝え、今後の推移を見守る構え。韓国の文在寅政権がどう反応す
るかが焦点になる。
南朝鮮に舐められっぱなしの日本国政府。南北朝鮮には遺憾砲は何発撃っても効果は
無い。あの様な国には、傷みを伴う懲罰だけが効果が有るのだと言う事を日本国政府もそろそろ学習したらどうですか。



[827] 何も学ばない政府‥

投稿者: 大村 万集 投稿日:2020年 7月 4日(土)23時33分53秒   通報   返信・引用

針原さん、こんばんは

 拙文へのご返答ありがとうございます(前回投稿で国債を国際とタイプミスしてました。すいません)。
 参考動画、大変勉強になりました!

 さて、コロナ患者はもういっその事爆増して緊急事態再宣言になった方が良いと思い、この1週間の感染者増をある意味歓迎の意を持って見ていたのですが、再宣言の基準を越えたところで、基準撤廃という小池知事のまさかの判断にひっくり返りました。

 もちろん、決め事もそれを覆すに十分な合理的理由があれば変更しても良いと思います。むしろそうするべきでしょう(大東亜戦争開戦前において、御前会議の決定事項だからという理由で軍は開戦に突き進もうとしましたが、昭和天皇が、「それにこだわることなく戦争を回避すべき方法を考えよ」とおっしゃられたように)。
 しかし、今回は全く違います。百歩譲って「経済問題で再自粛は出来ない」というならまだしも、「感染者は若い人ばかりで、医療を圧迫していないから大丈夫」という子供だましの言い草は完全に合理を無視した暴挙です。

 政府や小池知事が考えているように「病床に余裕がある」状態で運よくコントロール出来る可能性も低いながらゼロではありません。イラク戦争の時に強引に自衛隊を派遣し、(公式には)一人の戦死者も出さず、一方で自衛隊員による殺傷者も一人も出さずに済んだ小泉純一郎のような強運としかい言いようのないこともあるかもしれません。それでうまくいってくれればそれにこしたことはありませんが、為政者がそのような運を天にまかすようなやり方で良いとは私には思えません。

 大東亜戦争でも軍上層部は敵国の世論や心理状況を碌に分析もせず「民主主義のアメリカは、すぐに厭戦気分が蔓延して継戦不能となるだろう」と楽観的に考えていました。その結果、多くの尊い命を失わせることになった責任は余りに大きいものがあります。東條英機も東京裁判で「対英米戦においては自衛のためにやったことであり自分には何らの責任も無いと主張するが、自国民には大きな責任がある」と言っていました(これは同感。素晴らしいとすら思います)。

 今回は現在の海外の状況と、3-4月にわが国も手痛い目にあったという参考にすべき事例がたくさんあります。完全に匙を投げたブラジルはすさまじい事になっていますし、アメリカもさっさと経済活動を再開した州から再び感染爆発して感染者が急増しています。世界の感染者は凄まじい勢いで増え続けています。私には楽観論は余りにも病気を舐めすぎているように感じます。

 日本政府が中国の状況を他人事のように見ていた1-2月、まさか我が国が直後にあのような事になるとは全く考えていませんでした。2-3月に恐らくは1兆円になるかどうか程度の金を惜しんで渡航制限を怠り、その後の3か月で何十倍もの経済的損失を被りました。政府の連中は、もうその大失策を忘れてしまったようです。

 この感染の恐ろしいところは患者数が短期間で爆発的に増えていくところです。感染者の大半が若い人だから大丈夫と言うけれど、その若い人は社会生活においてリスクの高い60歳以上の人と完全に分離されてはいません。一旦高齢者に飛び火したらコロナ専用病床などあっという間に埋まってしまいます。そして、病床が埋まってきてから動いたのではもう何もかも手遅れです。
 確かに若い人は新型コロナでほとんど重症化しません。しかし、若い人もケガをしたり、他の病気になることがあるのです。その時、日本中の病院がコロナ対応で手一杯になっていたら自分は診てもらえなくなるのです。こんな簡単な事実に思いが至らないことに眩暈がしてきます。

 都知事選が終わって1週以内に宣言しないようであれば、政府はもうコントロール不能のところまでいかないと緊急事態の再宣言はしないつもりなのでしょう。

 赤字国債100兆円、いや50兆円で首都圏を自粛させるだけでもまだこの夏のコロナ終息のチャンスは残っています。この赤字国債を嫌う事で生じる経済損失は100倍規模ではないかと私は推測しています。

