日本をまもる会 掲示板

この掲示板は、基本的には思想信条を問わず自由闊達な意見交換の場にしたいと考えております。ただし、過激な言葉による誹謗中傷などのコメントについては、当会ならびに当掲示板の品性を貶めるものとみなし、管理者の判断において削除させていただきます。品格と教養の高い日本人としての矜持を以て節度ある書き込みをお願い申し上げます。



カテゴリ:[ その他 ] キーワード: 日本 政治 愛国


547件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[739] Re: 感謝!再生回数10万回突破!

投稿者: 名無しの権兵衛 投稿日:2019年11月 4日(月)16時58分57秒   通報   返信・引用

針原さん、こんばんわ。10万回突破おめでとうございます。私ももっと伸びるように願ってますし、他動画にしても必ず伸びると確信しているので頑張ってください。

伊那さん、こんばんわ。間違いじゃないけどそんな事言い出したらキリがないじゃないですか。わたしは宗教とは何か?を議論しているんじゃありません。宗教とは神を祀るもので超自然的なものを信仰する、そんなのは一般常識であって定義付け云々の問題に持ち込むのはおかしいと思います。あと「事教分離」とは書いてませんが、税金の支出というのは政治が決めることなんです。だとしたら秋篠宮様のご発言というのは政治的な発言ということになりませんか?三権分立や宗教の介入と憲法についてそんなことを言い出したらむちゃくちゃだと思います。

沖縄で世界遺産の首里城が焼けました。なにか胸が張り裂ける思いがしています。貿易大国琉球王国の素晴らしい栄華を現在に示された物だと思います。伊那さんは批判的に沖縄を見ていますが日本国民として何か思う所はないんですか?あと、ハングルとパスパ文字とかいうのと何か関係があるんですか?




[738] Re: 感謝!再生回数10万回突破!

投稿者: 伊那 投稿日:2019年11月 4日(月)11時54分21秒   通報   返信・引用   編集済 > No.735[元記事へ]

おめでとうございます。自分もこの動画、観てます。もちろん高評価を押させていただきました

まあ我が国も、韓国に対して大きい事は言えません。最近は歴史関係に関して
「歴史をプロデュースするもの」by高良琉球史教授
のような人物が大手をふって歩いているので事実を事実として受け入れられない者が多いのでしょう

そんな中日本で多くの人が視聴し、多数が高評価を押すというのはまだ救いがありますね
韓国では高評価が多いものの閲覧数が少ないというのは
題名を見ただけで嫌悪感を示す人が多いのかも知れません

ちなみに自分は、ハングル文字に興味があるかないかと言われれば興味はありますね
大元帝国で使用されていた「パスパ文字」導入の経緯、如何にハングルとして発展したか?
非常に知識欲がわきます。



[737] すごい!

投稿者: 大村 万集 投稿日:2019年11月 3日(日)15時00分25秒   通報   返信・引用

針原さん、こんにちは。動画10万再生突破おめでとうございます! それにしてもすごい! もっともっと伸びるよう願っています。そして、出来たらこれを機会に他の動画も作ることを考えてください。針原さんの力量なら人気コンテンツがたくさん出来ると思いますよ。



[736] 反日韓国は国を挙げて日本にヘイト

投稿者: 名無しの権兵衛 投稿日:2019年11月 3日(日)09時51分2秒   通報   返信・引用

愛知県で2つの芸術祭が行われました。片方は慰安婦像や昭和天皇を冒涜するような作品が大量に出てくる「
日ヘイト」の作品展でした。もう片方は大村知事や朝鮮半島を非難する作品展です。

朝鮮人が日本人に対して行う差別はヘイトでなく日本人が同じ事を行うとヘイトと呼ばれる左巻きのオツム達
在日特例は日本人に対する最大の差別です。



[735] 感謝!再生回数10万回突破!