 しかし今、政府はまた同じ過ちを繰り返そうとしています‥ 後に、この暖かく感染終息に有利な時期を無為に過ごした事を大きく後悔する可能性は高いです。
 さあ、政府の連中は東条英機のように潔く自分の責任を認めるでしょうか? 皆で見守りましょう。

 このままでいった場合の最悪のシナリオは
①感染コントロールがつかなくなってようやく緊急事態再宣言
②4-5月のように感染者が減らない!
③自粛が長引き企業が連鎖倒産し、生産能力そのものが大打撃をうける
④GDP大幅低下、失業者大量発生→生活保護を必要とする人が大量発生
⑤止む無く赤字国債を大量発行
⑥悪性インフレ(あるいはスタグフレーション) でしょう。

 ある分析では自粛状態が半年を越えた時点で日本の半分以上の企業が倒産するとのことです。すでに日本でも感染関連で多くの倒産が出ており失業者も2万人以上です。

 針原さんの前回投稿での参考動画でMMT(現代貨幣理論)について非常に分かり易い動画が挙げられていました。一人でも多くの方に動画を観ていただき、この手法に考えていただきたいと切に願います。
 MMTはどこの国でも好き勝手に出来るものではありません。いくつかの難しい条件をクリアしないと実行できません。日本はMMTを実行しうるその条件を備えた数少ない国の一つであり、また世界中が最もMMTを行うに相応しい国とも考えています。

 私は今、起死回生の一手としてMMTを行うべきだと思います。コロナの事も含め今以上にこれを試すのに適切な時期はありません。仮に失敗したとしても、今の無策のままで時間を過ごすより傷は小さい可能性が高いと予想します。さらに、その結果がどうなるとしても、後の世界経済を考える上で、日本の経験は極めて重要なエビデンスとなるでしょう。

 繰り返しますが、MMTを実行するとしたらもう今しかありません(併せてその金の使い道は企業補償と併せて感染終息までの全国民へのベーシック・インカムという形で)。企業が大量倒産し生産能力が奪われてしまったらもはやMMTの実践は不可能です。その時点でMMTをしたら、それこそ過去の日本やドイツの戦後のようなハイパーインフレを生じるでしょう。一方で、今の政府のように何もしなければ、最終的には大量の生活保護者を生み出すこととなり、結局、赤字国債の発行は避けられません。その額は今出すよりも多く、そして、経済への悪影響も比較にならない程大きい筈。ならば、同じ国債発行するなら今しかない。私はそう思います。

 残された時間は余りありません。



[826] (無題)

投稿者: 針原崇志 投稿日:2020年 6月27日(土)03時03分3秒   通報   返信・引用   編集済

大村さん、コメントありがとうございます。
コメントの本筋(コロナ対策)からは離れますが、コロナ対策に伴う補償について・・・

私もまだ勉強中なのですが
現代貨幣理論(MMT)というお金についての考え方に立脚すれば
自国通貨(円)を発行する権限を政府が持っている日本において、円建ての国債をいくら発行しても
それによって国家財政が破綻することなどあり得ません。
(ただし、ハイパーインフレにならない限度で、という制約はありますが)

単純化して言えば
「ヤバイ、返せないかも」
という状況になったら、政府がお金を刷れば済むからです。

MMTについて、↓の動画が分かりやすくまとまっているので、参考にしていただければと存じます。
https://www.youtube.com/watch?v=xZB0FjU7qfY
https://www.youtube.com/watch?v=IdYMg0aGea4

なので
「これ以上財政赤字が増えたら、ギリシャのように国家破綻してしまう!」
などといったデマに惑わされることなく
(ギリシャ国債はユーロ建てなので、ギリシャ政府が勝手にユーロを発行することができずに
デフォルトに陥りました)
大村さんのおっしゃるとおり、増税ではなく、国債を発行して、
国民にお金をばらまいて、国内経済を回すことが必要と考えます。
(貧乏人の私としても助かる、といった私情を別としても・・・)

長らくデフレから脱却することができず
しかもコロナ禍によるさらなる需要低下、すなわちデフレのさらなる悪化が懸念される今こそ
そういった施策を採るべきなのです。

そうして
「ヤバイ、このままだとハイパーインフレになるかも」
という状況になった時にこそ
財務官僚がやりたくてやりたくてしょうがない
消費増税をして需要を抑えればいいのです。