投稿者: 針原崇志 投稿日:2019年11月 3日(日)01時15分18秒   通報   返信・引用   編集済

私事で恐縮ですが
YouTubeに載せた動画「日本統治時代の朝鮮の教科書」の再生回数が
おかげさまで10万回を超えました。
https://www.youtube.com/watch?v=bmd84wpHOv4&feature=youtu.be

先月初めには2万8千回ぐらいでしたが、先月1ヶ月だけで7万回以上の再生がありました。
見て下さった方々がSNSで拡散してくれたようです。
良くも悪くも、SNSの影響力って本当にすごいものですね。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

一方、韓国語バージョンのほうはまだ2,500回ほどです(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=pvKv91yxqSA
ですが、意外にも「高評価」が「低評価」よりも圧倒的に多いのを見れば
やはり作った甲斐があったなと思っています。

再生回数が増えたのに伴って、コメントもずいぶん増えました。
好意的なコメントがうれしいのはもちろんですが
それが韓国の方からのコメントであればより一層うれしいですね。

もちろん批判的なコメントもありますが、それも一興。
もっとも、いずれも予想どおり、型どおりのものばかりで、特に意表を突いたものはありませんが
そういった批判的なコメントもまた理論武装の糧になりますので
以前この動画をご覧いただいた方も、今度はコメントをメインに
改めてお越しいただければと存じます。




[734] (無題)

投稿者: 針原崇志 投稿日:2019年10月28日(月)01時26分28秒   通報   返信・引用

伊那さん、こんばんは。
私はごくありふれた下級国民ですよ(笑)
貧乏暇なしで、返信も遅れがちになってしまい申し訳ありません。

・・・・・

憲法改正に伴う国民投票についてですが
おっしゃるとおり、各国の改正手続を見れば、国民投票など必要としていない国も多々あります。
国民投票を、国民主権であるがゆえの当然の帰結であるかのように説明している文章も目にしますが
そんなことはありません。

なので、改正手続きを改正して国民投票の要件を削除することも可能でしょうけれども
そんな改正をするにしても、いちおう現状ではそう規定されている以上
現憲法の改正手続に則って改正するとするならば、国民投票をせざるを得ない。
なので安倍首相としても国民投票を呼びかけざるを得ない。
ただそれだけのことではないでしょうかね。

そして
>「抽象的な概念としての国民」を意味するというのであれば、
>それを「権力的契機」的な解決手段で改正出来るこの「第九十六條」というのは非常に矛盾が生じて
>その意味においても大変な問題になると思うのです。

そのとおりですね。
結局のところ、「王様」というただ一人の人間に主権が属するというのであれば単純だった話が
革命によって、「国民」(という不特定多数の人間)に主権が移った、ということになったけれども
「でも、実際のところ、国民の意思って多様だよね。」
「そうは言っても、いちおう国民の意思は一つだってことにしなきゃマズいよね。」
という齟齬が生じて、そのつじつまを合わせるために
「権力的契機」だの「正当性の契機」だの
めんどくさいヘリクツを一生懸命にこねくり回しているだけではないのかな、と思っています。
しょせん、宮澤~芦部系に代表される通説的(?)な憲法学なんてのは
現憲法を正当化するために、後出しジャンケン的に構築されたものにすぎないですからね。

その矛盾をなんとか理解して憲法を理解したつもりになるのではなく
「矛盾してるよね」と堂々と喝破なさる伊那さんに対して
「こやつ、只者ではないな・・・」という印象を受けました(笑)

とはいえ、現状、憲法改正に国民投票が必要とされていて
しかも、現実問題として既に亡くなった先人や生まれてすらいない後裔の意見を聞くことなどできない以上
せめて、たまたま「いま現在」という時に参政権を有しているがゆえに
意思表明をすることができる我々としては
先人がどのような思いでこの国を守り育んできたか、ということに思いをはせ、
後裔のために日本をどのような国にすべきか、ということを真剣に考えて
賛否の一票を投じるべきではなかろうかと思います。
憲法改正の国民投票に限らず、通常の議員選挙にしても同様だと思っています。
(もっとも、その結論は人それぞれだとは思いますが)

そういったことを全く度外視して
ただ単に「国民の意思を政治に反映させるのが民主政治ですよ♪」としか教えないのは
民衆の欲望を政治にぶつけることを推奨するだけの、民主教育ならぬ衆愚教育だと思っています。

・・・・・

一方、「国家の最高責任者」の件については、御質問の趣旨を理解しかねています。

たとえば、御質問にあるオランダ憲法ですが、その第42条2項には
「国王は不可侵であり、大臣が責任を負う」
とありますし
スペイン憲法でも、第56条3項には
「国王の身体は不可侵であり、かつ国王は無答責である。」
とあります。
つまり「国王は責任を負いませんよ」と憲法に明記されているわけです。

また、伊那さんからいただいた 713 のコメントに
>私がある程度崇拝している『大日本帝國憲法』の第一條では、「天皇之を統治す」と
>大日本帝國代表者としての天皇、最高責任者にして最終責任者としての天皇が明記されています。
とありますが
帝国憲法にも、第3条に「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」とあります。
この規定を
「憲法で天皇が現人神だと規定されていた!」なんてトンチンカンな解釈をする人もいるようですが
これは、上記のオランダやスペインの規定と同様
天皇の無答責、つまり「天皇は責任を負いませんよ」という規定です。

天皇が責任を負わないのであれば、だれが責任を負うのかといえば
帝国憲法第55条2項に
「凡テ法律勅令其ノ他国務ニ関ル詔勅ハ国務大臣ノ副署ヲ要ス」
とあります。
この条文とワンセットで
「天皇が責任を負わない代わりに、副署した国務大臣が責任を負います」
ということになっているわけです。

たとえば、上述のスペイン憲法第56条3項でも、上記に続いて
「国王の行為は、常に第64条で定める方式により副署され、副署を欠くときは、その効力を有しない」
とあり、第64条2項には
「国王の行為については、これに副署した者が責任を負う。」
とありますが、これと同趣旨です。

そんなふうに、オランダ憲法、スペイン憲法、我が国の帝国憲法でも
国王、あるいは天皇は責任者ではないと明記されているにもかかわらず
伊那さんがオランダ国王、スペイン国王、帝国憲法における天皇を
「国家の最高責任者」とお考えなのだとすれば
その「国家の最高責任者」なるものが何を意味するのか、よく分からないのです。

仮に「主権者」をもって「国家の最高責任者」とするのであれば
わが国はいちおう国民主権だとちゃんと明記されていますし
スペイン憲法にも国民主権が明記されています(第1条2項)。
なので、スペインにおける「国家の最高責任者」は、国王ではなく国民ということになってしまい
スペイン国王を「国家の最高責任者」とお考え(?)の伊那さんの見解と齟齬が生じてしまいます。

御質問の趣旨を理解しかねて、あるいはピントの外れた回答になっているかもしれませんが
どうぞ御容赦願います。



[733] Re: (無題)

投稿者: 伊那 投稿日:2019年10月27日(日)12時30分30秒   通報   返信・引用   編集済 > No.732[元記事へ]

いや、友人が居ないとかは流石に関係無いでしょう
まあ、居ないのは事実ですし、欲しいとも思いませんけどね。自分以外の人間は基本敵ですから

ただ屁理屈ねぇ~ 自分に都合の悪い言葉が返ってくると必ずと言って良いほど出てくる言葉の典型ですね
屁理屈だのなんだの、そういうのは見苦しいのでおやめになっては? 言葉の意味と事実はどうかだけでしょう

それから「本人が認めれば良いという事」ですか? せっかく憲法まで紹介してくださって悪いのですが
認めたいのなら「どうぞお好きに」ですし、「なぜそれが憲法が矛盾するの?」の一言だけですね
>>732自身の手で「矛盾していない事を証明」しているはずですが?

百歩譲って>>732の「本人が宗教と認めれば宗教」を受け入れたとしして
先程も述べたとおり『日本國憲法』において「天皇条項」がある以上、それは「国家の一つ」です
本人が受け入れる受け入れないというレベルの問題ではありません
さらに「天皇制=宗教」だったとさらに強弁するなら、>>732に一つ聞きたい

『日本國憲法』のどの部分に

「事教分離」、もしくは、「国事行為を行使してはならない」

と規定されてるのでしょうか? 寡聞にして聞いた事がありませんが、自分が無知なだけかも知れないので
教えていただければ幸いです

確かに「政教分離」と思われる条項は、>>732が紹介した憲法の条項にありますね?
ですが、「政」の部分である所謂「政治」と、「国事」が明確に区別されている事は
貴方が紹介した『第四条第一項』並びに『第七条第十項』によって明らかです
以上を見ていくと『第二十条第一項』においても「政治上の権力を行使してはならない」とあっても
「国事行為を行使してはならない」とはありませんが?