そして、そんなことは、たぶん麻生財務大臣も考えているはずなのです。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=116&v=-RwhPeJqspU&feature=emb_logo
(2:10~)

にもかかわらず
財務官僚の犬に成り下がったのか、アメリカの犬に成り下がったのか分かりませんが
今はあんな体たらくです。

野党であったほうが、ちゃんとしたまっとうな主張をできるのなら
自民党をもう一度野党にした方がいいのかもしれませんね。

そもそも、安倍内閣自体、「デフレからの脱却」を唱えつつ
「ちゃんとデフレ対策してますよ」というアリバイ作りのごとき無意味な金融緩和を行った以外は

バカの一つ覚えの規制緩和
バカの一つ覚えの自由化、民営化
バカの一つ覚えのグローバル化
バカの一つ覚えの財政健全化

ことごとく、インフレ抑制対策=デフレ悪化対策ばかりです。

そんな無能に任せるぐらいなら
一か八か、多々問題のある山本太郎に賭けた方がまだマシかもしれませんね(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=q5m3qiRxS3M



[825] コロナ終息を諦めてはいけない

投稿者: 大村 万集 投稿日:2020年 6月13日(土)09時48分6秒   通報   返信・引用

 コロナの1日新規感染者は緊急事態宣言後、1か月で9割減りました。
 しかし、その後の緊急事態宣言解除から今日までのほぼ1カ月で、1日新規感染者は横ばいでやや増えてきそうな状況です。
 ここ1カ月の新規感染者の8-9割は関東、北海道、北九州です。withコロナなどと諦めないで、この地区だけでも重点的に人の動きを抑制して、ウイルス撲滅に有利な夏の間に決着をつけるべきです。
 補償はもちろんしっかりおこなって。そして、財源は増税ではなく、国際増刷で対応すべきです。日本の経済にはまだまだ余裕があります。

 また、海外との往来再開にも注意が必要です。北大の西浦教授は海外から1日10人の感染者が入国した場合、全員を入国後2週間待機させたとしても、90日後に99%の確率で大流行が起こると試算しています。

 やはり、今は鎖国をして、国内で経済を回すのが最善と言えるでしょう。

 国民の生活が置いてきぼりされながら、移民推進がどんどん進んでいる昨今の情勢を保守派の人々は不安な思いで見ておられたでしょうが、今はそのおかしな状態に全ての国民が気付く事が出来るチャンスでもあります。

 インバウンドの消費など、国内観光の2-3割でしかありません。
 また、日本のGDPの6割は国内消費で、輸出など1割に過ぎないのです。

 このような経済構造の日本で、実質賃金が20年前と比較して10%も下がっています。消費が落ちて当たり前です。これは急激な少子化の原因でもあります。
 政府は外国人を日本に招き入れる前に、まず国民に金を配らないといけないのです。
 アベノミクスで金(マネー)の量は増えたのですが、大半は大企業と海外に流れました。
 あの竹中平蔵ですらトリクルダウンは起きなかった事を認めています。
 日本景気再興の道は簡単。国民に直接金を配れば良いのです。
 しかし、それを知りながら絶対にやろうとしないのが、他ならぬ自民党です。今回、国民一人10万円が配られましたが、自民党は最後までこの案に反対していました。N国の立花孝志氏がその理由を分かり易く説明していました。要するに自民党は一部の金持ちにしか目が向いていないということです。それは今の選挙制度の構造的に仕方の無い部分でもありますが。

 国民一人10万円、1回ぽっきりの給付金などで終わらせてはいけません。
 コロナ終息まで毎月一人10万円、いや20万円配れば、コロナ騒ぎは早く収まるし、景気への被害も小さくなります。それを3年くらいやっても日銀が目標とするインフレ率2%を達成出来るかどうかくらいの状況だと思います。

 国民が声をあげて政治を動かしましょう。

 とりあえず、入れるところが無くても選挙に行くべきです。どの都道府県でも白票が最も多い票になるような事が起きれば事態は必ず変わります。


 別件ですが、本年の大東亜聖戦祭の中止が決定しました。
 今の社会情勢を考えれば仕方無いのですが、やはり残念な事です‥


レンタル掲示板
631件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.