また 徳仁 や 雅子 に反対する活動は自由ですが、一応の即位を祝う式典や皇室行事に
物理・心情(物理的に行けない人)ともに参加しないのもおかしな話です
何故なら、日本国民である以上憲法を遵守する義務があり、「天皇条項」がある以上それに従う義務もあります
「自分の権利が規定された利益部分だけ享受し、不利益部分は受け付けない」
そんなご都合法治主義はもっての他です。法律はファミレスにある「バイキング」ではありません

ですので、誕生日や結婚・即位では一応は「おめでとう」という義務が天皇制反対派にも生じる事は明らかです

さらに、>>732にはおかしな記述が見受けられます

>天皇と政治の一体化・政治的発言禁止とも矛盾が生じるんです。

政治の一体化はともかく「政治的発言禁止」とは一体いかなる憲法によって規定されているのでしょうか?
>>732が紹介した憲法の一つをもう一度紹介させていただくと

「第四条第一項 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する権能を有しない。」

ふむ、どこを見ても「政治的発言禁止」とは書かれていないようですが?

権能、ある事柄について権利を主張し、行使できる能力。

明仁にしても徳仁にしてもそうですが、一体いつ「わたくしに政治をお任せいただければ」だの「わたくしの考えとは一致しない」だの仰ったのでしょうか?

恐らく>>732は、明仁の「自衛隊のご苦労を労う発言」や
秋篠宮の「大嘗祭は私費で」発言を挙げているのでしょうが
だからと言って「わたくしにも政治に参加する権利がございます」等というお言葉等
発せられた事実はありません

ですから、南出 喜久治先生の『真正護憲論』内で記述している「東日本大震災時の緊急勅令」部分について
明らかに誤りがあります。そもそも明仁は一個人の見解として仰ったのであって
それすらも憲法で禁止されているわけではありません

重ねて言いますが、憲法のどこにも「政治的発言禁止」等とは書かれていないし
政治権力行使の権利をあの一家が主張した事もありません。
あと秋篠宮の発言は「国事に関連する税金の支出について」であって
「国政についてではない」のでそこもお間違えの無いように



[732] Re: (無題)

投稿者: 名無しの権兵衛 投稿日:2019年10月26日(土)11時38分2秒   通報   返信・引用

おどろきました。伊那さん、あなたの屁理屈は人を非常に不愉快にしますね。現実社会でもひょっとして友人とかいらっしゃらないのでは?よりによって「宗教とは?」なんて問いかけまでしてくるなんて最悪だと思いますよ?そこまでして自分の言い分の正しさを証明したいのですか?そんな事ばかりしていると人間関係うまくいかないと思います

皇室が宗教かどうか?当事者が認めればそれで文句はないんでしょ?次期に悠仁様が皇位につかれます。その父親の秋篠宮様が思い切った発言をなされたのはあなたもご存知のはず。つまり当人は宗教と認めていらっしゃるので、皇室=宗教となる日が悠仁様ご即位で確実になり、やっぱり憲法に矛盾が生じます。伊那さんは憲法がお好きなようなので、憲法を紹介します。政教分離という原則にも天皇と政治の一体化・政治的発言禁止とも矛盾が生じるんです。

第四条第一項:天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する権能を有しない。
第二十条第一項:信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教国体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
第二項:何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
第三項:国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。



[731] Re: (無題)

投稿者: 伊那 投稿日:2019年10月25日(金)09時04分5秒   通報   返信・引用   編集済 > No.730[元記事へ]

即位の礼とか大嘗祭とか憲法違反などという珍妙な説がある事自体驚きです

宗教法人法 総則

第二条 この法律において「宗教団体」とは、宗教の教義をひろめ、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを主たる目的とする左に掲げる団体をいう。
一 礼拝の施設を備える神社、寺院、教会、修道院その他これらに類する団体
二 前号に掲げる団体を包括する教派、宗派、教団、教会、修道会、司教区その他これらに類する団体

徳仁・雅子等の行為はこれに該当するのでしょうか?

まず宗教法人法と言いながら、「宗教団体」の定義付けは行われても「宗教」の定義付けがなされていない

昭和36年、文部省宗務課は『宗教の定義に関する諸問題』をまとめました。その項目は実に104つもあります。
その一つ「ジョン・S・ミル(イギリス哲学者)」は

「宗教の特質は、ある理想的事物を最も卓越したものとして、自己の到達すべき願望以上に置き、これに向かって熱心な敬いと願いを寄せることである。」

とし、また「トマス・アーノルド(イギリス神学者)」は

「宗教とは、情緒を触発する道徳を意味する。」

としています。ところが反面「エイカン・D・マルティノー(イギリス哲学者)」は

「宗教とは、永久に存在する神に対する信仰を意味する。換言すれば、宇宙を主宰し、人類と道徳的関係を保持する神の意志を奉ずることをいう。」

としております。ここでは104の内3つしか取り上げていません
ここの議論でいくつか素晴らしい偉業をなした人物をあげますが、実名をあげる事について
偉業を達成した人物を侮辱するにも等しい事からあげませんのでご理解ください

さて、「ミル」の定義である「自己の願望以上に置く」「熱心な敬いと願い」
これは偉人であれば持っている事です。例えば「○○細胞」や「ガンの新薬」等の開発も当初は不可能と思われ
なおかつ自己の願望以上の効果ももたらしています。本人たちの話を聞くと、あまりのハードルの高さに諦めかけたとも仰ってます
また、本人たちはこの研究に情熱を掛ける事は物凄く熱く、最後の完成段階においても願っていたとも仰ってます

では、どこから科学でどこから宗教と定義づけるのか? という事です
「ミル」の定義においては、彼等はある意味宗教と定義づけてもおかしくないという事になります
例え科学的根拠があっても信仰していたらそれは宗教なのか? それとも宗教ではないのか?
これは永遠の問いかけなのですよ

「アーノルド」に至っては、情緒を触発する道徳と発言しています。それでは道徳教育は宗教なのか?
共産主義国においても彼等なりの道徳教育というのは行われておりますがそれは宗教なのか?
そして「マルティノー (イギリス哲学者)」は完全に「神の意志」と言っている
つまり「何が宗教で何が宗教でないか?」という定義付け等なされていないのは明らかですし
色々な見解がある事から、定義付けが実質不可能である事を現しています

オウム真理教が『朝まで生テレビ』に出演した時、ある宗教学者が
「正確にはオウムは宗教団体じゃないんですよ。何故なら宗教法人じゃないから。だから法人格を欲しがる」とすら発言しています

以上から

1.「宗教」の定義付け自体が曖昧
2.「宗教の教義をひろめ、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを主たる目的とする」には合致しない。
何故なら象徴として憲法によって地位を認められている国家の一つなので、広める必要性も教化育成する必要性もない
3.「主たる目的とする左に掲げる団体をいう。」、憲法で地位が認められている以上、それは国家の一つであって一団体ではない
また「憲法違反」でも無いのに「憲法違反」を問う事は、「第一條」に反する「憲法違反」であり犯罪者である
4.宗教法人法第二条第二項の包括する団体について、皇室はどこの団体をも包括してはいない
5.そもそも「宗教法人」ですらない

によって、「政教分離」からの憲法違反の訴え自体ナンセンスどころか
キリスト教団体については「憲法違反を犯し国家に挑戦した」として
断罪すらするべきであるというのが、法治国家としての正常なあり方と言えます。



[730] Re: (無題)

投稿者: 名無しの権兵衛 投稿日:2019年10月24日(木)18時34分47秒   通報   返信・引用

東條さんが最大の責任者じゃないというのは驚きましたが、それ本当なんですか?伊那さんも御前会議には出席しているというのは認めてますよね?首相が会議の一メンバーにしか過ぎないとかだったら、伊藤博文とかどうなるんですか?初代首相とか意味無い話になるじゃないですか

あと憲法問題での矛盾に政教分離問題あるけどなんで除いてるんですか?この間もキリスト教団体とか日本共産党が抗議の声を上げてるけど憲法違反という言い分も一理あるんじゃないですか?


レンタル掲示板
547件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.